恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

モテるけど…「本当の恋」はまだ知らない|12星座連載小説#95~天秤座8話~

文・脇田尚揮 — 2017.6.12
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第95話 ~天秤座-8~


前回までのお話はコチラ

職場での評価が一変した。薫さんのアドバイスひとつで。

正直、これまで職場で“期待される”なんてことはなかった。だから、仕事に対してこだわりや熱意を持つことはなく、ただ惰性で続けてきた。

でも、昨日からなんだか仕事が楽しいと思えるようになった……かも。

お店のサイト構築をしながら、そんなことを考える。

今日は生憎の雨ということで、お客様も少ない。それを良いことに、私はPCと睨めっこだ。昨夜、薫さんから届いたLINEを見ながら、キーボードを叩く。

少しずつだけど、サイトを綺麗にしていくのは楽しい。

あっという間に時間が過ぎていく……。

「佐々木さん、そろそろお昼休憩に入ったら? そんなにずっと作業していたら疲れちゃうわよ」

来栖さんが声を掛けてくれる。

『ありがとうございます。あともう少ししたら休憩頂きます』

薫さんからの「今シーズンの売れ筋ブランドの商品を、一番目につく位置に出してみて下さい」というアドバイス通りに、商品をピックアップし並べる。

近くのコンビニでサンドイッチと珈琲を買って、少しの時間休憩に入る。

『ふぅ……』

これまで私は、男の人を“尊敬する”という経験がなかった。ただ、自分にとって都合の良い、“アクセサリー”のように考えていたかもしれない。

今振り返ると、私も男性にとって都合の良い女に過ぎなかったのかも。

一緒に食事をしたりデートをしたりしても、チヤホヤしてもらえるのはきっと今だけ。それは分かってる。

手元の珈琲を眺める。

『温かい……』

これまで私は、なんてムダな時間を過ごしてきたんだろう。

男たちからチヤホヤされることに、満足し自惚れていた20代前半。20代後半になってからは、経済力がある男を見つけて結婚するために奔走してきた。

恋しているようで、全くしてこなかったなぁ……。

昔、“ある本”を読んだことがある。詳細は覚えていないのだけど、たしか……孫と二人暮らしの漁師のおじいさんの話。ある日、おじいさんが病気になってしまったのよね。

そのとき、珈琲を飲みながらおじいさんが孫にこう言った。

「釣った魚をくれる人より、魚の釣り方を教えてくれる人の方が優しいんだよ――」

当時は、この言葉の意味があまり分からなかった。釣った魚を貰える方が、楽チンでいいじゃんって思っていた。

……でも、今なら分かる。

人に魚を釣ってもらい、与えてもらうことが当然になっていたら、釣ってくれる人がいなくなってしまった時、どうすることもできないのだ。

“釣り方を教えてくれる人の方が優しい”というのは、そういうことだったんだろう。

おじいさんは、孫に魚の釣り方を教えて……それからしばらくして亡くなった。孫はその後、村一番の立派な漁師になったのよね。技術や知識というは、血肉となって人を支え続けるのよね。

―――そして、自信を与えてくれる。

それはとても“優しい”こと。そんな優しさを、私は薫さんに感じているのかもしれないわね……。

カップの中に残っていた珈琲を飲み干し、また職場に戻る。

それから夕方まで、時々売り場に立ちつつも、サイト構築に取り組んだ。

「佐々木さん、私にできることがあったら言ってね……じゃあ、また明日」

鈴森さんが、伏し目がちに話かけてくれた。

『はい、その時はよろしくお願いします。お気をつけて』

もうそんな時間か……、私もそろそろ帰らなくちゃ。でも、あともう少し。

自宅でも仕事ができるように、パスワードをメモし、帰り支度に取り掛かった。

『それじゃあ主任、私はこれで失礼します』

「ありがとうね、佐々木さん。帰りは気をつけてね」

来栖さんに挨拶をして、店を出る。外に出ると、朝降っていた雨は上がっていた。

―――帰宅してすぐに、マイPCを立ち上げる。これまで、仕事を家に持ち込んだことなんて一度もなかった。こうして自宅残業をするなんて、何だか不思議な感じ。

パスワードを入力して、サイトの管理者ページに入ると……。

『あれっ?』

ページがちゃんと表示されていない。

『おかしいな……』

ネット接続に問題はなさそうだ。でも、何度更新してもページが表示されない……。

そこからPCを触ること10分。何も変化なし。

『ヤバ……』

どうしようかと考えた結果、私は薫さんに電話で聞いてみることにした。

少し、緊張する。LINEの通話ボタンを押す指が、少し震えている。

思い切って……、

『えいっ!』

別に……ちょっと分からないことを聞くだけだもの。

――コール音が数回鳴った後、

「はい、四谷です」

薫さんの声だ……!

『あ、あの……佐々木です。サイトのことでちょっと分からないことがあって……』

「どうされたんですか!?」

『サイトが表示されなくなってしまったんです』

「え、それは大変ですね。分かりました。ちょっと待って下さいね…」

スマホの向こうで、カタカタとキーボードを打つ音が聞こえる。

「本当だ……ページが表示されていませんね」

『薫さん、どうしたら良いでしょうか?』

「分かりました。少し待っていて下さい。……ふむ、今から私がそちらへ向かいます!」

『あ……』

この人、なんて頼り甲斐があるんだろう。

―――私の心臓のドキドキは、ピークに達していた。


【これまでのお話一覧はコチラ♡】


【あわせてコチラもチェック♡】
この手があった!便秘、下腹、体重の変化が!anan総研(PR)

【今回の主役】
佐々木恭子 天秤座27歳 アパレル店員
センスがよく整った容姿の女性。男に困ったことがなく、広く浅く男性と付き合う、いわゆる“リア充”である。将来の夢は玉の輿に乗ることで、毎週タワーマンションで催される会員制パーティー『ロイヤル・ヴェイル』に参加している。仕事仲間からは陰口を叩かれているようである。


(C) Paulik / Shutterstock
(C) GaudiLab / Shutterstock