アンアンからニュースを配信します!

Dragon Ashデビュー20周年! バンドで学んだのは栄光、挫折に“エッチ”も??

2017.6.2
7人のすごくいい笑顔。約3年半ぶりにアルバム『MAJESTIC』をリリースするDragon Ash。その意味は<威風堂々>だそうで、「アルバムを作る前から、このタイトルで行こうと決めて、そういう音を鳴らそうとしたんだよ。前作『THE FACES』までで、戦い切ったという感覚があったからね」とKjさん。

デビューして20年。何よりも愛しい家族のような存在に。

ドラゴンアッシュ

バンドも今年デビュー20周年を迎え、まるで音楽シーンの凱旋門を堂々とくぐるがごとく、自信に満ち溢れた音楽が聞こえてくる。とくに響くのは、聴き手の心に直接触れるような人肌感や大きな愛といったヒューマニティを感じる音だ。

「そんなふうに感じてもらえると嬉しいですね。Dragon Ashは機械的に振り切れることもできるバンドだけど、絶妙のさじ加減で人間味を残せるのが特徴なのかな、と思っているので」(Kj)

「我々が影響を受けてきた音楽がそうだからね。人間しか起こせないヒューマンエラーの味わいというかそれは大事にしています」(桜井)

「単純にネタをスクラッチするだけではなく、今回はいろんなことができたと思います。ターンテーブルでいかに幅広い表現をしているか、聴いてほしいですね」(BOTS)

レコ―ディングには、ダンサーの二人も必ず参加する。歌詞のワンフレーズ、トラックの音すべてが、パフォーマンスを作り出すからだ。

「音を聴いているときに見える景色や色が心に残り、そこから動きが生まれます。最近はトラックそのものからダンスを作ろうとアンテナを広げていますね」(ATSUSHI)

ドラゴンアッシュ

また本作ではサポートベーシストとしてバンドを支えてきたRIZEのKenKenが、はじめて全曲に参加したアルバムになった。

「子供のころから見ていたバンドに入って分かったのは、超仲良しだし、オンもオフもない感じ。長く続く理由が分かる気がします。僕もその歯車のひとつになれているのは、大きな誇りです」(KenKen)

「20周年とかあまり関係なくアルバムを作ったけど、でもまぁ、人生のほとんどをこのバンドで過ごしてきたし、栄光も挫折も味わい、上下関係とか人との繋がりも、エッチなことも、全部このバンドを通して知ってきた。何よりも愛しい、家族みたいなものだと思ってる」(Kj)

「20周年、本当に素晴らしいことです。僕ら以上に長くやってる人に追いつきたい、と頑張ってきた結果の20年だったと思います。しかも意識高い系の女性が読んでいるアンアンにも出られて、こんなに嬉しいことはないよね?」(BOTS)

「意識低い系の男が何言ってんだよ、ばかたれが(笑)」(Kj)

最高のアルバムができて、笑いが絶えないインタビュー。この続きは6月から始まるライブステージで!

ドラゴン・アッシュ 写真右から、BOTS(DJ)、KenKen(B)、桜井誠(D)、Kj(VO&G)、ATSUSHI(dance)、DRI-V(dance)、HIROKI(G)。結成20周年を迎えた日本を代表するロックバンド。6/7~全国ツアーがスタート。

11th album『MAJESTIC』【初回完全限定盤CD + DVD】¥3,800 DVDには2月に行われた20周年記念ライブより9曲のライブ映像ほかを収録。【通常盤CD】¥2,800(VICTOR ENTERTAINMENT)

※『anan』2017年6月7日号より。写真・土佐麻理子 文・北條尚子

(by anan編集部)

【人気記事】
「生命線が短いと早死に」って本当 ? 手相の基本を専門家が解説!
【代謝コントロール】 ダイエット部ためこみ改善メニュー紹介 PR

【赤裸々男の体験談】女からきた「ゾッとしたLINE」3選