恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

私が一番幸せを感じる瞬間|12星座連載小説#100~魚座7話~

文・脇田尚揮 — 2017.6.19
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第100話 ~魚座-7~


前回までのお話はコチラ

「話聞いてくれてありがとね……まぁ、ちょっとした愚痴よ」

麗蘭先生はそう言って、席を立った。

『先生……』

“お辞めにならないで”と言おうとしたけど、言葉に詰まってしまった。

占い師というのは資格のいらない職業。無資格ゆえに、経験と実力だけがモノを言う。そんな世界で生き抜いてきた先生の決めたことだ……誰が止められるだろう。

「先生」

『はい……』

「占い師というのは因果な商売なのよ。でも、先生は他の占い師とは何かが違う。これからも頑張ってね」

麗蘭先生は、寂しそう手を振り去っていった。

考えさせられる。

麗蘭先生ほどの人が、自ら“占い業”を退くのだ―――

占い師は、今、日本に5万人いると言われている。でも、その実態は“ピンキリ”だ。昨日まで主婦だったのに、今日から占い師なんて人もいる。その一方で、麗蘭先生のように実績を積んできたベテラン占い師も。

資格がいらないから誰でも名乗れるんだ。“占い師のあり方”って一体……

そんなことを考えながら、家路につく―――

家には、長男の長輝がひとり。夫のてっちゃんは、娘の夢叶のお迎えで、まだ帰っていないようだ。

今日は久々に、私が家事をしようかな。

長輝はというと、お気に入りのアニメ番組に夢中で、『ただいま』というと「おかえり」とぶっきらぼうな返事が返ってきた。

何かに夢中になっているときは、いつもこう。一体誰に似たのかしら。

夕食の準備を始める。冷蔵庫の中にあるもので、ちゃちゃっと作ってしまおう。

占いと料理はよく似ている。相手から提供された限られた情報をもとに、その人に合った鑑定をする。

占い師は“人生のシェフ”ね。

でも、“美味しい”かどうかはわからない……っと。フフフッ。

フライパンをひっくり返す。中のチャーハンがクルンと宙に舞う。

私はこのまま占い師という仕事を、ずっと続けていくことができるのだろうか……。

霊感があるわけでもないし、超能力を持っているわけでもない。言ってしまえば、星占いに少し詳しくて、タロットカードを扱える“普通の主婦”なのよ。だんだんと不安になってきた。

占い師は、自分の人生をみることはできない―――

“占い師あるある”を思い出した。不便なものね。

占い以外で、人の役立てるような何かを身に着けたい。そんなことを思った。

「ただいま~」

玄関がカチャ開くと同時に、元気な声が聞こえてきた。夢叶とてっちゃんのご帰宅だ。

『おかえり』

朝、幼稚園に行く時はグズっていたのに、随分とご機嫌ね。いつものことだけど。

「あ! 今日はママのチャーハンだぁ!」

『あ、ちょっとちょっと、まずは手洗いとうがいをしていらっしゃい』

「はぁい」

プーっという顔で洗面所へ向かう娘。

入れ替わりに、てっちゃんが台所に入ってくる。両手には買い物袋を下げていた。

「お、今日は早かったんだね」

ほら、と言って買ってきた食材を見せてくれる。本当にいつも助かるわ。

「何か手伝えること、ある?」

『ん、大丈夫。ゆっくりしてて』

たまには家事くらいちゃんとしなくっちゃ―――

長輝がテレビを見終える頃には、麻婆茄子とチャーハン、餃子が完成していた。

「わぁ、すごいねママ。美味しそう」

長輝が、今にもつまみ食いしそうな勢いで、お皿を覗き込む。

『待って、みんなが揃ってからね』

数分後、お風呂から上がった夢叶とパパが到着。

家族全員揃って「いただきます」の時間だ。私が一番幸せを感じる瞬間だ。

「今日はどうだった?」

てっちゃんが、夢叶に餃子を取り分けながら聞いてくる。

『うん、仕事は至って普通だったよ。少しディープなお悩みもあったけど』

「そっか、人の悩みを聞くって大変だよなぁ。職場に心理職のヤツがいてさ、そいつも愚痴をこぼしていたよ。人の悩みばかり聞いていると疲れるって。最近じゃカウンセラーがカウンセリングにかかるなんてこともあるらしいよ」

―――てっちゃんの何気ない言葉の中に、“何か”が見えた気がした。

『ねぇ、それもう少し詳しく聞かせて?』

「ん? ほら公務員でも心理職っていうのがあるんだよ。カウンセラーとか」

『カウンセラーか。……ねぇ、それって誰でもなれるものなの?』

「いや公務員になるには年齢制限があるよ。ただ、民間資格なら、勉強すれば誰でも取れるんじゃない? ……まぁ、臨床心理士とかは厳しいだろうけど」

『なるほどね……』

てっちゃんは博識だ。私の質問にいつも的確に答えてくれる。

「どうしたんだよ、突然?」

『ねぇ、もしも私が通信講座でカウンセラーの資格を取りたいって言ったら、てっちゃんは許してくれる?』

可愛く尋ねてみた。我が家は今日も平和だ。


【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
和辻花子(フレイア華) 魚座33歳 占い師
既婚者であり、夫に和辻哲夫、子供に和辻長輝(9歳)と和辻夢叶(5歳)がいる。家庭と仕事の兼ね合いで悩みつつも、占い師としてそこそこの人気を得ている。しかし、あるお客の鑑定をきっかけに、占いの限界を感じて心理カウンセラーの資格を取ろうと考える。


(C) Undrey / Shutterstock
(C) kryzhov / Shutterstock