アンアンからニュースを配信します!

バレー柳田将洋選手に聞いた! 「試合に女性をガイドするなら?」

2017.10.25
世界トップレベルのスピードを誇るサーブを武器に大活躍中のバレーボール・柳田将洋選手にお話を伺いました!

新天地でも体幹を鍛え、より精度を増したい。

2075_P030-035_バレーボール11

世界を切り裂くビッグサーブと称される、柳田将洋選手の高速ジャンプサーブ。平均時速120kmと、世界でもトップレベルのスピードがある。この秋に約2年在籍したサントリーサンバーズから、ドイツ・ブンデスリーガ1部のTVインガーソル・ビュールとプロ契約し、移籍。新天地での選手生活が始まった。

「9月のグラチャンバレーが5敗に終わったのは、海外のチームに対し、高さとパワー、それ以外にも劣っている部分があっての結果だと思っています。次のステージではそれをしっかり踏まえ、個々の力を上げ、僕自身はまた代表に戻ってきたいと思っています」

本人は新天地に向かう気負いを微塵も見せず、淡々と冷静に話す。

「最初は言葉で苦労しそうですね。生活ではドイツ語、チームでは英語が必要だと思うので、できるだけ話せるようになりたいです。プレー自体は言葉がなくともやれる部分はありますが、話せないとプレー以外の場で伝えられないので、最初はそこが課題です。人見知りなんで積極的にコミュニケーションをとるのは苦手ですが(笑)、バレーボールを通じてチームメイトともうまく交流していければと思います」

そしてファンが気になるのは、3年後に迫ってきた2020年東京オリンピックに向けての動向。

「高さ以外はすべて課題。精度であったり、体の機敏さもまだまだ。ドイツでも新しいチームのトレーナーと相談しつつ、自分がやってきたトレーニング法とすり合わせて、高いところを目指せたらと」

実際、柳田選手は体幹トレーニングを強化した結果、ジャンプサーブの精度が格段に上がるという実績を積んできた。

「体幹は器具がなくても、自重をコントロールして鍛えられる。全日本のメンバーの中で僕はまだまだ体幹が弱いと思うので、体づくりをしっかりしてステップアップしたいですね」

最後にバレーボールの試合に女性をガイドするなら、どんなふうに観戦を? と聞いたところ、

「いやぁ、むずかしいですね(しばし頭を抱えつつ)。男子バレーは、実際に観るとスピードがすごく速いんです。サイドから両チームを観るのもおもしろいけど、実は選手の後方となるエンドからがお勧め。サーブが自分に向かってくるから迫力があるし、奥のチームが見えず、手前のチームに集中でき、どのぐらいの高さから打ってくるのか、ブロックやレシーブの様子もしっり楽しめます。だからエンドに案内しましょう!」

プライベートも気になります!

2075_P030-035_バレーボール

・オフの日の楽しみは?
「楽しくお酒が飲みたい。これからは、ドイツビールが楽しみです。お酒を飲んでリラックスすると、異国の地でも日常に戻れる。日本でも買い物は気分転換になったので、ショッピングもしたいです」

・応援の声、伝わってますか?
「コートで応援の声はよく聞こえます。個人的にはみんなが揃うかけ声より、一本決まったあと、個々があげた声で会場がうわっと盛り上がる瞬間にモチベーションが、がーっと一気にあがります」

2075_P030-035_バレーボール2

※写真はサントリーサンバーズ在籍時

やなぎだ・まさひろ 1992年7月6日生まれ。東京都出身。2013年全日本メンバー入り。今秋ドイツ・TVインガーソル・ビュールとプロ契約。公式サポーターズクラブhttps://yanagidamasahiro.club

インナー¥9,000 シャツ¥23,000 パンツ¥26,000(以上ジュンハシモト 表参道ヒルズ店TEL:03・5414・1400)

※『anan』2017年11月1日号より。写真・酒井貴生(aosora) インタビュー、文・今井 恵

(by anan編集部)


黒い絵が何に見えるかで分かっちゃう! あなたの“ストレスのもと”


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ