アンアンからニュースを配信します!

あ、やりがち…「恋愛マッチングアプリ」で避けるべきプロフ写真とは?

2017.7.30
新しい出会いの形として急速に支持を集めている「恋愛マッチングアプリ」。男性に“いいね”をしてもらうプロフィール写真について、婚活コンサルタント・澤口珠子さんと「桃山商事」代表・清田隆之さんにお話しを伺いました。

出会いたい男性の目に留まる、写真&キーワードを厳選せよ。

男性の興味を引く第一歩となるのが、プロフィール。

「マッチングアプリでの恋愛では、とにかくプロフィール写真が命。特に男性は女性以上に“自分の好みの顔か”を重要視する生き物で、ここをクリアしないと“いいね”すらしてもらえません。また、恥ずかしいからと顔写真を登録しないと、“自信がない”“真剣度が薄い”などの印象を相手に抱かせやすいので注意を」(澤口さん)

「文章の中では、自分がマッチしたい男性の心を惹くキーワードを挙げると、出会いの精度を高められます。大多数にモテたい場合は、“料理好き”などといった好感度が高いもの、同じ趣味の人を望む場合は、自分の好きなものを入力してみましょう」(清田さん)

プロフィール写真の心得はズバリ…
他の人より目立ちながら、情報が伝わる写真が理想。

“自分はこういう人です!”という情報を、男性に伝えられる内容の写真をのせることがポイント。また、「気軽な出会いを楽しめることが、マッチングアプリのメリット。そのため、プロフィールも気軽な雰囲気に仕上げることが大切です」(澤口さん)

メイン写真のOK&NG例

2063_P072-075_アプリ3

OK
笑顔で気軽な感じの顔写真が好感度高し。美人に見える角度を研究して、奇跡の一枚を撮ろう。相手の画面には女性の写真が並んで表示されるため、顔の印象が伝わるアップで撮影を。猫やビールなど好きなものを顔の横に並べると人柄がわかる&小顔効果も狙える。

NG
1年以上前のものや、変顔、プリクラ、芸能人の画像など、今の自分の情報を伝えられない写真は避ける。ものすごく引いていたり、自分が写っていないものは言語道断!

サブ写真のOK&NG例

好印象を持ってくれた男性が必ず見るのがサブ写真。プロフィールなどの文字要素を大切にする女性に対し、男性の中には“写真しか見ない”人もいるため、最低でも2~3枚は必ず掲載を。ポイントは、メイン写真では伝わらない情報を入れ込むこと。料理や習い事の写真、季節のイベントに参加している姿など、普段の生活が垣間見える写真を選ぶと、男性が“こんな子なんだな”と想像しやすい。また、1枚は友人と写ったものにすると“楽しそうでいいな”と好感度が上がる。ちなみに、自撮り写真ばかりを掲載するのはナルシストだと引かれる可能性あり。

OK
・家庭的なイメージのもの

2063_P072-075_アプリ6

手作り料理は男心をくすぐる。エプロン姿も人気。

・全身が入った写真

2063_P072-075_アプリ5

スタイルを知りたい人が多い。スナップ写真が◎。

・季節感のある写真

2063_P072-075_アプリ7

浴衣姿やハロウィンの様子などはデートを想像させる。

NG
・豪華すぎる写真

2063_P072-075_アプリ8

“お金がかかりそう”と思うと、男性は避けがち。

澤口珠子さん 婚活コンサルタント。自身もマッチングアプリで出会った男性と結婚。そのノウハウを教える著書『はじめての「ネット婚活」』(幻冬舎)が発売中。

清田隆之さん 恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表として、数多くの女性の悩みを聞いている。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)など。

※『anan』2017年8月2日号より。写真・中島慶子 イラスト・沼田光太郎 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
色っぽ! 武田玲奈が美ボディキープのために心がけていること


【鳥肌ゾワゾワぁ~】男からきた彼氏ヅラした「勘違いLINE」3つ


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ – Sponsored