アンアンからニュースを配信します!

「たまたまハマったんだよ」The Birthdayの印象的な一曲とは…

2017.5.20
結成から10年以上が経ち、ますます荒々しく、エッジのきいたロックを聴かせてくれるThe Birthdayのニューアルバム『NOMAD』が完成。ノマドとは《流浪者》とか《遊牧の民》という意味があるそうで、アルバム全体の歌詞や音にも、異国の街角にいざなってくれるような空気をふわりと感じる。
The Birthday

「そういうイメージはあるかもしれないね。まぁ思いつきなんだけど、いつか使いたい言葉だった。昔、ザ・ダムドというパンクバンドが“NAZ NOMAD”という変名バンドをやっていて、ガキの頃聴いていたんだよ。それでNOMADの意味を知ったんだ」(チバユウスケ)

過去から温めていたワードを使いながらも、サウンドは最新型のThe Birthdayワールド。

「今回は出来上がるのが早かったな。先にシングルで出した『夢とバッハとカフェインと』ができたとき、アルバム全体の形が見えた感じだった。でもまぁ、ひとつの言葉から曲が出来上がることもあるし、全く無の状態から4人でメロディを作ることもあるし、いろいろだよ」(チバ)

「言葉があれば作りやすいことはあるけど、全く何もないところから、4人で仕上げていくのも面白いものが出来上がるんだよ」(クハラカズユキ)

アルバムの中でもとくに印象的な「抱きしめたい」という曲は、悩み傷ついている人たちに救いの手を差し伸べてくれるかのような歌。ちょっと珍しいナンバー、かも。

「オレが救うの? 無理無理。今の世界情勢なんて全然意識して作ってないけど、そう思ってもらっても構わない。サビの言葉は前からあって、たまたまハマったんだよ」(チバ)

「1977」と名付けた曲は、パンクロックが生まれた年へ憧れを込めたオマージュ的作品だ。パンクロックに「俺らは心から爪先まで持ってかれて帰れない」とチバさんが書いたフレーズは、この4人そのものだな、とニヤリとさせられる。

「毎回、ファーストアルバムのような気持ちで作っていて。ピュアな感じ、フレッシュな感じを封じ込められた、と思ってる」(フジイケンジ)

「完成からだいぶ経つので、久々に全曲聴いたら、自分がプレイしている様子が見えてきた。このアルバムを聴いて、ライブに行きたくなってくれるといいですね」(ヒライハルキ)

The Birthday

5月末から始まる全国ツアーは、半年で40本以上のロングラン。バンドマンの人生とは、まさに《ノマド》を地で行く日々のようだ。

「レコーディングのときは作ることに集中しているから、これからライブに向かう気分が上がってくるんだよね。最初のほうは、どっかぎこちないかもしれないけど、その感覚も、なかなかいいんだよね」(クハラ)

「とりあえず全曲の歌詞を覚えないといけないな、もう忘れちゃってるから(笑)。張り切って練習しよう、うん」(チバ)

ザ・バースデイ 右から、チバユウスケ(V&G)、ヒライハルキ(B)、フジイケンジ(G)、クハラカズユキ(D)。昨年デビュー10周年を迎えたロックバンド。5/27の横浜Bay Hallを皮切りに半年に及ぶ全国ツアーがスタート。

9th album『NOMAD』【初回限定DVD盤 CD+DVD】¥4,000 【初回限定Blu‐ray盤 CD+Blu‐ray】¥5,200 ライブとレコーディング、オフショットを交えたムービーを収録。【通常盤CD】¥3,000(UNIVERSAL SIGMA)

※『anan』2017年5月24日号より。写真・野呂知功(TRIVAL) 文・北條尚子

(by anan編集部)


【人気記事】
下半身太りを起こす「NG動作」 小さなクセが大きな歪みに…
【代謝コントロール】ダイエット部冷え症メニュー紹介 PR


【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE