恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【K-POPの沼探検】KARA出身のスンヨンさん日本語作詞に挑戦! #13

文・尹 秀姫 写真・加藤 淳 ムービー・千葉 諭 — 2017.2.7
KARA出身のスンヨンさんが、日本で初めてのソロアルバムをリリースしました。そこで日本語で作った歌詞の事、恋愛の事などなど、聞いてきました。撮り下ろし動画もチェック!

【ペンになっていいですか!?】vol. 13

今回のアルバム『宇宙』についてインタビュー

DSC03981a

日本でもっとも愛されたK-POPガールズ・グループのKARA。なかでもスンヨンさんは “ハムちゃん” という愛称で男女問わず愛されてきました。今回は、スンヨンさんの日本での1stソロミニ・アルバム『宇宙』のリリースを記念してインタビューを敢行。あいかわらずのキュートさに加えて、大人の女性の魅力も増して、思わずドキッとしてしまうこともたびたびでした。久しぶりの日本にときめきを抑えられないスンヨンさんのインタビューをご覧ください!

--今回のアルバムにはスンヨンさんが作詞に参加している曲がいくつかありますが、なかでもリード・トラックの「宇宙くん」は完全にスンヨンさんが作詞していますよね。

スンヨン 今までも韓国語での作詞はいくつか手がけていて、ハラちゃんのソロ・アルバムにも作詞で参加したことがあったり、作詞自体は初めてではないんです。だけど、KARAとして活動していたときは自分の作詞した曲で活動したことがなかったので、今回「宇宙くん」がリード・トラックになってしまったことにはすごく驚いたというか、正直プレッシャーを感じてます(笑)。サビの部分はファンのみんなと一緒に歌えるようにという思いを込めて書いたというのもあって、この曲が世に出るのはすごくうれしいんだけど、「本当にこの曲がリード・トラックでいいの?」っていうのは、MVを撮っているときですら考えてました(笑)。

DSC03996a

--日本語での作詞もありましたが、難しかったところは?

スンヨン 日本の文学を読んできてないというのもあって、やっぱり言葉がどこか子供っぽいみたいで、それが悩みどころでした。でも逆に、韓国で最近よく使う表現を日本語に訳して使ってみたらどうだろうとか、そういう試みはできましたね。日本の友達にどう思うか聞いてみたら「これは日本語としてはおかしい」とか「むしろ面白いと思う」とか、年齢と性別によって意見がかなりわかれてしまったので、じゃあもう自分の好きなように書こうかなと(笑)。「君は私の宇宙」っていうフレーズも、最初は “宇宙” じゃなくて “世界” だったんですよ。でも “世界” という単語が出てくる曲はたくさんあるし、もっと特別な感じを出したくて、いろいろ考えついてたどり着いたのが “宇宙” だったんです。“世界” では足りなくて、“宇宙” まで来てしまいました。

DSC04025a

--アルバム収録曲の中で一番自分に似ている曲は?

スンヨン 「彼と私」ですね。歌詞に出てくる「一日中部屋に引きこもってぼんやりして」っていうのは完全に私のことです(笑)。この曲は最初からファンソングとして書いたものなんですけど、歌詞の内容はそのまま私のストーリーになってるんですよ。私は本当にインドア派で、家が大好きなんです。でも両極端な性格というか、家にこもるのが大好きなのに、仕事と練習のためなら外に出たいと思うし、おうち最高!って思ってるくせに、すぐ日本に飛んでいっちゃう。両親には「あなたみたいな性格の子が芸能人なのが不思議」ってよく言われます(笑)。

DSC03992a

--恋愛を歌った曲も多いですけど、スンヨンさんにとって恋愛とは?

スンヨン 恋愛をしているときの私は意外にクールなんですよ。好きで好きでしょうがないときでも、部屋でひっそりと日記に恋心を綴ったりしてます。女友達には気軽にいたずらできるけど、男性相手だとできなくて。心の中ではちゃんとドキドキはしてるんですよ。でも、愛想よくできないというか。だから片想いの方が好きですね、純粋に恋を楽しめるので。告白しなくても誰かを好きな自分がかわいいと思えるし、ドキドキ感を楽しんだりしてます。本当は私も好きな人に甘えたいんですよ。でも、できないですね(照)。

--ちなみに、好みのタイプは?

スンヨン 落ち着いた人がいいですね。見た目にこだわりすぎない人がいいです。

DSC_0186a

--たとえば日本でデートするならどんなところに行ってみたい?

スンヨン 去年、神奈川の佐原海岸というところで写真集の撮影をしたんですけど、町並みがすごく素敵だったんですよ。海ももちろんきれいだったんだけど、ちょっと古民家風な建物が並んでいたり、そういう古い町並みを眺めながらゆっくりとデートしてみたいなって思いました。

DSC04003a

--日本での活動も期待していいですか?

スンヨン みなさんがたくさん応援してくれたらできるんじゃないかと思ってます。今回のリリース・イベントには北海道から来てくれたというファンの方がいて、すごくうれしかったです。みなさんの応援があれば、これからも日本で活動していけると思うので、がんばりたいと思います!

--今回、ソロ・デビューするにあたってKARAの元メンバーからのメッセージは?

スンヨン 実は昨年のクリスマスにファン・イベントを行ったんですけど、その日にちょうど同じ品川でジヨンちゃんもイベントをやってたんです。それで、ファンのみんなにはサプライズで、おたがいのイベントに映像でコメントを送り合いました。あと、今回のジャケット写真が公開されたときにニコルちゃんから「写真かわいいよ!」ってメッセージをもらいました。

--最後に、日本のファンのみなさんにメッセージをお願いします。

スンヨン 今回、久々に長い時間、リリース・イベントで日本のみなさんに会えてうれしかったです。これからも、みなさんと一緒ならきっともっとやれることがたくさんあると思うので、私も韓国に帰ってからもがんばって準備して、またたくさん日本に来れるようにがんばります。応援よろしくお願いします!

DSC_0256a

スンヨンさんのインタビューとメッセージ動画はこちらから!

Information

ハン・スンヨン ファーストミニアルバム『宇宙』

タワーレコード限定販売

http://tower.jp/artist/1683179/Han-Seung-Yeon?kid=pafvc

HAN SEUNG YEON JAPAN OFFICIAL FANCLUB
http://www.hsyfan.com

写真集『19880724 おはつ、わたし』

newcover01_front

価格:5,400円(税込)
発行:ぴあ株式会社
BOOKぴあ(piabook.com) にて販売中
(C)韓流ぴあ/WIDMAY

【K-POPの沼へようこそ♪】
【K-POP連載】#1 ASTRO 気になる、ハマる、K-POPの沼探検。
【K-POPの沼探検】#2 ASTRO ショーケースレポ
【K-POPの沼探検】#4 iKON登場!