恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

彼氏に振られ、ブスになっていく恐怖…|12星座連載小説#66~牡牛座6話~

文・脇田尚揮 — 2017.4.26
12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

【12星座 女たちの人生】第66話 ~牡牛座-6~


前回までのお話はコチラ

『それでは、お先に失礼します』

「はい、お疲れ様」

春日先生に挨拶して、玄関で靴を履こうとすると、

「あ、清水先生」

『はい?』

「最近、だんだん仕事の要領が良くなってきているわね。……頼りにしているわよ」

『あ……ありがとうございます!』

「でも……たまに何か考え事しているみたいだけど、大丈夫? 何かあったら、いつでも相談してちょうだいね」

『はい……』

見抜かれていた。

認めてもらえたことは嬉しいけど、このままだと大きなミスをしてしまいかねない……。いつになったら、彼のことを忘れられるんだろう。

もう一度、春日先生に軽く会釈して、園を後にした。

ほんのり暗い群青色の空の上には、“一口かじったお饅頭”のような形の月が出ている。今日は満月に近いのか……どうりで明るいはずね。

『帰ろっと』

――自転車のペダルに足を掛け、自宅に向かって漕ぎ出す。

祥子……彼女とは、短大の頃からの腐れ縁。

そう、雅俊さんと初めて会った合コンをセッティングしてくれたのも、実は彼女。

だから、私と雅俊さんとのことを、ずっと一番近いところから見てきたし、別れたことも勿論知っている。

「和歌子と雅俊さん、いつゴールインするの?」

って、会うたびに聞かれてたっけ。恥ずかしいながらも、嬉しかったな。

でも、もう私たちダメになっちゃったし……、正直会いたくない。

ましてや、他の男の人を紹介されるだなんて、考えられないよ……。

――無意識にペダルをこぐ足に力が入った。

いつもより早く家に到着した。少し腹立たしく思いながら、ペダルを思い切り踏みつけていたからかな。ははは……。

鍵を開け、普段と同じ場所にカバンを掛け、普段通りお風呂を沸かす。冷蔵庫の中は……OK。今夜は揚げ出し豆腐に、明太子スパゲティ、ハンバーグかな。

うちの冷蔵庫はいつも食材でパンパンだ。空っぽになるのが不安で、週にだいたい二回、特売の日に買い込むクセが、私にはある。

『お腹すいた……』

一つ一つレンジで温め、テーブルの上に乗せていく。

そしてテレビを、ぼーっと見ながらパスタとハンバーグを交互に口に運ぶ。

食べている時間は、私にとって至福の時間。この時だけは、嫌なことも忘れられる。

揚げ出し豆腐を食べ終わり、最後にデザートのプリンを頬張る。

『ふ~~~』

お腹いっぱい。

よく食べるねって、周りの女友達から言われるけど、雅俊さんが「わかちゃんの美味しそうに食べている姿、好きだよって」言ってくれたから、よく食べるようになっちゃったの。

でも、雅俊さんと別れて以来、どんどん太ってきている……みたい。怖くて体重計には乗ってない。このままブクブクと太って、一人ぼっちで死んじゃうのかな……。

そう考えると、目の前がゆらゆらと波打ってきて……、そして涙が頬をつたってひと粒、ふた粒と滴り落ちる。

『うう……、うえぇぇ……ん』

テーブルに突っ伏して、子供みたいに泣きはじめる。なるべく声は出したくないのだけど……、我慢できない。

もう、色々寂しいよぉ。


どれくらいの時間泣いていただろう、泣き疲れちゃった。涙と鼻水でグシャグシャになった顔を、ティシュで拭く。

……もうお風呂に入ろう。

テレビの電源を切り、脱衣所で服を脱ぐ。

浴室のドアを開けると、湯気がモクモクと立ち上ってる。

私はどんな日も、シャワーだけでなく、湯船に浸かるようにしている。これは、小さい頃から変わらぬ習慣のひとつ。

雅俊さんとも、一緒に入って身体を洗いっこしていたな……

ひと通り、体を洗い終え、バスタブの中に身体を沈める。

このまま、どんどんデブになって、ブスになっていくの、嫌だな……。見た目だけじゃなく性格も歪んできて、誰にも相手にされないままアラフォーになるなんて、サイアク。

街で雅俊さんとバッタリ会ったりなんかしたら、もう恥ずかしくて生きていけないよ……。

きっと雅俊さんは私に気づきもしないんだ。年上の女と幸せそうに歩いていて、もしかして子供もいたりして。

そう思ったら、急に怖くなってきた。

祥子に返信しなきゃ―――

ザバァ

いてもたってもいられなくなり、お風呂を上がる。

バスタオルで適当に身体を拭き、まだ濡れている身体にパジャマを羽織る。

そして、スマホを手に取る。

「こんばんは祥子。ありがとうね。良かったら紹介してもらえる?」

返信した。

オトコがいれば、私だって体型とかオシャレに気を遣うだろう。彼氏が欲しいというより、雅俊さんに“気づかれないような醜い容姿になる”ことの方が怖かった。

すぐに祥子から返信が来た。

「OK、いいよ! じゃあ今週末の20時に有楽町で待ち合わせね。頑張れよ!」

緊張。勢いで送っておきながら、少し後悔した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこからは、何だかフワフワした感覚で日々をやり過ごした……。

そして当日。

実はあまり乗り気じゃない。というか、誰にも会いたくない。生理がきてしまったということもあり、怠くてたまらない。

――有楽町には2時間前に着いた。

念のために、薬局でナプキンを買っておこう。……ん? メガネの美人さんがレジに並んでいる。

キレーな人……。私もあんなふうにスラッとしていたらなぁ。ふわっといい匂いを漂わせ、その人は去っていった。

時間は、まだ18時10分。何だかお腹もすいたし、モヤモヤする。

……景気づけに、銀座でお寿司でも食べよう!

緊張と生理で、自分でもよく分からないコンディションだった。

手頃で美味しい『味源』が一番ね。徒歩10分か……。少し早歩きでお寿司屋さんへ向かう。

お店ののれんをくぐると、ちょうど席が空いていて、すぐに座ることができた。

注文してすぐに、“竹セット”が運ばれてくる。

一口、口に入れると……

オイシ~~!

パクパクと食べて、……あっと言う間に完食。

さすが『味源』ね。どんな人が食べに来ているのか、好奇心からチラッと横目で見てみると、これまたセクシーでスタイルのいい女の人。夜のお仕事かな。さすが銀座近くには、美人も多いわね。

よし! お腹も落ち着いたし、行くか。約束の時間まで30分を切っていた。

牡牛座 2章 終



【これまでのお話一覧はコチラ♡】

【今回の主役】
清水和歌子 牡牛座28歳 保育士
子供好き。学生の頃から付き合っていて、結婚まで考えていた彼(飯田雅俊)に振られる。彼との恋をずっと引きずっており、復縁を望んでいる。ややぽっちゃり体型だが、男ウケする柔和な笑顔が特徴的。結婚していい奥さんになるのが夢。友人の紹介で、同郷の志田秀と引き合わされ、淡い恋心を持ちながらも、過去を忘れられずに苦しむことに。

(C) maradon 333 / Shutterstock
(C) Ollyy / Shutterstock