恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【K-POPの沼探検】#11 PENTAGON初来日!

写真・小笠原真紀(スチール)、千葉 諭(ムービー) 取材、文・小泉咲子 — 2016.12.28
2016年に韓国でデビューしたばかりの10人組PENTAGONが、早くもananwebに登場です。10人10色の魅力をご紹介します!

【ペンになっていいですか!?】vol. 11

5つの要素を兼ね備えたPENTAGON=五角形

後列左から、イェンアン、イドン、ウソク、フイ、シンウォン、ヨウォン、中・ジンホ、前列左から、ユウト、キノ、ホンソク
後列左から、イェンアン、イドン、ウソク、フイ、シンウォン、ヨウォン、中・ジンホ、前列左から、ユウト、キノ、ホンソク。

デビューのきっかけは、韓国で放送されたサバイバル番組『PENTAGON MAKER』。デビューを夢見る練習生たちが、「歌&ラップ」「ダンス」「チームワーク」「タレント性」「マインド」の5つのカテゴリーで競い合いました。それで、PENTAGON=五角形なんですね。番組内では、BEASTのジュンヒョンさんやヨソプさんの審査を受け、高い評価を得ました。

無事、サバイバルをクリアした10人は、2016年10月10日(10並び!)、タイトル曲『Gorilla』で満を持してデビュー。初活動期が終了したと思ったら、12月7日はミニアルバム『Five Senses』をリリース。超高速カムバックです。その間には、日本初のショーケースを開催し大成功。勢いにのるPENTAGON、大注目です!

日本人も!国際色豊かなメンバー

取材は、ショーケース前日に行われました。カムバックに初来日が重なり、相当疲れているのでは…? そんな取材陣の心配をよそに、元気いっぱいのPENTAGON。ホワイトボードに落書きしたり、お菓子をつまみながらお喋りしたり。差し入れの天むすには大歓声!「ここは男子校⁉」と思うような和気あいあいとした雰囲気のなか、撮影&インタビューは進みます。

キノ、フイ、ジンホ、イドン、ヨウォン。
左から、キノ、フイ、ジンホ、イドン、ヨウォン。
_DSC2417
左から、ウソク、ユウト、ホンソク、シンウォン、イェンアン。

PENTAGONの武器のひとつといえば、日本人のユウトさん、中国人のイェンアンさんがいること。もちろん韓国人メンバーも魅力たっぷりで個性的。10人それぞれが放つ魅力を、取材現場のエピソードを交えて紹介します。

質問
1.他のメンバーには絶対に負けないもの 
2.宿舎での役割は?

フイ 1993年生まれ。メインボーカル。質問に率先して答えてくれたしっかり者のリーダー。愛嬌にも定評があります。1.いたずら。最近では、シンウォンくんが注文した服が届いた時、僕がそれを着ちゃって「ヤッホー!」と登場しました(笑)。シンウォンくんに限らず、誰にでもいたずらを仕掛けます。2.リーダーとして、宿舎でも司令官役を務めています。

ジンホ 1992年生まれ。メインボーカル。8年もの間、練習生を続けてデビューの夢を叶えた苦労人。インタビュー中、話しているメンバーの顔を見てずっとニコニコ。長兄の優しさに溢れていました。1.バラード。ふだんから感情を揺さぶる曲を聴いて勉強しています。2.目覚まし係。どれだけ疲れていて1、2時間しか眠れなくても、ちゃんと目が覚めるので。

ホンソク 1994年生まれ。ボーカル担当。大学をアメリカで過ごし、英語が堪能(発音がきれい!)。中国への留学経験もアリ。カメラマンに「かっこいい感じで」と言われても、ひとりかわいい表情をしてしまうお茶目な一面も。1.パワー。誰よりも重たいものを持てます。ジムに行ったら、70kgのベンチプレスを持ち上げられます。2.掃除。部屋は常にキレイです。

イドン 1994年生まれ。ラップ担当。3人いるラッパーの中で、高音が特徴。作詞作曲に加え、振付も担当するなど多彩。趣味もスケボー、自転車、ショッピング、アニメ鑑賞とたくさん。撮影時、隣のヨウォンさんやジンホさんにかわいく絡んでいました。1.作詞。ふだんから思いついたらすぐにスマホに書き留めようと心掛けています。2.弟たちの教育。大事な役割です!

PENTAGON,キノ、フイ、ジンホ、イドン、ヨウォン
5人ごとに撮影したいとお願いすると、全員一致で身長別での撮影が決定。こちらのチームは、キュートな寝顔で勝負!

シンウォン 1995年生まれ。ボーカル担当。特技が “モデル” というだけあり、グループ内ビジュアル担当との呼び声高し。撮影でも、コートを肩から外してみるなど、カッコいいポージングをバシバシ決めていました。極度の犬恐怖症。1.肩。肩幅が他のメンバーよりも広いんですよ。2.散らかし役(笑)。ルームメイトのホンソクくんが片付けてくれます。

イエンアン 1996年生まれ。ボーカル担当。中国・上海から渡韓して約1年でデビュー。インタビューでは、中国人のイェンアンさんが話す韓国語を日本人のユウトさんが訳すというなんともインターナショナルな場面が。1.中国語。「ツァースオザイナー」を覚えておくと便利。意味は…「トイレはどこですか」(笑)。2.静かなムードを出す役、かな。

ヨウォン 1996年生まれ。ボーカル担当。中国出身のイェンアンさんに、韓国語を教えてあげるなど面倒見のいい性格。1.セルカ。何枚も撮りまくってコツを見つけました。明るい場所で、カメラを上に構えると上手く撮れます。2.あまり眠りが深くないジンホくんが「今日は寝る」と言った時、みんなに「今日はジンホくんが眠る日だよ」って伝える役。

ウソク 1998年生まれ。ラップ担当。身長はなんと188㎝!“ジャイアントマンネ” の異名をとる。最年少らしい無邪気さを振りまく、グループのムードメーカー。取材場所には、低音で笑う声が響いていました。1.脚の長さ。108㎝あります(ユウトさん訳しながら何度も確認するも、108㎝で間違いないそう)。2.スキンシップ&いたずらが好きな犬!

ユウト 1998年生まれ。ラップ担当。長野県出身。現場でメンバーが盛り上がり過ぎると「静かに~」と言ってくれたり、「anan」について説明してくれたり、本当に頼りになる存在。ご両親が来てくれたショーケースでは号泣!1.声の低さ。自分は、メンバーの中でいちばんの低音ボイスなんです。2.部屋に引きこもりがちな猫(笑)。犬のウソクとはルームメイトです。

キノ 1998年生まれ。ボーカル担当。振付もこなすダンス力に、他メンバーも絶大な信頼を寄せる。ユウトさんを除くといちばん日本語が堪能で、インタビューの答えもほぼ日本語。1.ダンス。ガールズダンスをメンバーに教えて一緒に踊ったこともあります。2.何もしないのが僕の役目(笑)。イドンくんとフイくんと同じ部屋にいるので、誰かがやってくれるんです。

PENTAGON,ウソク、ユウト、ホンソク、シンウォン、イェンアン
180㎝オーバーチーム。モデルばりの容姿の5人で並ぶと圧巻! いったんワチャワチャが始まると止まりませんでした。

日韓中メンバーを擁するPENTAGONが、どんなグローバルな活躍を見せてくれるのか、注目です!それでは、ananweb撮り下ろしの動画をどうぞ。

Information

日本公式ファンクラブ http://pentagonfan.com/
日本公式Twitter ‎@CUBE_PTG_JAPAN