恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

会社を辞めて、こうなった。【第28話】 心理学者カール・ロジャーズに学ぶ、英語も「話す」より「聞く」!

2015.12.28 — Page 1/2
念願叶い、バークレーに入学した筆者・土居。最初の成績は、A+。しかし、「どうにか逃げ切った」、という印象。そのわけは?
 

【第28話】心理学者カール・ロジャーズに学ぶ、英語も「話す」より「聞く」!

初学期。成績は?

12月18日に今学期最後の期末試験を受け、バークレー心理学部での初学期を終えました。成績は、A+。つい半年前までドクター・スースの絵本を読みながら英語を勉強し、心理学の知識もゼロの私ですから正直信じられません。どうにか逃げ切ったとしか言いようがありませんね。だからといって人に説明出来るほど授業の内容をよく理解できたのかと言われると、NO。膨大な心理学用語や薬の名前を最終的にはアルファベットの形で覚えていましたからね…(まさに形状記憶!)。こういう記憶は短期記憶と言って数日は持つのですが、残念ながら定着しません。マークシート形式のテストで「このなかでどれが正しいの?」と聞かれたら「あ、これこれ。このカタチだった!」と答えられますが「ではそれを自分の言葉で説明しなさい」と言われたとたん、「えっとー、うーんとぉ」という感じでしどろもどろになってしまいます。人の心を学ぶという心理学を勉強しながら、満足にコミュニケーション出来ないとは致命的な問題。つまり、まだスタート地点にも立っていないということですね。

強く主張しなきゃ、なめられる?

クリスマスはRio Vistaにあるハウスオーナーのご家族のお家におじゃましました。犬なみに懐っこい羊たち。
クリスマスはRio Vistaにあるハウスオーナーのご家族のお家におじゃましました。犬なみに懐っこい羊たち。

アメリカに来る前に「日本で編集者をやっていた」と強く主張したほうが良いとよく助言されました。もはや大学生とはいえない年齢で、ただ単に勉強しているだけでは「一体何をやっているんですか、あなたは」と見くびられると。確かに英語の勉強をしていたときは年齢を言うと「子どもも産まずに何をやっているの!」とアジア系アメリカ人女性に叱咤されましたし、今も「心理学の勉強をしている」と言うと、「graduate student(大学院生)?」と尋ねられます。そう聞かれるたびに、大学院なんて今は夢のまた夢、大学生の授業ですらついていくのに必死な自分がとても至らなく感じてしまいます。でも女性誌の編集者だったと言って、「クール!」と言われるたびに後ろめたさも感じるんです。ただ目の前のことを一生懸命やってきただけで、私自身は全然クールじゃないから。強く主張するというのも私のスタイルではないし、かといって何も言わないと理解してもらえない。どうしたらいいんだろう…?

カール・ロジャーズとは?

バークレーの街並みも美しくライトアップされています。
バークレーの街並みも美しくライトアップされています。

そう思っていたとき、授業でカール・ロジャーズという心理学者について少し教わりました。カール・ロジャーズとは、人は本来善いものだと考えるヒューマニスティック心理学者のひとりで、彼は種が芽となり育っていくように人間もまたそれぞれの美点を伸ばそうと人生の中で懸命に努めていると考えています。厳格なプロテスタント教徒の家庭で育ち、牧師を目指して神学を学んでいたというロジャーズ。キリスト教に基づく人間観には、人は生まれながらに罪を背負い、そこから脱出する自由を持たないという「原罪」という強い考えが根本にあります。そこに疑問を感じた彼は心理学を学び、代表的なヒューマニスティック心理学者になるのです。私の尊敬するアメリカ人思想家にラルフ・ウォルドー・エマーソンという人がいるのですが彼と少し通ずるところもあり、直感的にロジャーズに惹かれたのです。そこで彼についてもっと知りたいと調べているうちに出合ったYouTubeの動画。そのなかでロジャーズはクライエント(彼は患者とは呼ばず、クライエントと呼びます)をカウンセリング中に悩んだとき、ただその話に注意深く耳を傾けるようにしたと。そしてそれがどんな能動的な手法よりも有効であることに気づいたと言います。相手の気持ちに寄り添いながら、言葉の裏側にある感情と対話するのです。