アンアンからニュースを配信します!

窪田正孝、好きになったら積極的?「電話しちゃえ~!って」

2017.4.16
人気俳優のひとり、窪田正孝さん。役柄からは窺い知れない素顔の彼はいつもベールに包まれている。ちょっぴりお茶目、ときどきクール。そのギャップに迫ります!

シリアスからコメディまでと、幅広い演技や表情で私たちを惹き付ける俳優の窪田正孝さん。それなのに…?

「ぜんっぜんモテないです。過去のモテ期を挙げるとすれば、中学3年生の時。休み時間にキャッチボールやラグビーをしていると、それを見に来てくれる後輩の女の子がいたくらい。それ以外は一切ございません! 女性にモテるかどうかは、女きょうだいがいるかどうかがポイントな気がします。お姉ちゃんや妹がいる人は、女性とのコミュニケーションが上手。悪気なく、いやらしくもなく、スッと懐に入る。僕は女性に対して、ちょっと構えてしまうので、すごいなと思います」

と言いながらも、好きな人ができたときは、ちょっと違う。

「アピールをする以前にバレると思いますね。好きになったら距離を縮めたくなって近づくし、モヤモヤしている時間がもったいないので“電話しちゃえ~!”って連絡するかも(笑)。それでフラれたら“どうも失礼しました、お幸せに!”と、すぐ諦めます。一か八かなんですよ」

窪田正孝

窪田さんが憧れるのは“男にモテる男”。映画『ラストコップ THE MOVIE』で共演している唐沢寿明さんも、そのひとり。

「たとえば、台本のト書きに“涙を流す”とあると、唐沢さんは目に力をこめる。すると、目が血走って赤くなり、涙よりも説得力のある目になるんです。声だけで芝居をするシーンでは、耳で聞いているだけなのに、堪えきれなくなるような気持ちにさせられてしまう。そんな体から出てくるものすべてが“役者だ”と感じさせる職人気質のすごい俳優さんなのに、普段は一切、そういうところを感じさせないのがカッコいい。こんな大人になりたいなと思いました。

唐沢さんとは撮影のあとによくごはんを食べに行ったり、一緒にドライブをしたりもしました。運転してくださるんですよ(笑)。二人とも車が好きなので、その話で盛り上がりました。唐沢さんのように男性の心を掴める人に憧れるのは、そういう人の周りには友だちを超えた仲間たちがいるからだと思います。男にモテる男は、基本的にひとりじゃない印象があって。どんなことでも話せる存在が身近にいることが、モテるということなのかなと。多分、そういう人は寂しがりやだと思います。“ひとりでいるくらいなら、誰かを誘おう”とか積極的にコミュニケーションをとるから、人が集まってくるんだと思います」

窪田正孝

窪田さんは寂しがりやですか?

「それがですね、僕はひとりでいることが好きなんです(笑)。モテない理由はそこにあると思います。誰かと感情を共有したり、人に悩みを相談することも苦手です。弱みを見せたくないとかではなく、“この人になら話していいかな”と思えるまでに、すごく時間がかかってしまう。それに、何かひとつのことにのめり込むと、ほかが見えなくなるから、どんどん世界が狭まっていくんです。趣味は車とバイクですが、これも子どもの頃から変わらなくて。高校時代には、“モテる=バイクに乗れる”だと思い込み、誰より免許を早く取ろうとしたくらい。でも、工業高校だから女性が少なく、立ち寄るガソリンスタンドにも男しかいないしで、今考えるとモテ要素がどこにもないんですよ(笑)。と、浅く広くができない、細く長く続けるタイプみたいです。これからは、もっと視野を広く持てるようになることが目標です」

窪田正孝
くぼた・まさたか 1988年、神奈川県生まれ。映画『ラストコップ THE MOVIE』が5月3日に公開。昏睡状態から復活した刑事・京極浩介(唐沢寿明)とバディを組む望月亮太を熱演。

シャツ¥22,000(08サーカス/08ブック TEL:03・5329・0801) Tシャツ¥11,000(プラスターナ/HEMT PR TEL:03・6721・0882)

※『anan』2017年4月19日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・菊池陽之介 ヘア&メイク・及川美紀(NICOLASHKA) 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

【人気記事】
※モー娘。伝説のリーダー・道重さゆみが沈黙を破る「卒業の夜の出来事」
※道重さゆみ「ファンをあなどってた」 復活に向けてブログに“暗号”
【超戦慄…】結婚線から見る「ダメな恋愛」にハマりやすい手相3選