アンアンからニュースを配信します!

たれ尻を引き上げる! 美尻をつくる4つのエクササイズ

2017.5.6
女性らしいパーツのひとつ、お尻は誰しも美しい形をキープしたいもの。今回はたれ尻を上向きに引き上げ、美尻を目指すエクササイズをボディメイクパーソナルトレーナー・岡部友さんに聞きました。

たれ尻タイプにまず必要なのは、筋トレより、猫背になっていたり、姿勢が悪いことが原因で後ろに倒れた骨盤をしっかりと起こしてあげること。骨盤を立てる練習は、毎日行って。椅子さえあればできるので、オフィスで休み時間に挑戦してみるのもおすすめ。さらに、骨盤の後傾を防ぐために、腹筋や太もも前面にある筋肉を鍛えるエクササイズを。(1)(2)(3)に関しては、お尻を思い切り突き出すことを意識しながら行うのがポイント。

(1) 骨盤を立てる練習 20回

kkjpg (682×1024)

椅子に浅く腰かける。骨盤を立てることを考えながら、思い切りお尻を後ろに突き出し、その状態を2~3秒キープする。このとき、お尻の穴を後ろに見せるくらいのイメージで行って。上級者はバランスボールに座ってトライを。

(2) ワイドスクワット 15~20回

美尻

両足を肩幅より少し広く開き、つま先を外に向けて立つ。お腹にぐっと力を入れて、お尻を思い切り後ろに突き出しながら下げていく。膝はつま先より前に出ないように、また、内側に入らないよう、つま先と同じ方向に向ける。

(3)片足ルーマニアンデッドリフト 左右各15回

美尻

両手を腰に当て、真っすぐ前を見て立つ。右脚を伸ばしたまま後ろに引き、お尻を突き出して1秒キープ。できる人は左脚の膝下をできるだけ垂直のままに。右の骨盤が外に開かないように注意を。15回繰り返す。左脚も同様に行う。

(4)レッグカール 10~15回

vc

踵の下に畳んだタオルを置き、床に仰向けに。お腹に力を入れ、お尻を床から少し浮かせる。床を真下に押すイメージでタオルを滑らせ踵を引き寄せ、お尻を持ち上げる。腰が反らないように。お尻を床につけないように脚を戻す。

岡部 友さん ボディメイクパーソナルトレーナー。女性専用ジム『Spice up Fitness』代表。7/25に美尻コンテスト“Fitness Angel”を開催。
※『anan』2017年5月3・10日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・木村舞子 ヘア&メイク・高松由佳 モデル・横川莉那(スペースクラフト) 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
イケメンに「カッコイイ」はNG?! 恋愛心理学者一押しの褒め言葉は?
つい惹かれる面白男子 実は3つの「モテ鍵」を持っていた!
【結婚線でズバリ判明…!】「幸せな結婚」ができる手相3選