アンアンからニュースを配信します!

あなたは大丈夫? 首が前に飛び出す“亀首”に注意!

2017.10.21
顔がむくみやすい、頭痛、肩こり、首こり、自律神経が乱れやすいなどの不調はありませんか? もしかするとそれは首が前に飛び出す“亀首”が原因かもしれません。
亀首

以下に当てはまるかどうかチェック!

スマホやPCをしていると頭が前のめりになる。

首を後ろに倒すと、痛みや突っ張りを感じる。

当てはまった方は…首の付け根にある、首を前に倒すと一番飛び出す骨の1つ下、大胸筋や僧帽筋、首の筋肉(後斜角筋群)と連動している“胸椎2番”へのアプローチを。教えてくれたのは、せぼねじれ調整院Re‐Cure代表・金井良友さんです。

【朝:ゴロンゴロンと頭を転がして。】

亀首

4~5cmの高さのタオル枕を作り、胸椎2番あたりに置く。仰向けになり、後頭部を支点に、頭をゆっくり左右に転がす。支点は動かさないように、呼吸は自然に繰り返す。左右の首の脇が伸びるのを感じながら往復10回。

【昼:胸椎2番を正しい位置に戻す。】

亀首

右肘を楽に曲げ、右手の中指を胸椎2番の左側に引っ掛ける感じに当てる。ゆっくり顔を肘と反対側に向け、その位置で5秒キープ。視線はまっすぐ、顎を下げないで。呼吸は自然に。顔を正面に戻し、1回目より2回目、3回目と首の可動域を広げていく。首の張りがゆるむのを感じながら5回。反対側も同様に。

【夜:疲れが溜まった筋肉をゆるませよう。】

亀首

4~5cmの高さのタオル枕を作り、胸椎2番あたりに置く。仰向けに寝て手を上に伸ばし、手のひらを合わせる。手のひらを外側に向け、ゆっくり弧を描くように左右に開いて体の側面に下ろす。その状態で全身脱力し、深呼吸して90秒。

金井良友さん せぼねじれ調整院Re‐Cure代表。背骨調整に特化した独自の施術で、痛みや不調の改善だけでなく、心への影響など、背骨調整の可能性を開拓。後進の育成にも励む。

トップス¥6,500 レギンス¥7,500(共にスリア/インターテック TEL:050・3821・2940)

※『anan』2017年10月25日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・原田ゆか 取材、文・板倉ミキコ

(by anan編集部)


【人気記事】
横澤夏子 いい女の陰には“第二の母”がいる!


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ