アンアンからニュースを配信します!

「着圧レギンス」をはいたまま湯船に!? まさかのすっきり脚痩せ法

2017.6.13
着圧レギンスをはいて入浴する「レギンス入浴」について、ダイエットエキスパート・和田清香さんにお話しを伺いました。

はくだけでむくみを予防してくれる着圧レギンスは、今やむくみに悩む女子の必需品。その着圧レギンスを使った話題の脚痩せ法があるのをご存じ?

「着圧レギンスをはいたまま湯船に浸かる、“レギンス入浴”です。レギンスの着圧効果とお風呂の水圧を利用することで、血液の循環が良くなり、むくみやすい人ほど効果が期待できるでしょう。さらに、仕上げには『レッグリフレ』が大活躍。水圧と空気圧の合わせ技なら、もう怖いものはありません!」(ダイエットエキスパート・和田清香さん)

では、レギンス入浴のやり方をご紹介します。

(1)まずは着圧レギンスをはいて、普通に入浴。

205610

体が乾いた状態でレギンスをはき、湯船に浸かる。お湯の温度は夏場なら40℃、冬場は41℃くらいが目安。

(2)水圧エクササイズで太ももを刺激!
湯船の中で軽く体を動かすだけ。水中だと、普通のエクササイズよりも負荷がかかり、運動効果がUP。

【太ももプルプル】

205611

四つん這いになり、膝を浮かせてつま先立ち。そのまま、膝を左右にパカパカ10回動かす。

【足先クルクル】

205612

バスタブの中でまっすぐに立ち、片方の脚で円を描くようにお湯をかきまわす。左右10回ずつ行う。

(3)入浴後は、すかさずレッグリフレ!

_MG_8694

“ながら”マッサージャーの代表格、「レッグリフレEW-RA96」で仕上げのケア。太ももから足先までを空気圧でしっかりしぼり上げれば、疲れもスッキリ! オープン価格(パナソニックTEL:0120・878・697)

※『anan』2017年6月13日号より。写真・土佐麻理子 イラスト・山中玲奈 文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

【人気記事】
黄色はストレス、では白、赤、青は? 手の色でわかる心の不調
小食でも水ぶとりぽっちゃりに悩む女子への生活習慣アドバイス(PR)


【ギャァ…悪い意味でドキッ!】男からきた「心底キモい」LINE3選