アンアンからニュースを配信します!

汗がもっとも気になるパーツ第1位は「ワキ」! 対処法は?

2017.5.28
夏に付きまとう「汗」に関するお悩み。かいてしまうのは仕方ないから、汗が出ても大丈夫な対策を! その方法について内分泌外科などがご専門の医師・永井絵林先生に聞きました!

その前にアンケート結果をご報告。アンアン総研のみなさんに「汗がもっとも気になるのはどのパーツ?」と聞いたところ、下記の結果に。

汗がもっとも気になるのはどのパーツ?

1位 ワキ 40%
2位 顔 16%
3位 背中 11%
4位 頭皮 9%
5位 足 8%
6位 首 6%
7位 バスト 5%
8位 お尻 5%

季節を問わず、脇汗は女性の敵!!
暑いとき、緊張したときなど、体は汗を流すもの。ベタついたり、服の色が変わってしまったり、さらにはニオイの元になったりと、かなりな“悩みのタネ”である。

「人は1日平均700~900mlの汗をかきます。汗腺は2種類あり、全身にあるエクリン汗腺は、特に手のひら、足の裏、ワキに多い。この汗は基本的には無臭。一方、アポクリン汗腺は、ワキ、外陰部、乳頭などに分布しており、一般的にいう“ワキガ”は、ここから出る汗の分解物が原因です。汗をかき、その汗ジミの恥ずかしさからさらに精神的発汗が…という悪循環に陥る女性も多いので、まずは“かいても平気!”と思えるように、予防対策することが汗を減らす第一歩です」(永井先生)

汗に関するいろいろな悩みについて、永井先生にお答えいただきました!

お悩み(1)脇汗が噴き出して 恥ずかしい! 今すぐ止めたい。

→優秀なデオドラント商品に頼る! 深刻ならボトックス療法で

汗

汗腺が集中しているワキは、汗が出て当然の場所。出かける前の制汗&デオドラントアイテム使用は、基本中の基本です。

「最も気になるのは汗の量か、それとも汗のニオイか。そこを見極め、使うアイテムを選ぶことが大事です。また、多汗症かも…と悩む場合は、診断基準がありますので、まずは病院へ。重度の場合は保険適用でボトックス注射の治療も可能です」

汗

成分が隙間なく届き、汗にしっかり対応!
汗吸着パウダーとミョウバン(制汗成分)配合の有効成分が肌にピタッと密着。汗取りパッド効果もアリ。エージーデオ24 パウダースプレー(無香料)オープン価格(資生堂)

お悩み(2)服の汗ジミ がすごくて、人前で手を上げられない…。

→汗ジミの恥ずかしさから、精神的発汗が追い打ちをかけることも

22

シャツに大量の汗ジミ、その事実が恥ずかしい…!! 思えば思うほどより汗をかく…という経験、誰でもあるはず。「“染みない”状況をまず作る。特に汗で変色しやすい服のときは、“脇汗パッド”を使えば一安心。気になるなら交換用も持ち歩くといいでしょう。状況を整えておけば、汗はもう怖くない。とにかく“気にしないこと”でも、楽になりますよ」

肌

肌に直接貼るってなんだか画期的。
ワキに直接貼るシート。吸水性と通気性に優れているので、しっかり汗を吸収して、なおかつムレにくい。消臭効果も。サラフィッティ10 枚入り¥950 *編集部調べ(コジット)

アンアン総研ではこんな質問も…。

Q:脇汗パッド、使ったことはある?
はい 42%
いいえ 58%

意外?! 半数以上がパッド使用未経験だった…。
違和感がある、汗っかきなので落としそう、貼ってるのがバレそうといった、脇汗パッドを恐れるコメントが多数。しかし経験者からは、「ジャケットにまで染みるほど汗かきだったけど、吊り革が怖くなくなった」(32歳・保険)、「汗ジミがなくなったので、翌年も同じ服を着られ嬉しい」といった称賛コメントが多々。ぜひトライを~。

お悩み(3)夏になると必ず腕にアセモができてかゆ~い!

→通気性のいい服を着用して、清潔を保つことが第一
医学用語では“汗疹”と呼ばれる“アセモ”。「エクリン汗腺が詰まり、肌の表面が高温多湿の状態になることが原因です。常に皮膚が蒸れないようにし、汗をかいたらすぐシャワーや入浴、それが難しければ汗拭きシートなどで拭き取り、常に肌を清潔を保ちましょう。数日で改善します。悪化した場合は治療が必要になることもあるので要注意」

汗

拭き取るだけでシャワー後気分~。
ナノイオン吸着パウダーがついた厚手のメッシュシート。拭くと肌をサラサラにして気持ちいい! Ban爽感さっぱりシャワーシート(無香料)36枚入り¥379*編集部調べ(ライオン)

ながい・えりん 医師。ウェルタス銀座クリニック勤務。内分泌外科、乳腺外科、美容皮膚科が専門。親身な診療で、多くの女性から頼りにされている医師。

※『anan』2017年5月31日号より。写真・中島慶子 イラスト・菜々子 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)


【人気記事】
千葉雄大 父に「ベッドシーン」を見られる
【代謝コントロール】ダイエット部ストレスに打ち克つメニュー紹介 PR

【男子戦慄…】血の気が引いた「彼女からの恐怖LINE」2選