アンアンからニュースを配信します!

『僕やり』ヒロイン永野芽都、好きな人の前では「ツンツン」

2017.8.1
ドラマ『僕たちがやりました』でヒロインを演じる永野芽都さん。好きな人の前で素直になれない蓮子の女心を演じた心境をうかがいました。
俳優

今どきの平凡な男子高校生たちが、ひょんなことから多数の死者を出す爆発事件の容疑者に。ドラマ『僕たちがやりました』は、そこから始まる逃亡生活の中で、彼らが罪の意識に苛まれながらも自分の生きる道を探していく異色の青春サスペンスだ。

「最初に原作の漫画を読んだんです。読む前はまさか泣ける話だとは思っていなかったんですけど、ある日突然、一番近くにいたはずのトビオがいなくなっちゃったら、本当につらいだろうなって。蓮子の気持ちになって、思わず泣いてしまいました」

永野芽都さんが演じるのは、窪田正孝さん演じる主人公・増渕トビオの幼なじみ・蒼川蓮子。

「蓮子は周りの女の子たちより、少し先を行っているような雰囲気の女の子。チャラチャラしているように見えるけど、実はすごくピュアでトビオを一途に思い続けているんです。でもトビオの前ではなかなか素直になれなくて、大人ぶってツンツンしてしまう。そこがすごくかわいいなって。演じるときも、蓮子のそんな女心を大切にして、女友達といるときとトビオの前とでは、態度に差がつくように気をつけました」

永野さん自身も、そんな蓮子の女心は痛いほどよくわかるそうで…?

「私も好きな人ができると、わざと冷たくしたり、興味がないフリをしちゃうタイプ(笑)。だから撮影中も“わかるよ蓮子! そうだよね、そうだよね~!”って心の中で思いながら演じていました(笑)」

窪田さんとは4年ぶりの再共演。「すごく久しぶりにお会いしたんですけど、相変わらず優しいお兄ちゃんという印象。私はもちろん、ドラマの中で窪田さんの遊び仲間を演じている間宮祥太朗さん、今野浩喜さん、葉山奨之さんも、みんな窪田さんについていってる感じがします。この4人組のやり取りが本当に面白くて。本読みの段階であんなに笑ったのは初めてです! 4人の会話はアドリブも多いみたいなので、そういう話を聞くと、男のコってなんだか楽しそうだな~って羨ましく思ったりもしました(笑)」

俳優

公式ブログでは自作の川柳を公開している永野さん。最後にドラマの意気込みを詠んでいただくことに!

「え~どうしよう! 超普通なんですけど『夏からの 僕やり見てね 頑張るよ』でどうでしょう!? というわけでぜひ見てください!(笑)」

ながの・めい 1999年9月24日生まれ、東京都出身。来年4 月スタートのNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインに決定したほか、出演映画『ミックス。』も今秋公開予定。

ある日トビオ(窪田正孝)たちは、ヤンキー高校の不良に仲間をボコボコにされ、イタズラ心から復讐を企てる。しかしそれが、思わぬ大事件に発展してしまい…。関西テレビ・フジテレビ系にて毎週火曜21:00~放送中。

※『anan』2017年8月9日号より。写真・小笠原真紀 インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)


【人気記事】
意外? いちばん「浮気がばれちゃう」のはあの血液型だった!


【鳥肌ゾワゾワぁ~】男からきた彼氏ヅラした「勘違いLINE」3つ


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored