恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「シンデレラ・ストーリー」が崩壊した日|12星座連載小説#99~蠍座9話~

文・脇田尚揮 — 2017.6.16
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第99話 ~蠍座-9~


前回までのお話はコチラ

この時間になっても連絡なし……か。

『ごめんね、チカ。今夜は独りにさせちゃうけど、お利口にしていてね』

帰宅して5分も経っていないが、再び家を出る。タクシーは下で待たせたままだ。

ふと、“過去の出来事”が思い出される。

私が、別のお店で働いていたときに、会長がお店に来たのが全ての始まりだった。まさに、今日の倫子と会長の出会いのようだった。

思い出したくもない―――

その頃の私は、“キャバ嬢”として働き続けることに限界を感じていた。

だから有力者にすり寄り、パトロンになってもらうことで、“自分の城”を持ちたいと考え始めていた。

真田会長は、初めはとても優しかった。どうして経済力も権力もある人が、こんな小娘に良くしてくれるのだろう……? それが私の感想。

美味しいものを沢山ご馳走になり、普通のOLでは決して味わうことができない贅沢をさせてもらったわ。そして私に会うためだけに、お店にも足しげく通って下さった。もちろん、毎回数人の黒服を連れて信じられない額を使ってくれて……私は、それからずっとナンバーワン。

夢のようだった。

悪い夢……いえ、良い夢。

こんな私でも、“シンデレラ・ストーリー”の主役になって良いんだ。

そう思えた瞬間、子供の頃から心に引っかかっていたものがとれ、ピリピリした自分と決別できた。それと同時に、本気で会長に惹かれ始めていた……。

そんな想いが、打ち砕かれたのは知り合って3ヶ月後のこと。

いつものように二人でロマンチックな時間を過ごして……

そう、ちょうど今くらいの時間かしらね。あの、“新宿のマンション”に誘われたのは。

これでも世慣れしているつもりだった。でも、その日私は、この世に“本当の怪物”がいることを知った。

部屋の奥、会長が寂しげに椅子に腰掛け……奥から十数人の男達。私の身体が犯され貪られる中、泣いても叫んでも会長は止めてくれなかった。

永遠とも感じられる時間の中で、私の中で“何か”が壊れてしまった。

女としての尊厳を踏みにじられて、それを見た会長は“泣き笑い”のような表情で私の名前を呼んでいた。もしかすると、本当に泣いていたのかもしれない。

彼は愛する者を裏切り、信頼を破壊することにこそ、快感を覚える男だった。自分が愛(め)で、大切にしている存在が、自分以外の何者かによって滅茶苦茶にされることでしか、満たされないのだ。

shutterstock_508579162 (1)

これはきっと治らない―――

私は、そう確信した。

日本がまだ貧しかった時代、彼がまだ少年の頃の話だ。実母を目の前で亡くした、と聞いたことがある。それは悲惨な事故だったらしい。死にそうになりながらも、彼を必死に守ろうとした母親の姿が、脳裏に焼き付いて離れないと言っていた。

その後、父親は再婚。多忙な父は家にはなかなか帰ってこず、義母と2人きりの生活が続いたという。寂しさから義母は冷たく当たってきたらしい。最も多感な時期に、彼は誰からの愛も受けることなく育ったのだ。

しかし、そんな不遇さに負けるものか……と、自分を磨きのし上がってきたという。生き残るために、誰よりも強くあろうと。

―――なんて愛おしい人なんだ、と私は思った。

私も幼い頃から父親のいない環境で育ってきた。もしかしたら、私なら会長の心の闇を少しでも照らすことができるかもしれない……。そう思って、ずっと尽くしてきたつもりだ。

そう思えばこそ、私は彼の“お人形”になれた。

でもその後、会長は私の他に、何体もの“お人形”を持っていることを知ってしまった。

私ひとりなら、いくらでもこの身を捧げ続けたのに、彼は新しい人形を見つけては弄び、壊し続けようとする。

私は、私が“最後の人形”になるようにと、どんな望みも受け入れてきた。これからもそうするつもりだった。それなのに……!

私は、新宿……例のマンションへと向かっていた。

決して癒えることのない傷を負った彼を、私一人でどうにかできるわけはない。それは、重々承知だ。

しかし

彼のためならどんなことも厭わないという愛、銀座のママとしてスタッフを守らなくてはという責任、そして男に人生を支配されたくないという強い想い。

それらの全てが、私の身体を突き動かす。ひと言では語ることができない、湧き上がるようなこの想い。それが私をこのマンションに来させたのだ。

部屋の鍵は持っている。これまで鍵を使わず、エントランスで呼び鈴を鳴らしていたのは、私なりの会長に対する敬意だった。

でも、今回は必要ない。

エレベーターに乗り、恐らく今日が最後になるであろうこの場所からの夜景を眺める。

会長が見てきた景色は、この50年でどう変わってきたのだろうか。私は知る由もない。

“お人形部屋”のドアの鍵を開ける。

ここまで、こんなにもすんなり来られたのは、きっと会長がそう仕向けているからだろう。完璧主義なあの人のことだ。全て想定内のはず。

分かっていながら、私はドアを開けた―――

蠍座 第3章 終


【これまでのお話一覧はコチラ♡】


【あわせてコチラもチェック♡】
この手があった!便秘、下腹、体重の変化が!anan総研(PR)

【今回の主役】
須藤由紀(絢芽) 蠍座30歳 クラブホステス
豊満な肉体を持つセクシーな女性。貧しい幼少期を経て、自分の身体一つを武器に若い頃から水商売の世界でトップを取り続けてきた。さまざまな男性と情事を重ねる日々の中で、自分の生き方に疑問を感じ、男と女の化かし合いに疲れている。このまま、夜の世界の女帝となるか、それとも……。


(C) Fer Gregory / Shutterstock
(C) Beboopai / Shutterstock