恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「突然のキス」に不機嫌になる男|12星座連載小説#127~天秤座 10話~

文・脇田尚揮 — 2017.7.27
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第127話 ~天秤座-10~


前回までのお話はコチラ

―――マズかった……?

彼は硬直したまま、私の方を見ている。

「どういうこと……ですか?」

自分の顔がみるみる内に火照ってきたのが分かる。おそらく真っ赤になっているだろう。

これまで“この作戦”で失敗したことは一度もない。ほとんどのオトコが落ちたわ。

この気まずい空気、何とか誤魔化さなきゃ……。

『あの、ホラ、遅くにわざわざ来てくれて、HP直して下さったから……その……お礼のつもり……的な……』

「…………」

―――また、しばしの沈黙のあと。

「……佐々木さんは、“そういう方”なんですね……」

一言、彼がポツリと呟いた。

“そんな人”……?それってどういうこと……?

すぐにキスしたり、身体を許したりするような“軽い女”って思われた……?

「もうすぐ作業終わりますので……」

そう言って彼は、PCに向かって修復作業を始めた。

『あの……ごめんなさい』

「どうして謝るんです?」

PCから目を離さずに彼が答える。

『突然、あの……』

「謝るようなことなら、しなけりゃいいじゃないですか……」

『…………』

エンターキーをパチンと叩いた音が、“終わりの合図”だった。

「修復、終わりました。一応チェックもしてあるので大丈夫かと思います」

『……ありがとうございます』

「それでは、私はこれで……」

薫さんがスクッっと立ち上がって、バッグを肩にかける。

「次からは、こんな夜遅くにお邪魔するのは、控えさせて頂きますね」

そう言って玄関へ向かう。

今の私には彼を引き止めるだけの理由も気力もない。ただ、黙って見送ることしかできない。

『あ……下までお送りします……』

「いえ、ここで大丈夫ですよ。それではお邪魔しました」

見送りすら拒否された私は、ドアの隙間から彼が見えなくなるのをただ見ているだけ。
ドアがカチャンと音を立てて閉まった後には、物音ひとつしない空虚な部屋にひとり。

ティーカップに彼は口をつけていなかった。

『何よ……!』

これまでオトコからこんな対応をされたことはなかった。キャバ嬢だった頃も、いつもオトコは私を“特別扱い”してくれたのに。

『童貞のクセに……』

“オンナとしてのプライド”を傷つけられた私は、ベッドに突っ伏す。

『呼ばなきゃ……良かった』

オンナが勇気を出して誘惑したというのに、邪険にするなんて……。

ここ最近、舞い上がっていた自分が恥ずかしい。柄にもなく、仕事なんかにも一生懸命取り組んじゃってさ……。

『バカ……』

―――その日の夜は眠れなかった。そして翌朝、私は“また”遅刻した。

前のように、けだるげな勤務態度に逆戻りだ。

せっかく仕事、楽しかったのにな……。ドキドキしていて、頑張れて、評価されたりなんかもして。

一生懸命頑張る自分は嫌いじゃない。でも、何だか必死みたいで、カッコ悪い。だからいつも、頑張らないようにしてきた。

全力を出して上手くいかないなんて、私の美学に反するから。

いつも余裕があって、オトコたちにチヤホヤされて……。幸せな結婚をして、美しいものに囲まれて……“マダム”になるのが夢。

……でも、
それで良いのかな……。

私のテンションに反して、サイトの方は好調―――。

今日も新作が2着、アクセサリーに加えてパンプスまで売れている。

主任も、

「サイト販売担当者も必要かしらね……梱包や発送、メッセージのやり取りなんかも今後、増えてきたら手間だしね」

なんてことを言っている。

私……、薫さんのお陰で、夢中になれた。

薫さんと親しくなれば、もっと何か“違う自分”を見つけていけると思っていたのに。

―――気がついた。
私、恋をしていたんだ―――。

いつから……?

期待したり、呆れたり、感謝したり、悲しかったり……。

こんなに私の感情を振り回すなんて。

薫さん……

大人しそうな外見に反して、頑ななこだわり。優秀で仕事ができるのに、女性慣れしていない。

なんだろう、このアンバランス……。

これまで私が関わってきた、どんなオトコとも違っている。

『……頑張ってみようかな』

つい声に出た。

私、変わりたい……!

『あの、主任!』

「どうしたの?佐々木さん」

『私、サイト販売担当、やらせて頂けないでしょうか?』

「え……でも、お給料変わらないから仕事量が増えて大変よ」

『いいんです。私、やってみたくって』

カッコをつけずに、どんな小さいことにも一生懸命な薫さん。私も、そんな薫さんみたいになりたいと思った。

―――接客の合間に、裏でお客様とメールをやり取りして、売れた商品を丁寧に梱包する。

HPはクレジットカード決済だから、すぐに発送手続きに移ることができるんだけど……発送システムがまだ確立されていないから、直接郵便局から送るしかない……か。

洋服を買った時って、すぐに商品を着てみたいと思うわ。すぐに着てみて、鏡の前に立ってイメージ通りかチェックするのよね。このくらいの数なら、私にでも持っていけるはず……。

『すいません、発送しに郵便局、行ってきます!』

売れた商品を手に取り、駆け出す。お店から郵便局は、小走りなら5分で着くわ。

薫さん……。私を変えてくれたオトコ……。

店の外に出ると、太陽が燦々と輝いていた―――。


【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
佐々木恭子 天秤座27歳 アパレル店員
センスがよく整った容姿の女性。男に困ったことがなく、広く浅く男性と付き合う、いわゆる“リア充”である。将来の夢は玉の輿に乗ることで、毎週タワーマンションで催される会員制パーティー『ロイヤル・ヴェイル』に参加している。仕事仲間からは陰口を叩かれているようである。


(C) Ollyy / Shutterstock
(C) Best Photographer / Shutterstock