恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

ホストの闇にハマり込んでいく女|12星座連載小説#108~射手座9話~

文・脇田尚揮 — 2017.6.29
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第108話 ~射手座-9~


前回までのお話はコチラ

「淳子ちゃん、あっという間に無くなっちゃったね……もう一本飲まない?」

純が、私の横で物欲しげな顔をしている。

なに……!? これって……もしかして、ボトル追加しろってこと?

なるほど、このタカシってヤツにガンガン飲ませて、自分は綺麗に飲むって魂胆ね。そうはいかないわよ!

『そうねぇ……何か面白いことしてくれたら、考えてあげる』

私だって、おねだりのかわし方ぐらい心得てるつもりよ。

「タカシ、お前何かやってみせてよ」

「え……。お、じゃあ、オーラ出します! フンッ!」

純に言われて、タカシという男が顔を真っ赤にして力んでいる。なるほど、売れないホストっていうのは、身体張らないといけないから大変ね。

「お~タカシ、オーラすげぇじゃん! “茹でだこ”みたいになってんぞ」

『クスッ』

純の発言に、不覚にも少し笑ってしまった。

「あ! 淳子、笑った! 今、クスって笑ったろ!」

『えぇ~、もっと大笑いさせて欲しいんだけど~』

てゆーか、いつの間にか“タメ語”になってるし。

「いやいや笑ったんだから、もう一本!」

「もう一本! もう一本!」

純とタカシの、“もう一本コール”が店内に響き渡る。してやられたけど、そんなに悪い気はしない。

『仕方ないわねぇ……じゃあ、もう一本入れるわ!』

「おお! さっすが淳子」

『それじゃあ……、モエかな』

「OK! モエ・グラン・ビンテージはいりま~す!」

しまった。種類を言いそびれた! 一番高価な黒ラベルのモエじゃないのよ……。

『ちょっと待って、ピンクでお願い』

「はい! 話がーリアル! はいははいははい! 話がーリアル! はいははいはい!」

純とタカシが囃し立ててきた。

うっわ、嘘でしょ。

黒ラベルのモエが、テーブルにで~んと置かれた。

相場なら、これって10万くらいになるわよね……。他の同世代の子たちよりも、かなり稼いでるつもりだけど、さすがに1本10万のシャンパンは高い買い物だわ。

「いや~、淳子、マジでありがとう。これメッチャ美味しいからさ、淳子も早く飲んでみてよ。」

純がグラスに注いでくれる。そして、純のグラスにも注がれ……。

「グイ! グイ! グイグイよし来い! グイ! グイ! グイグイよし来い!」

いきなり、タカシがボトルごと一気をし始めた。

う……うわ……ぁ……。空になった。あっという間に吸い込まれていく10万円。

コイツ!

『ねぇ、ちょっと純、私もっとゆっくり飲みたいんだけど……。タカシ飲み過ぎじゃない?』

「ああ、そうだよね、ゴメンね淳子。……おい、タカシ、お前俺のテーブルで汚い飲み方すんなよ。淳子に嫌われたらど~すんだよ!」

純がタカシを怒鳴る。

『いや、まぁ……そんなに怒んなくても』

「タカシ、お前もう他のテーブルにつけよ」

「すみません、淳子さん。失礼させて頂きます」

タカシはシュンとして、戻っていった。

『ちょっと、言い過ぎじゃない?』

「淳子って本当に優しいね」

突然、純がまっすぐに私の目を見つめてくる―――

ヤバ……、ハマるかも。

「じゃあ、俺、他のテーブルに呼ばれたみたいだから、ちょっと行ってくるね。すぐ戻るからさ、絶対帰んないで待っててよ!」

そう言って、純は立ち上がった。そして入れ替わりに席に着いたのは、この店“ナンバーワン”のマサシだ。

純が突然席を外したのはムカつくけど、この子とも話してみたかったから、まぁいいか。

「どうも、お久しぶりです」

『そうだね、六本木ぶりだね~』

活発で明るい純とは対照的に、マサシはおとなしくて可愛い雰囲気。どこか陰を感じる子ね。

「あの、どうして純を指名されたんですか?」

『えっ?』

意外な質問に少し戸惑う。

「淳子さんには、たぶん僕みたいなタイプの方があってますよ」

えええ! この子、意外と肉食系……?

そこらへんの普通の男から、こんなこと言われたら“ドン引き”間違いなしだけど、ホストクラブで綺麗な顔をした男子から言われると、クラッときちゃう。

「何でそう思うの?」

取りあえず、平静を装ってみる。

「だって、僕と一緒にいる時は、淳子さんが積極的に話をしてくれますから」

そうかな? 少し思い返してみる。う~ん、言われてみれば確かにそうかも。

マサシはあまり口数が多い方じゃないから、私が色々喋っちゃうのかもしれないわね。

「ね? 僕の方が合うでしょ?」

『そうねぇ……』

「僕、連絡くれるの待ってたんですよ。良ければ飲みましょう」

今、だいたい14、5万くらいか。お酒はシャンパン2杯だからまだ大丈夫。

まぁ、マサシが待っていてくれたんだから、1本入れようか。

『じゃあ、ヴーヴ・クリコでお願いするわ』

「ありがとうございます。ヴーヴお願いしまぁす!」

マサシは純と違って、人の話の腰を折らないから、会話しやすいわ。でも、なんでこの子がナンバーワンなのかしら……。

確かに顔立ちは整っているし、物腰も柔らかく、さらには肉食系。だけど、トップに立つ迫力というか、カリスマ性はそこまで感じない。

―――私はその時まだ、この美青年ホストの本性を知らなかった。

射手座 第3話 終


【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
戸部淳子 射手座28歳 ジュエリー卸業
ヨーロッパ圏でのホームステイなど、学生の頃から海外経験が豊富で、英語がそこそこ堪能。国外から宝石を買い付けて、ブティックやウェデイング業界に卸している。若さの割に目利きであると評されるところも。イタリア人の彼氏・クリスがいるが、性に奔放で何かとトラブルが起こりやすい。


(C) AbElena / Shutterstock
(C) Tuzemka / Shutterstock