アンアンからニュースを配信します!

天海祐希、大泉洋、吉田羊が10歳の小学生!? 三谷幸喜の最新舞台

2017.7.10
天海祐希さんを筆頭に大泉洋さんや小池栄子さんといった錚々たる俳優陣が舞台『子供の事情』で演じるのは、なんと10歳の小学生。吉田羊さん、それって一体どういう…!?
吉田羊

「作・演出の三谷(幸喜)さんの言葉を借りるなら、“ドロドロの”コメディ作品(笑)。教室に大人顔負けの駆け引きや嘘・妬みが渦巻きます。これが子供じゃなかったら生々しくて見ていられないけれど、10歳という設定である種のファンタジーに仕上がっていますし、最後にはきっと人の優しさがしみるはずです」

脚本の執筆にあたって、事前に三谷さんから子供時代のことをリサーチされたという吉田さん。

「私には、ほかの方々のように強い個性がなくて。役に染まり切るのが喜びというタイプ。それで、私にどういう役をやらせるか悩まれた様子。結果、今回は個性がないのが個性という役になりました」

役を作っていくにあたって、「声を探すところから始めた」と言う。

「共演の女優陣の声域が、皆、似ているんです。個性ある皆さんに交じった時、普段通りでは私というキャラクターが埋もれるな、と。それで、逆説的ではあるんですが、個性がないのが個性の役にあえて色をつけて立ち上がらせたいと思ったんです」

声から役を立ち上げるのは、吉田さんにとっても今回が初めての試み。ただ、新しい現場に入るたび、作品のテイストや共演者とのバランスを見ながら、自分の立ち位置や役割を考え、役を作ろうとしてきた。

「それは私が、セリフの少ない役からやってきたこともあると思います。出番が多い役でも少ない役でも、演じる側は、もしこの役がこんなことをしたら面白いんじゃないか、と考えて現場に臨んでいるんですよね。だから、共演の方とは、それがエキストラさんでも、できるだけ声をかけ合い、それぞれの考えを調和しての最良を探るようにしています。三谷さんの世界はとくに、出演者全員が愛情を注いで描かれていて、きちんと見せ場があるから、自分の役も含めて全員のよさが際立つバランスを大事にしたいと思っています」

吉田羊

まだ世間的に今ほど知られていない頃から、吉田さんは三谷さんの舞台に出演してきている女優さん。

「最初の頃は、私の芝居にダメ出しが少なかったんです。当時はそれをOKの意味に捉えていたけれど、回を重ねてきて、もっと自分の考えを役に持ち込んでいこうと思って臨むようになったら、今度は、私に集中してダメ出しする日を作られるように(笑)。吉田羊が自分の役をどう演じたいのかを見たくて、待ってくれていたんだと思います。今回も、そういう三谷さんの期待に全力で応えたいと思っています」

『子供の事情』自身が父親になったことから、にわかに子供への興味が増してきた劇作家・三谷幸喜さんが、小学校の教室を舞台に10歳の子供たちを主人公に描く群像劇。豪華キャストも話題。7月8日(土)~8月6日(日) 初台・新国立劇場 中劇場 作・演出/三谷幸喜 出演/天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭 SS席1万1000円 S席9500円 A席8000円 B席6500円 C席5000円(すべて税込み) シス・カンパニーTEL:03・5423・5906 
https://www.kodomonojijo.com

よしだ・よう 女優。舞台を中心に活躍後、徐々に映像作品にも出演しはじめ、’14年のドラマ『HERO』などで注目を集めるように。来年公開の『ラブ×ドック』で映画初主演。

トップス¥63,000 パンツ¥70,000 バングル¥145,000(以上pelleq/TAKU&COTEL:03・6712・2709) 靴はスタイリスト私物

※『anan』2017年7月12日号より。写真・内田紘倫 スタイリスト・梅山弘子(KiKi inc.)ヘア&メイク・paku☆chan(Three PEACE)インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)


【人気記事】
本命彼が求めるエロス…「SEX運」が3倍アップする3日間とは


【生々しくてちょっと…】不倫関係男女の「LINE覗き見」3連発


【男子戦慄!女のムダ毛…】モテ女必見「脱毛サロン」の選び方4つ – Sponsored