アンアンからニュースを配信します!

夏におすすめ! メインになるハムステーキの「ごちそうサラダ」

2017.7.12
このひと皿がメインディッシュ! もりもり食べたい、ごちそうサラダ。ひとつで主役級のおかずになるスペシャルサラダをご紹介します!

教えてくれたのは、料理家・坂田阿希子さんです。

ハムステーキのサラダ

厚切りハムにパイナップル&さつまいも。甘いごちそうサラダ。

サラダ

厚みのあるハムは、パイナップルやさつまいもなど甘い食材と好相性。ドレッシングにもメープルシロップを加えて、アメリカのダイナーを思わせるひと皿に。

【材料/2人分】
ハム(1.2cm厚さ)2枚、パイナップル正味100g、さつまいも小1本、サラダほうれん草1把、ルッコラ1束、ピーカンナッツ10粒、カッテージチーズ大さじ2~3、オリーブオイル大さじ1
<ドレッシング>メープルシロップ小さじ2、マスタード小さじ1、ホワイトバルサミコ小さじ2、塩小さじ1/2、黒こしょう少々、オリーブオイル大さじ2

【作り方】
1.サラダほうれん草とルッコラは茎を除き、冷水につけてから水気をしっかりと切る。
2.さつまいもは皮をむいて乱切りにし、柔らかくゆでる。パイナップルは食べやすく切る。
3.オリーブオイルをフライパンにひいてやや強火で熱し、ハムとパイナップルを入れて両面をしっかりと焼く。取り出して、次にさつまいもを入れて表面を焼く。ハムは3cm幅に切る。
4.ドレッシングを作る。ボウルにメープルシロップとマスタード、バルサミコ、塩、こしょうを混ぜ合わせ、オリーブオイルを少しずつ加えて混ぜる。
5. 3のハムとパイナップル、さつまいもを1の葉野菜とともに器に盛りつける。カッテージチーズをちぎって散らし、粗く砕いたピーカンナッツも散らす。食べる直前にドレッシングをかけて、全体をざっくりと和える。

ディルとミント、えびのサラダ

うまみの濃いえびを、香り高いハーブや香ばしい揚げ玉ねぎと一緒に。

サラダ

ぷりぷりのえびと野菜、香り豊かなハーブを、ナンプラーでエスニック風に。仕上げに香ばしく揚げた玉ねぎものせた、香りを楽しむごちそうサラダ。

【材料/2人分】
えび8~10尾、セロリ1本、紫玉ねぎ1/2個、玉ねぎ1/8個、グレープフルーツ1個、ディル、ミント(葉先だけ使う)各1パック、にんにく2かけ、サラダオイル大さじ3、レモン(薄切り)1~2枚、レモン汁大さじ2、ナンプラー大さじ1、塩小さじ1/3、砂糖小さじ1、赤唐辛子(小口切り)2~3本分

【作り方】
1.えびは殻を取り除いて背中に深めに切り込みを入れて背わたを取る。レモンの薄切りを入れた熱湯でさっとゆで、水気を切る。セロリ、玉ねぎ、紫玉ねぎは薄切りにする。グレープフルーツは皮をむいて果肉を取り出す。
2.にんにくは薄切りにして芯を取り除き、サラダオイルとともにフライパンに入れ、弱火でゆっくりと加熱する。こんがりと色づいたらにんにくを取り出し、続いて玉ねぎの薄切りを入れて揚げる。かりっとして色づいたら取り出す。残った油は
取っておく。
3.レモン汁、ナンプラー、塩、砂糖、赤唐辛子を合わせておく。
4.セロリ、紫玉ねぎ、グレープフルーツ、えびをボウルに入れて3を加えてざっと混ぜ、揚げたにんにくと取っておいた油大さじ2も加えて混ぜる。
5.ディルとミントを加えて和える。器に盛り付けて、2の揚げ玉ねぎをのせる。

さかた・あきこ 料理家。食材の食感や香りを大切にしたレシピにファン多数。お酒や白いごはんに合うサラダも、得意技のひとつ。

※『anan』2017年7月19日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・佐々木カナコ 文・新田草子

(by anan編集部)


【人気記事】
満島ひかり 自身のラブシーンに「“結構やるねえ”と思われるかもしれませんが…」


【不倫相手の旦那に…】男が思わず「スクショした」女からのLINE


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored