アンアンからニュースを配信します!

【独身男性調査】「音を立てて…」初エッチでメロメロになる“エロテク”とは

2017.8.20
男性は恋愛中の女性と、“はじめて一夜を共にするとき”一体に何を考え、何をチェックしているか。20~35歳独身男性100人にアンケートを実施しました。
セックス

Q1:「はじめてでこれをされたらメロメロになる」というワザやセリフは?

「舌を絡ませ合う濃厚なキス」(32歳・自営)、「音を立てるフェラ」(31歳・金融)など、積極的なキスやフェラを挙げる人が多し。「思わず声をもらすなど、気持ちいいということがわかる反応」(27歳・広告代理店)、「恥ずかしがっているところを見るのがたまりません」(29歳・公務員)などの意見も。

Q2:はじめてで「相性がいい」と思ったのは、どんなセックス?

1位:言葉に出さなくても、してほしいことがわかる“あうん”の呼吸
2位:挿入時にいい感じでフィットする
3位:攻守のバランスがいい
4位:同時エクスタシー
5位:相手がすぐにイッてしまった
6位:好きな体位が同じ

言葉なしでもお互いが気持ちよくなれるのが相性がいいセックス、と思っている人が多いよう。そのためには、相手のニーズにしっかり応えるだけでなく、自分も十分に感じるということが大事。

Q3:セックスの最中は何か考えてる?

1位:考えてない 91%
2位:考えてる 9%

最中は無心、という回答が9割。つまりは、それほど行為に没頭しているっていうこと。確かに男性側が主導するというケースが多いから、他のことを考える余裕がないのかも。お疲れさまです!

Q4:はじめてのセックスでは、彼女にやらないでほしいことは?

1位:アナルを攻める
2位:特にない
3位:絶叫など、激しい乱れ方
4位:精液を飲む

アナルを攻めたり、精液を飲むなど、初回にサービスしすぎは厳禁。ものすごいテクニックを持っている人も、最初からそれを披露しすぎないよう注意! 乱れ方も、行きすぎると引かれてしまいます。

Q5:はじめてのとき、彼女のセックスの積極度の理想は?

1位:少しだけ攻める 42%
2位:自分と同じくらい攻める 41%
3位:完全に受け身 10%
4位:自分よりアグレッシブ 7%

「自分と同じくらい攻める」と「少しだけ攻める」がほぼ同数で、合わせると全体の8割以上。彼女からも攻めてほしいという人が多いので、彼の出方を見ながら現場判断で度合いを調整するのがベター。

Q6:彼女のVIO(陰毛)はどんな状態が理想?

1位:剃毛、脱毛でナチュラルにケアされている 70%
2位:無毛 17%
3位:念入りに整えている 11%
4位:全く手入れされていない 2%

完全無毛のハイジニーナが流行中だけど、男子には整えたナチュラルが1番人気で、整えすぎも、生やしっぱなしのボーボーもややリスキー。メイクでいえば「すっぴん風」が最適といったところでしょうか!?

Q7:セックス後、彼女についてチェックしていることは?

1位:寝ている姿(寝顔、寝相、いびきetc…)
2位:メイクを落とした素顔
3位:急に執着が深くなる、冷たくなるなど態度の変化
4位:脱いだ服や部屋の後始末

「寝ている姿」は50%、2位の「メイクを落とした素顔」は26%がチェック。無防備な状態も意外に見られています。3位の「態度の変化」もありがちな話なので、気を付けたいところ。

Q8:セックス後に、これから付き合いたい彼女だけにしていることはある?

1位:ない 95%
2位:ある 5%

意外と少ないですが、「ある」と答えた人の回答は、「抱きしめながら余韻に浸る」(26歳・金融)、「ぞんざいにしない」(35歳・メーカー)、「『愛している』と伝える」(30歳・商社)など。

Q9:本気だったけど、セックスした後に付き合うのをやめたくなったことはある?

1位:ない 91%
2位:ある 9%

「ある」と答えた人は1割弱。「あまりにも男慣れしていた」(32歳・損保)、「その後送ってきたLINEが長すぎた」(27歳・編集)、「すっぴんとの落差がすごかった」(26歳・商社)。自戒して。

Q10:あまり本気じゃなかったけど、セックスした後にどうしても付き合いたくなったことはある?

1位:ない 93%
2位:ある 7%

こういうケースも、7%と意外と無きにしも非ず。「打ち解け合って、表情が豊かなことを知った」(30歳・自営)、「体の相性が良かった」(31歳・公務員)、「とても愛おしく感じた」(29歳・税理士)。

※『anan』2017年8月16・23日号より。イラスト・黒猫まな子

(by anan編集部)


【人気記事】
ケンカしたら最後!? 怒らせるとこわ~い血液型は?


【不倫相手の旦那に…】男が思わず「スクショした」女からのLINE


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored