アンアンからニュースを配信します!

とろける羊肉~♪ イランの家庭料理店で優しいスパイスを味わう

2017.3.25
フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回ご紹介するのは、イラン料理です。

『ジャヴァン・レストラン 池袋店』のマヒチェ

イラン料理

羊とスパイスのコラボレーションに目がない人にとって、ジャヴァンの羊料理はご馳走だろう。

昨年12月に池袋にオープンしたイラン料理店『ジャヴァン・レストラン』では、本格的なイラン料理を楽しむことができる。羊肉を好み、スパイスを多用するイラン。そんな食文化を象徴するのがマヒチェという羊の脚の煮込みだ。羊肉をサフラン・シナモン・カルダモンなどのスパイスで数時間かけてじっくり煮込んだお料理で、ほろほろジューシーなお肉の食感とかぐわしいスパイス香がたまらない。それをディルやそら豆と炊き上げたバスマティライスにオンザライスするのだから、えもいわれぬミドルイーストの芳香が立ちのぼる。それは異世界の刺激というより、どこまでも優しい味がする。

「料理は基本的に母と私で作ります。レストランの味というより家庭料理の繊細なおいしさを伝えたかったんです」と店主のガザレさんが言う。たしかに店で働いているのは全員女性。「それからマニアックな地方料理もやりたかった。マヒチェもマシュハドという地域の名物で」。イラン料理=ケバブといった一辺倒なイメージにとらわれていたことを反省するくらい、その先には驚くべきおいしさが潜んでいる。

「日本にまだない味を伝えたい。イラン料理のおいしさを発見してほしいんです」。まっすぐな瞳で伝えるガザレさんの手料理は、つかの間の中東旅へと私たちを誘ってくれる。

イラン料理
マヒチェ¥2,000。池袋店は15年前から名古屋に店を構える老舗イラン料理店ジャヴァンの支店。レストランの2階には食材店も併設され、自家製のハラル認証のハムや乾燥ハーブなど珍しい食材を購入することもできる。

ジャヴァン・レストラン 池袋店 東京都豊島区上池袋1‐35‐6 Youko Square TEL:03・6903・6922 ランチ11:00~14:00、ディナー16:00~24:00 無休(ランチは火曜休)

ひらの・さきこ 1991年生まれ。フードライター。著書にエッセイ集『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)

※『anan』2017年3月29日号より。写真・青木加代子 取材、文・平野紗季子

(by anan編集部)


【人気記事】
情事の後みたい!? 男性がそそられる“艶っぽいヘア”の作り方♪
【先出し情報】anan3月22日発売「呼吸と体幹。」特集の表紙がまた話題に!こんどは付録も!?
「本当にメイクが下手だね」AAA宇野実彩子が過去を告白…