恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【男女のエアコン闘争に終止符!】寝起き爽快につながる寝室の環境|スッキリ寝起き対策 #8

文・小林麻利子 — 2017.6.7
まだまだ夏は先なのに、30度を超える夏日を迎えた地域は多いですね。でも、まだ夏ではないから…と寝室でエアコンを使用していないご家庭は、「ちょっと待った!」。寝起きを爽快にして、翌日の仕事や家事のパフォーマンスupのためには、眠りに適した寝室を作ることは不可欠! 今回の「スッキリ寝起き対策 」シリーズ(全10回予定)は第8回目! 前回までの記事もチェックいただきながら、今回もナイトケアアドバイザー・小林麻利子が爽快に目覚められるコツをご紹介します。

【小林麻利子の美人の作り方】vol. 95

室温26℃、湿度50~60%に

近年、TVやネットで寝室の適切な温度設定について取り上げているので、ご存知の方も多いとは思いますが、正常な睡眠のためには室温 26 ℃、湿度 50 〜 60 %となるよう設定しましょう。

よく聞く28度は、熱中症の危険性が高いので、NGです。おまけに、ひと昔の家と違い、気密性の高いご自宅の場合、寝ている間の吐息や汗で体感温度が高くなる可能性があります。

6月でもひと晩中エアコンはつけて

筋肉や脂肪量によって適正温湿度は多少差がありますが、よい眠りを得るためにはひと晩中一定の温湿度に設定しましょう。つけたり消したりを繰り返す方もいらっしゃいますが、眠りのためには中途覚醒は避けたいですし、消費電力はエアコンのつけはじめが最大。常時つけっぱなしで問題ないこともあるのです。

だるくなるのは、寝不足と風が直接あたるから

エアコンのつけっぱなしは、翌朝体がだるくなるとおっしゃる方もおられますが、そもそも日頃から睡眠の質は悪くはありませんか? 単純に、質の高い眠りが必要量足りていない可能性もあります。また、先述のとおり、夜中にエアコンをつけたり消したりしていて、その影響で睡眠の質が悪くなっていることも考えられます。

寝不足に問題がなければ、エアコンの風が直接当たり、寝冷えしている可能性もあります。そのため、人にはあたらないよう気をつけましょう。扇風機は、部屋の空気をうまく循環してくれるので重宝しますが、こちらも体に当たらないよう、上に向けたり、壁に向けてその跳ね返りの風を利用してください。

彼や旦那さんとエアコンの設定でもめてしまったら…

睡眠の適温適湿は先述の通りですが、同じ人間でも、好みや感じ方に差があるため、パートナーとエアコンの設定でもめるご家庭も多いようです。

考え方として、まずは2人共歩み寄り、先述した温度湿度設定にしましょう。そのうえで、寒いという方は、薄手のタオルケットではなく、ダウンケットや肌掛けを合わせるなりして、対策をしましょう。寝冷えを防ぐためにも、長袖長ズボン(寝汗を吸い取る作用もあるので、夏場でもおすすめしています)や、ネックウォーマーやレッグウォーマーを使用してください。

暑いという方は、そもそも、深部体温が高い状態のまま、お休みしようとしている可能性が。ヒトは、内臓などの体温が高い状態では、質の高い眠りの持続時間が短くなるので、40度以下の湯舟にゆっくり浸かり、副交感神経が優位になると、体表面や手足末端から放熱し、深部体温が下がります。

夏場ですと、就寝1~2時間前にはお風呂から上がるようすればよいでしょう。また、後頭部を冷却シートで冷やすと、寝つきまでの時間が短縮したという報告もありますので、試してみてください。

ぜひ、ご家庭でも実践してみてくださいね!


【好評! スッキリ寝起き対策シリーズ】

【衝撃! 6年後に…】寝不足がもたらすコワ~い影響5つ【動画】|スッキリ寝起き対策 #1
【夕方寝は肌ボロの元凶!?】眠くなったら覚醒できる動画を公開!|スッキリ寝起き対策 #2
【【スヌーズ機能はダメ!】眠りのプロが教える寝起き爽快のコツ【動画】|スッキリ寝起き対策 #3
【えっ予想以上!】便通、体重、ウエスト、anan総研も納得!(PR)

お知らせ

生活習慣改善サロン『Flura』(六本木駅3分)では、女性限定でパーソナルボディトレーニングの体験レッスンを実施しています。睡眠・運動・食事・心理など様々な手段で生活習慣を整え、自律神経バランスのよい女性らしい身体を作る指導を行っています。

【体験レッスン】詳細は、こちら(http://fluraf.com/campaign
内容:課題や症状に合わせた、睡眠指導、入浴指導、運動指導、姿勢指導、歩行指導、心理指導、アロマテラピー指導等。
料金と時間:10000円/90分
ご予約:予約フォーム(http://fluraf.com/reservation


【関連リンク】
「小林麻利子の美人の作り方」まとめ
PROFILE
小林麻利子 睡眠改善インストラクター、温泉入浴指導員、ヨガインストラクター、アロマテラピーインストラクター、食生活管理士、上級心理カウンセラー。「美は自律神経を整えることから」を掲げ、生活習慣改善サロンFluraを主催。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで美人をつくる、「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。講演活動やWeb連載のほか、テレビ・雑誌でも活動中。著書『美人をつくる熟睡スイッチ』(G.B.)が好評発売中!
HP: http://fluraf.com/ blog: http://ameblo.jp/mariko-kobayashi/ 著書『美人をつくる熟睡スイッチ』:https://goo.gl/UEZ2kx 

(C) AndreyPopov/Gettyimages
(C) MariyaL/Gettyimages
(C) PeopleImages/Gettyimages