恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【K-POPの沼探検】#10 U-KISS インタビュー!

写真・水野昭子(スチール)、玉田伸太郎(ムービー) 取材、文・小泉咲子 — 2016.12.21
日本デビュー5周年を迎えたU-KISSが登場! U-KISSと言えば、パワフルなパフォーマンスと抜群の日本語力が売り。今回のインタビューも、ユーモアたっぷり、日本語力をいかんなく発揮してくれました(※時々、リーダーの通訳アリ。そこがまたいい!)。

【ペンになっていいですか!?】vol. 10

あなたとキスを…♡U-KISS

‘08年に韓国でデビューした6人組U-KISS(ユー・キス)。’14年にはジュンさんが新加入し、今年、日本デビュー5周年を迎えました。カッコいい、逞しい、面白い、かわいい、賢い、優しい…。どんな形容詞でもぴたりと当てはまる、たくさんの魅力をもったグループです!。

メンバーに愛される末っ子ジュン

――U-KISSの武器は?
イライ チームワーク!
スヒョン 日本語の実力には自信があります。

――5周年のアニバーサリーツアーも見せていただきましたが、パフォーマンスにMCに、チームワークと日本語力のすごさを感じました。
スヒョン 初めてのツアーでは、通訳さんがいなかったんです。その時に、僕らが日本語を話せるようになったら、もっといいステージになると思ったのが熱心に学ぶようになったきっかけです。今では、大きな流れだけ教えてもらったら、あとのMCは僕らが考え、アドリブを交えて話せるまでになりました。

――’14年に加入したジュンさんは、どんなふうにキャッチアップしたんですか?
キソプ ジュンは若いので、覚えるのがめっちゃ早いです(笑)
(その間に、スヒョンさんがジュンさんに質問を韓国語に訳してあげる)
ジュン (日本語で)入ったばかりの時は、全然、日本語ができなかったんです。今もですけど、あの時はもっとヤバくて…。「とくにかく頑張らなきゃいけない」という考えが強かったです。
スヒョン 強くて?
ジュン 日本の曲を聴きながら、知らない単語をメモして調べて、日本の番組やアニメを観て言葉とトークのタイミングを勉強しました。
キソプ 以上?
ジュン はい、以上です(笑)。
フン その調子!

左・フン/撮影の合間にジャケットを脱ぎタンクトップ姿に。メンバーから「ワキ毛が見えてる!」と注意されていました(笑)。中・ジュン/スタッフが通るまで、ドアを開けて待っていてくれるジェントルマン! 右・イライ/あまりに顔が小さいため「撮影では並びたくない…」とフンさん。

日本活動の5年間をプレイバック

――5周年を振り返って思い出すことは?
ケビン ジュンが入ってからの武道館ライブが思い出に残っています。武道館は以前もやったことがありますが、2回目は余裕をもって、より楽しくライブをできました。
イライ 僕は、14年にやった35回のツアーです。あのツアーのおかげでU-KISSは成長できたと思います。
フン 夏で、脚がつっちゃて…。
キソプ あの時の楽屋は、お医者さんがいて病院みたいでした(笑)。

――最新シングル『PaNiC!』にちなみ、この5年間でいちばんパニックに陥ったのは?
フン その35回のツアーです。脚がつった時は、踊れなくてほんっっっとにパニック!

――誰の脚がつったんですか?
キソプ ケビン以外全員です。
フン 『NEVERLAND』の振付がめっちゃ激しくて…。
キソプ 『NEVERLAND』ではなく“ツッター” LANDでした(笑)。
フン 最初はスヒョンさんがつって、僕は、キソプと同時につったんです。そしたら、みんなキソプだけを心配して、ひとり残されました(泣)。
スヒョン フンは「なんで僕のことは気にしてくれないの!?」って(笑)。演技だと思ったんです。だって、僕がつった時にフンは「弱いな〜」と言ったんですよ。フンの脚はつらないものだと信じていたので、キソプばかり心配しちゃったんです。

初のベスト盤を語る!

――ベスト盤『U-KISS JAPAN BEST COLLECTION 2011-2016』では、『僕たちのヒーロー』が初めて収録されました。みなさんにとっての “ヒーロー”は?
フン リーダーのスヒョンさんですね。
スヒョン フンさん、後で10万円あげる!

――(笑)。他の方は?
ケビン&ジュン (同時に)ファンのみなさん。
スヒョン ファンのみなさんは当然でしょう?
フン 当然!
ケビン(キソプがコソコソ耳打ちして)言っても大丈夫かな…?
キソプ(レコード会社の)avex!
全員 爆笑

――新曲「Lots of Love」は、メンバーで作詞したんですよね。
スヒョン ファンのみなさんへの本気のメッセージをひとりずつ書いたものを、Kさんがまとめて、アレンジしてくれた曲です。
フン 全員で一曲を作ったのは初めてでした。

左・ケビン/柔らかな物腰とおっとりした語り口は、癒し度満点。スタッフからも「天使」と愛されています。中・スヒョン/動画撮影もインタビューも、リーダーとして完璧な仕切りを見せてくれました。右・キソプ/’12年の『anan』撮影時に比べると飛躍的に日本語力がアップ!

ソロ&ユニット構想を公開!

――ケビンさんは、今年ソロデビュー。活動はいかがでしたか?
ケビン 心配も不安もあったんですけど、ファンの人たちがたくさん応援してくれましたし、メンバーもエールをくれて、すごく安心できました。ツアーの準備で韓国にいたメンバーが、忙しいのにテレビ電話やメッセージをくれてありがたかったです。
スヒョン あの時、ケビンは大変だったんですよ。日本でも韓国でもツアーの準備をして、ソロ活動もあって。みんなで練習するとき、すごく疲れていたのに一緒に頑張ってくれて、僕らも嬉しかったです。

――もし、ほかのみなさんがソロデビューするなら、アイデアは?
ジュン クリス・ブラウンみたいに、ギャップのある曲を作りたいです。スタートはバラードなんですけど、いきなりダンス曲に変わるような。
ケビン すご~い!かっこいい~!!

――ユニットでもいいですよ。
スヒョン キソプさん、前に言ってたじゃん!ほら!
キソプ ……。
全員 爆笑
キソプ ソロでもいいですか?……冗談です(笑)。僕は、リードが上手なスヒョンさんとやりたいです。
スヒョン(わざとらしく)へえ~!

――写真撮影のときも、キソプさんは「スヒョンさんと撮りたい」と指名していましたよね。特別な感情が?
フン そう言うと、スヒョンさんが10万円くれるからです(笑)。
キソプ そういうことじゃないです。スヒョンさん、好きです!
イライ 僕は、同じラッパーのジュンとヒップホップユニットを組みたいですね。
ケビン 今年の夏のツアーでふたりのユニットがあったんですよ。
イライ 韓国の先輩の曲をカバーしました。
ケビン フンは?
フン 僕は、めっちゃ切ないのと、めっちゃ愛らしい2曲で活動したいです。
スヒョン いやらしい?
フン あ・い・ら・し・い!
スヒョン 僕は…
キソプ スヒョンさんは、もうソロやったことあるから大丈夫です(笑)。
スヒョン いや! 次は、僕はソロで歌って、みんなには踊ってほしいです。EXILEさんみたいに、パフォーマーとして。
ケビン みんなの表情が暗いです…。
全員 爆笑
スヒョン これはカットで!
フン 絶対に入れてください!!
――はい、入れますね(笑)。

‘17年、U-KISSがやりたいことは?

――最後に、’17年の目標を。
ケビン 個人の魅力を全部だせたら、ファンのみなさんも喜ぶと思うので。演技もバラエティもいっぱい活動をしたいです。

――プライベートでは?
ケビン みんなで旅行したい~。
ジュン 行きたいです!
ケビン 札幌に行きたいな。
フン 日本のスキー場、めっちゃすごい!
キソプ 雪がやわらかくて、ベッドみたい♡

――みなさん、滑れるんですか?
スヒョン スノーボードをやります。
ケビン フンさんがいちばん上手いんですよ。
スヒョン みんな滑れなかったんですけど、フンが先生になって教えてくれました。
ケビン 札幌で温泉も行きたいです。
フン みんな裸で!
スヒョン イライさん、すごいんでしょ?
イライ いやいや(笑)。

インタビューに続き、動画をどうぞ!
スヒョンさんとフンさんが夫婦漫才コンビのようです(笑)。

Information

●ベストアルバム『U-KISS JAPAN BEST COLLECTION 2011-2016』が12月17日リリース。
●13枚目のシングル『PaNiC!』、’16年夏ツアーを収録したDVD『U-KISS JAPAN “One Shot” LIVE TOUR 2016』が好評発売中。
http://u-kiss.jp/