アンアンからニュースを配信します!

なぜ自殺をしたいと思うのか…看護師目線で描かれた『精神科ナースになったわけ』

2017.7.8
精神を病むってどういうこと? 複雑で危うい心のしくみを描いているマンガ、水谷緑さんの『精神科ナースになったわけ』。
精神科ナースになったわけ

「自分はちょっと変かもしれない」

心が不安定なときほど、大なり小なりそう感じてしまうことがある。著者の水谷さんが精神科の現場に興味を持ったのは、主人公と同様、身内を亡くし、心のバランスを崩してしまったことがきっかけだった。

「患者さんが特定されないようにフィクションの体裁をとっていますが、基本的にはすべて実際にあったこと。取材をするなかで自分が感じたことを、そのまま描きました」

電車内でマナーの悪い中年男性に、衝動的に肘鉄を食らわせてしまった主人公は、OLを辞めて精神科のナースに。さまざまな患者や医師、先輩看護師などと接しながら、人はなぜ心の病にかかるのか、それらにどう対処すべきかを自分なりに探っていく。たとえばリストカットの常習者は、誰かにかまわれたいのだと思われがちだが、ある患者にとっては生きていることを実感するための行為なのだと知る。どんなに理解不能と思われる言動にも、その人なりの理由やルールが存在するのだ。

精神科ナースになったわけ

「ある看護師さんから『悩んでいる友だちがいたら、薬を渡すのではなく、まず話を聞きますよね?』と言われて、その通りだなあって。これは精神科を紹介する本ではないので、人との関わりを通して病気がよくなっていく過程を描きたいと思いました。薬に頼っても限界があるし、最後は自分の力で立ち上がるしかない。その部分を知りたかったんです」

なかには患者に寄り添いすぎて、自らが精神科に通院するようになる看護師もいるそうで病気そのものの境目もあやふやなのだと思い知る。過去に冒頭のような不安を抱いた水谷さんの、自身の経験と数々の取材から導き出した言葉が印象的だ。

「仕事を頑張っているような人ほど、自分を奮い立たせて、強がってしまいがち。不満や本音を口に出すことはとても大事だし、それで素の自分に戻れることもあると思うんです」

妄想・幻覚とは何か、なぜ自殺をしたいと思うのかなど、精神科の新米ナースの目線で描く、心の病と真摯に向き合ったコミックエッセイ。イースト・プレス 1000円(C)水谷緑/イースト・プレス

みずたに・みどり マンガ家。著書に『まどか26歳、研修医やってます!』など。『芸能ズキュン!』にて「32歳、初期乳がんになってわかったこと」連載中。本作の続刊を構想中。

※『anan』2017年7月12日号より。写真・小川朋央 インタビュー、文・兵藤育子

(by anan編集部)


【人気記事】
本命彼が求めるエロス…「SEX運」が3倍アップする3日間とは


【鳥肌ゾワゾワぁ~】男からきた彼氏ヅラした「勘違いLINE」3つ


【経済的でしかも美肌に】「脱毛の悩み」を美容家と街頭インタビュー! – Sponsored