アンアンからニュースを配信します!

デリケートゾーンの悩み1位は「ニオイ」! 普段からできる“工夫”とは?

2017.5.28
夏になるとニオイやかゆみなどのツラ~いトラブルが多発する地帯のひとつが、デリケートゾーン。
デリケートゾーン

「実は、デリケートゾーンには、汗が出るアポクリン腺がたくさんあります。そのため、ムレやすく、かゆみが出てしまったり、気になるニオイが発生しやすいんです」(「アヴェニューウィメンズクリニック」院長・福山千代子先生)

でも、日頃の対策次第で、お悩みの多くは解決できると先生。

「デリケートゾーン専用のソープや肌に優しいナプキンを使うなどアイテムを工夫したり、身につけるもので通気性を良くすることがポイントに。ただ、病気に感染しているケースもあるので、気になることがある人は自己判断で終わらせず、一度、クリニックに行くことをおすすめしますよ」

実際に以下のようなアンケートを行ってみたところ…。

Q. 夏のデリケートゾーンでいちばん困るのは?
1位 ニオイが気になる 35%
2位 かゆくなる 32%
3位 汗をかく 13%
4位 おりものでムレる 11%
5位 かぶれる 5%
6位 湿疹が出る 1%
7位 その他 3%

「ニオイが強くなるときがあるのが嫌。近くの人にもバレているんじゃないか、と心配になります…」(27歳・事務)というニオイ系。そして、「生理中、特にかゆくなるのがツラい」(30歳・販売)などの、かゆみに悩む人が続出している模様。暑い季節に起こりやすいデリケートゾーンのムレが、共通する大きな原因のひとつかも。

そこで、デリケートゾーンのお悩み2トップ、ニオイとかゆみの対策法を福山先生にお聞きしました!

お悩み:なぜか夏になるとニオイがきつい気がする!

→服装や専用ソープで対処して。「細菌性膣炎」の可能性も視野に。

「デリケートゾーンはムレやすく、ニオイが出やすい場所。また、人には少なからず体臭があるので、気にしすぎはよくありません。お風呂上がりなのにニオうということが1週間くらい続く場合は、肌に優しいデリケートゾーン用のソープを使って洗うなど対策を。また、おりものに強いニオイがある場合は、細菌性膣炎の可能性が。病院で診察をしてもらいましょう」

デリケートゾーン

抗カビ成分と殺菌成分を配合した泡で出てくるタイプの石けん。デリケートゾーンはもちろん、顔や全身にも使える。コラージュフルフル泡石鹸300ml ¥2,300(持田ヘルスケア)

お悩み:夏はデリケートゾーンにも汗をかいてかゆい!!

→“かゆみ”は痛みよりつらいもの。「カンジダ」なら早急に対処を!

「かいてしまうと、かゆみ物質であるヒスタミンが分泌され、症状が慢性化してしまうことも。まずは、市販の塗り薬などを試してみてください。2~3日経っても効果が出ない場合は、菌が増殖してかゆくなる『カンジダ』などの病気の可能性もあるので、病院で診察をして対処しましょう。夏場は、パンストやガードルなどのしめつけやすい下着を避けることも大切」

デリケートゾーン

ニガヨモギを配合した、ウイルスや、ばい菌の繁殖を抑えるミスト。カンジダやかゆみ、ニオイの対策に。VBKミスト20 ml ¥2,000(アヴェニューウィメンズクリニック)

福山千代子先生 「アヴェニューウィメンズクリニック」院長。日本産科婦人科学会専門医。婦人科やデリケートゾーン外来、定期検診などで、女性ならではの悩みを抱える人たちを診察している。

※『anan』2017年5月31日号より。写真・中島慶子 イラスト・菜々子 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)


【人気記事】
千葉雄大 父に「ベッドシーン」を見られる
【代謝コントロール】総研ダイエット部始動! PR


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE