恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「六本木」で過ごす刺激的な夜|12星座連載小説#35~水瓶座2話~

文・脇田尚揮 — 2017.3.10
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第35話 ~水瓶座-2~


前回までのお話はコチラ

グシャグシャになったレシートや、ファミレスの紙ナプキン、手帳の切れ端……。

書き留めてきたアイディアメモを集め、Excelにまとめ整理する。

これまで点だったモノ同士を線で繋いでいくのだ。

やっぱり、今回のゲームアプリは、“戦国モノ×恋愛ゲーム”で決まりかな。

私の企画の出し方はかなり、独特だと言われる。

最初にテーマやストーリーを決めておくのではなく、キャラクターや時代、登場人物の関係性から考え、そこからストーリーを生み、最後にテーマを決める。

つまり、細かな要素を考えてから大枠を導き出しているのだ。

そんな感じだから、納期ギリギリでシナリオを追加することもあり、プログラマーに迷惑をかけることもしばしばある。

……今回はそのようなことがないよう、綿密に話を進めていかなくては。

私は集中すると、音や声、色や香りを何も感じなくなり、モノトーンの世界に入る。

かわりに、キャラクターたちの姿や会話、場合によっては匂いなんかが広がってくる……。

この脳内リアリティこそが、誰も真似できない私の武器。

戦国時代……う~ん、史実を忠実に再現したんじゃ面白くない。最近じゃ“伝説の武器を擬人化”したゲームアプリなんかもあるくらいだ。ユーザーだって目が肥えてきてる。似たようなゲームじゃすぐ飽きられちゃうわ。

18歳の女子高生が戦国時代にタイムスリップ

突然イケメン武将と運命の出会い「お主、妻になれ」的な

城に行くとそいつが信長だとわかる

家来たちにも好意をもたれる

と、この流れはいいんだが、これだと家来は信長から切り殺されやしないか? お館様の連れて帰った女を口説いたらただでは済まない気がする。

あと、他の戦国武将たちとはどうやって出会えばいいんだろ……、戦場に行くわけにはいかないし、信長の屋敷が突然攻め込まれて、そこで恋に落ちるのか? いや、もっと突飛な発想が必要だ。


―――どれくらい時間が経っただろうか。

何度も潜っては、息をするために海面に上がる海人のように、イメージを何度も何度も練り直していたら、いつの間にか周囲から人気がなくなっていた。

もう20時だ。

シナリオやキャラクターが決まると、その後は早い。でも、ここが核だから時間をかける必要があるのだ。

『クラブでも行くか』

座って考えていても、何もアイディアが浮かばないとき、私は決まってクラブで踊る。

お酒を飲んで、踊って、我を忘れている中で、眠っていたアイディアが湧き出てくることもあるのだ。

クラブという場所ゆえ、場合によっては一夜のアバンチュールだってあったりする。そんな刺激が、良い作品を生み出す原動力になるワケ。

赤坂から六本木なら、ワンメーターだ。どうしようかな。晩ご飯もまだだ。

でもなぁ……一回帰宅して外出するとなると、好美がうるさいからなぁ。いいや、このまま着替えて行こっと。

ロッカーに常備している“遊び着”を出し、女子トイレで着替える。編みタイツにブーツ、Gジャン&レザーのミニスカに身を包んだ。

……私だったら、こんな奇抜な金髪ボブ女とは絶対友達になりたくねー。

そんなことを思いながら、会社を後にする。

タクシーを拾って、行き先は六本木の『ヴァルファーレ』。

電車でもすぐなんだけど、タクシーだと移動中にメイク直しができるから、時間の短縮になる。

タクシーのおっさんがニヤニヤしてるのがどうも気になかったが、無事到着。

受付を済ませ、中に入ると……相変わらずうるさーい!この感じがたまらなく良いんだけどさ。

まずはお酒。ジントニックでサッパリしよう。

……注文してフロアを見渡す。

今この瞬間さえ楽しければ良いといった感じで、男女が踊り狂っている。

本当に盛り上がってくるのはこれからね。

ジントニックを1杯飲み干したその時、1人の女性が入ってきた。

イイ女だ。

ポニーテールに原色の服を身にまとい、ヒール何センチあるの…!?と思うほどのハイヒールに、パンツが見えるじゃないかってくらいのミニスカート。

私はその女から目が離せない。

曲にノって踊る姿からは、どこか日本人とは異なるエキゾチックな香りがする。

―――俄然、興味が湧いてきた。

セクシーで健康的なその女に声を掛けるべく、席を立った。



【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
中野怜奈 水瓶座26歳 IT開発事業部
個性的で変わり者、我が道を行くタイプ。協調性に欠けているが、時代の先を読む“先見の明”があるため、社内での評価は高い。女子向けアプリ会社『キュートキッチュ』の新作指揮を任される。アイディアウーマンであるが、縛られることを嫌う一匹狼。後輩の三橋奈美は良い相談役。実はバイセクシュアルの性向があり、出会い系アフィリエイトで知り合った池谷好美と同棲している。

(C) Fulltimegipsy / Shutterstock
(C) Andres Garcia Martin / Shutterstock