アンアンからニュースを配信します!

夏にやみつき~ メロンの香りにうっとりのアイスケーキ!

2017.8.22
スイーツライター・chicoさんの「お菓子な宝物」。今回は『Maison Givree(メゾン ジブレー)』のアントルメグラッセ サマーリース エムロードです。
Maison Givree

アントルメグラッセ(アイスケーキ)はいつ食べたっておいしいけれど、火照った体にひんやり甘さ染み渡る快楽は、真夏なればこそ。表参道『グラッシェル』でアントルメグラッセを世に広めた江森宏之シェフが、ついに自分のパティスリーを開いた。

一か月の半分は日本中の産地を訪れているほど果物をこよなく愛する江森シェフ、パティシエたちがこぞっておいしいフルーツピューレを探すこの時代に、とびきりの果物を追い、至高のピューレを生んでアイスにしている。「自分の店では、産地との結びつきをより大切にしていきたい」、その志から生まれたリース型アントルメグラッセは、産地と繋がる「輪」のカタチ。

新作は静岡県袋井市のクラウンメロンのサマーリース。口にするとまず、メロンソルベの熟れた香りがワッと湧き立ち、その瑞々しさをココナッツバニラアイスがリッチに包み込んでいく。最後にメロンチェッロ(リキュール)アイスが香るけど、これがほんのりメロンパンぽい風味。「棒アイスのメロンバーってわかります? あれをイメージしました」。

わ、ズルイ、極上の味わいにそんな和みを挟んでくるなんて。でもこれが懐かしいだけでなく、メロンの奥行きをグンと広げてくれるみたいで、やみつきになってしまった。

アントルメグラッセ サマーリース エムロード¥3,800(直径約15cm)。マスクメロンシロップが染み込むビスキュイに、メロンチェッロアイス、ココナッツバニラアイスを重ね、
トップにクラウンメロンソルベをたっぷりと。凍ったココナッツフレークとパールクラッカンのカリカリ感もアクセント。

Maison Givree(メゾン ジブレー) 神奈川県大和市中央林間4‐27‐18  TEL:046・283・0296 10:00~19:00 月曜休、火曜不定休 アントルメグラッセは取り寄せも可能。パティスリーなのでアイス系だけでなく生菓子も豊富。

チコ スイーツライター。大人気のガイド本『東京の本当においしいスイーツ探し』(ギャップ・ジャパン)シリーズ監修。

※『anan』2017年8月16・23日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 取材、文・chico

(by anan編集部)


【人気記事】
ケンカしたら最後!? 怒らせるとこわ~い血液型は?


【彼女気取りかよ…】男が友達に晒した「ドン引き女子LINE」3つ


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ – Sponsored