アンアンからニュースを配信します!

ムチムチ&ちゅるん! 中目黒の路地裏に絶品、台湾「水餃子」発見

2017.7.19
フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回ご紹介するのは、『東京台湾』の水餃子です。
FOOD

高架下も生まれ変わって小綺麗さに磨きのかかった中目黒駅を至近にしながらも、どこか猥雑な情緒を残した路地裏に、「水餃子 東京台湾」の文字が発光していた。夏の暑い日、その赤い看板に吸い寄せられて店の戸をガラガラと引けば、畳にちゃぶ台が並んだ風変わりな店内は明るい熱気に満ちている。店先のシェルフには台湾や日本の古道具がずらりと並び、その素晴らしきごちゃごちゃ感はとても3月末にオープンしたばかりとは思えない。座布団に座ればすっかり安心感がこみ上げて、頭上には鮮やかな提灯が揺れていた。台湾の縁起物なのだろうか。

自慢の水餃子はちょっと他ではお目にかかれない個性的なヤツだった。まずもって皮力。ハリのあるムチムチ感とちゅるんとしたみずみずしさが見事に同居した極めて麗しい肉厚食感は、アゴが疲れるまで食べたいほど感動的。そしてタレ力。台湾醤油にマンゴーやココナッツなどの南国果実を漬け込んだ甘いオリジナルタレは、それだけでお酒が進む危険なおいしさだ。「皮とタレを味わうための餃子なんですよ」と、オーナーの須藤晋次朗さんが言うだけのことはある突き抜けっぷり。須藤さんが惚れ込んだ台湾の風土や食文化を生かしながらも、オリジナルな発想やテクニックを加えて新しい味わいに昇華させた創作的台湾料理は、そのひとつひとつに唯一無二の感動とストーリーが詰まっている。

名物水餃子¥500だけでなく、小皿料理から締めのごはんまで豊富な東京台湾料理が楽しめる。コンフィの要領で火入れをしたしっとり蒸鶏ネギ山椒ソース¥1,000や、甘辛豚煮がたまらないお茶碗魯肉飯¥600はマストオーダー。

東京台湾 東京都目黒区上目黒2‐14‐1‐1F TEL:03・6451・2499 17:00~24:00(23:00LO、11:30~14:30にはお弁当を販売) 水曜休(不定休あり)

ひらの・さきこ 1991年生まれ。フードライター。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)。

※『anan』2017年7月26日号より。写真・清水奈緒 取材、文・平野紗季子

(by anan編集部)


【人気記事】
なぜ自殺をしたいと思うのか…看護師目線で描かれた『精神科ナースになったわけ』


【不倫相手の旦那に…】男が思わず「スクショした」女からのLINE


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored