恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【夕方寝は肌ボロの元凶!?】眠くなったら覚醒できる動画を公開!|スッキリ寝起き対策 #2

文・小林麻利子 — 2017.4.21
春爛漫! 心地よい季節ですね。しかし「春眠暁を覚えず」とも言いましょうか、あともう少し…となかなかベッドから起き上がれない方も多いことでしょう。 でももしかしたら、その寝起きの悪さ、あなたの夕方の過ごし方が影響しているのかも。そこで、10回に渡りお伝えする「スッキリ寝起き対策」シリーズの第2回目は、朝スッキリ起床するためのコツをご紹介します。

【美人の作り方MOVIE】vol. 16

夕食後にうたた寝していませんか?

意外と多い、夕食後の「うたた寝」。5分だけちょっと寝る…が、いつの間にか1時間以上時間が過ぎていた…ということ、よくありますよね。ですが、夕方~22時までは、睡眠禁止時間。覚醒時間が短縮され脳内の睡眠を促す物質代謝過程が崩れるため、体内時計が後ろにずれ、寝つきや寝起きが悪くなることが考えられます。

また、その時間帯の20分以上の長い仮眠は夜の本番睡眠に影響が及び、夜に深い眠りが得られず、その結果、疲労回復やお肌や筋肉などの再生などが不完全な状態になることも。

昼間のうたた寝は疲労回復や作業成績がアップ

いつも夕方以降に眠くなる方は、いっそのこと15時までにお昼寝をしましょう! お昼寝には、さまざまなメリットがあります。

例えば、非常に疲れるPC作業後に、20分間の休憩と16分間のお昼寝のグループにわけたところ、16分間のお昼寝のほうが眠気、疲労を抑えることができたという研究報告があります。また、別の研究では、仮眠をとったほうが、その後の眠気が低減し、作業成績もアップしたという結果も。

このように、短時間仮眠によって、疲労回復や作業成績が向上することがわかっているので、夕方眠くなる前のお昼寝はおすすめです。

お昼寝は、「昼食後から15時までに20分以内」

お昼寝をするなら、昼食後から15時までに20分以内(55歳以上は30分以内)にしましょう! 最近明らかになってきた、第二の睡眠期が14時前後ということもあるため、それに合わせてお昼寝をとると有効です。

仮眠時間10分~15分で、眠気や作業成績の改善がさまざまな研究で確認されているので、昼食後にデスクでお昼寝をする習慣をしてみてはいかがでしょう。なかなか寝つけない方は、目を閉じるだけでもOK。

夕方に眠くなったら…サルのひじ押しエクサ

夕方にもし眠くなったら、アニマルストレッチ「サルのひじ押しエクサ」を行って、覚醒させましょう!

夕方は1日のなかでも最も体温が高い時間帯ですが、この時間帯に運動によって体温がさらに高くなると、体温の高低差が大きくなるため、夜の寝つきもアップします。

電車やデスクの椅子で座ります。
①肘を曲げて二の腕を背もたれに添えます。
②腕を背もたれに押しつけて3秒キープ。
③キープ後、脱力。3セット

余裕があれば、後ろに押しつけながら肘を伸ばすと、腕の裏側の上腕三頭筋が鍛えられます。ぜひ、行ってみてくださいね!



【これまでのスッキリ寝起き対策】

【衝撃! 6年後に…】寝不足がもたらすコワ~い影響5つ【動画】|スッキリ寝起き対策 #1

お知らせ

生活習慣改善サロン『Flura』(六本木駅3分)では、女性限定でパーソナルボディトレーニングの体験レッスンを実施しています。睡眠・運動・食事・心理など様々な手段で生活習慣を整え、自律神経バランスのよい女性らしい身体を作る指導を行っています。

【体験レッスン】詳細は、こちら(http://fluraf.com/campaign)
内容:課題や症状に合わせた、睡眠指導、入浴指導、運動指導、姿勢指導、歩行指導、心理指導、アロマテラピー指導等。
料金と時間:10000円/90分
ご予約:予約フォーム(http://fluraf.com/reservation


【関連リンク】
「小林麻利子の美人の作り方」まとめ
PROFILE
小林麻利子 睡眠改善インストラクター、温泉入浴指導員、ヨガインストラクター、アロマテラピーインストラクター、食生活管理士、上級心理カウンセラー。「美は自律神経を整えることから」を掲げ、生活習慣改善サロンFluraを主催。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる、「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。講演活動やWeb連載のほか、テレビ・雑誌でも活動中。著書『美人をつくる熟睡スイッチ』(G.B.)が好評発売中!
HP: http://fluraf.com/ blog: http://ameblo.jp/mariko-kobayashi/ 著書『美人をつくる熟睡スイッチ』:https://goo.gl/UEZ2kx 


(C) cyano66/Gettyimages
(C) CreativaImages/Gettyimages