アンアンからニュースを配信します!

ぶれないキャラが大事! ゲッターズ飯田の“開運”習慣とは?

2017.4.1
「人生は人との縁で成り立っている」と占い師のゲッターズ飯田さん。運を切り拓くうえでとても大事なのは、人とのご縁。いい出会いに恵まれるか、そしてその人脈を活かせるかで人生は大きく変わる。

占いを通じて成功の秘訣を説く、開運請負人・ゲッターズ飯田さんが、縁をつかむために実践すべき習慣を教えます!

明確なキャラをつくる。

ゲッターズ飯田

「縁を確かなものにするには、相手の記憶に残らなければなりません。人に会う時は、自分のキャラを刷り込むことを意識して。身につけるものなら服や小物などでセルフイメージを統一すること。キャッチフレーズも効果的。繰り返し同じ印象を与えれば、キャラ立ち完了」

いいカッコしない。素に戻る。

「最近、完璧を目指しすぎている人が多いんですよね。でも、縁は同じ種類の者同士で引き合うので、無理して“できるふう”にしていると、虚勢を張った人ばかり周りに集まってきてしまう。“素”に戻れば本来の自分と合う人が引き寄せられ、正しい縁を結ぶことができます」

好きなものをアピールする。

ゲッターズ飯田

「人と会った時に、趣味で集めているものや好きな食べ物をアピールしておくと、自分を思い出してもらうフックになります。例えば、出かけた先で相手がその情報に触れた時に、『紹介してあげようかな』『買っていってあげようかな』となって、関係がそこから深まります」

「紹介される人」を目指す。

「人の紹介というのは、一番盤石で確かな人間関係。その縁の輪に入りたいなら“紹介したい人”になることが重要。人を喜ばせる一芸があったり、相手の力になれるスキルを持っていると強い。とくにそういうものがなければ、人気者のトーク術を研究するというのも一案です」

ゲッターズ飯田さん 占い師。四柱推命などさまざまな占いを体系化した独自の「五星三心占い」で鑑定。著書は『ゲッターズ飯田の縁のつかみ方』(朝日新聞出版)、『開運レッスン』(セブン&アイ出版)など。

※『anan』2017年4月5日号より。イラスト・小池アミイゴ 文・保手濱奈美

(by anan編集部)


【人気記事】
「1日1食にしたら体調が良くなった」ミス・ワールド元日本代表のこわだり!
小嶋陽菜さんが「アイドルのままじゃいけないんだ」と思った瞬間
阿佐ヶ谷姉妹、大興奮! 「イケア」でお買い物してみた!!