恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【ブログ大炎上】激太りを公表、もう後戻りはできない

2016.7.13
20キロの増量を果たした筆者・小阪。見る影もない醜い姿に心を打ち砕かれるも、意を決して、自身をブログにアップする。その結果……。

【グラドルから保育園へ】vol. 13

醜い姿はブログを通じて世間に

昔はさ、太るのなんて簡単だよって思っていたの。太りやすい体質ではあったから、気をぬくとプラス2キロなんてよくあることで、ずいぶん悩まされた。でも、一気に10キロ以上太ろうとするのはしんどいよ。

お腹一杯なのにまだ体に詰め込まなきゃいけない感じ。常にやる気がなくなって体調も悪い。心身ともに、だる重い日々が続く。そんな苦労があってのこの結果は、変な意味で達成感があった。でも、昔の自分の面影は全くない。維持していたスタイルはもちろん、自慢だった肌もボロボロ。醜い姿は精神を余計に蝕んで、ストレスはたまり、気がつくといつも血が出るまで頭皮をひっかいていた。

こんな姿になれば、売れなきゃとか、注目されなくてはなんて考えは消え、とにかく「逃げたい。隠れたい。見られたくない。バレたくない」が最初にくる。それでも親友は、私の姿をブログにのせようと提案してきた。こんな容姿を見せられない。でも、これで何もしなかったら、なんで太ったかもわからない。ここまでやったんだから後戻りはできないと、自分の姿をブログにあげることにした。

こいつは誰だ? 大炎上するブログ

とにかく太ったことを強調せねばと、二の腕やお腹にタオルをつめて、なるべく顎も引き気味にして写真を撮る。何枚か撮り直して、一番太って見える写真をブログに載せた。

芸能界をやめてから一切更新していなかったブログ。それでもファンの人はチェックしてくれていたみたいで、瞬く間に太った姿は広がり芸能ニュースに。すぐにコメント欄はバッシングの嵐。ブログは本人すらなかなかログイン出来ない状態。太った姿を載せただけでも、女としての自信はズタボロで。注目されたいとあれだけ必死になっていたのに、こんな結末を望んでいたわけじゃない。心身ともにどんどんボロボロになっていく。しかし、親友は「これだけじゃ弱い、今度は芸能人のことを否定する文章を書くんだ」と載せる文章をツラツラと書き出し、ブログにアップしていく。

書くほどに当然ブログのアクセスはあがっていき、批判、悪口が飛び交う。もう自分でも何がなんだかわからず、ブログの写真や文章も、自分のものとは思えず、「この気持ち悪い化け物は誰だ?」と放心状態。今まで感じたことのない絶望感が、このままでは終われないとさらに私を突っつく。でも、体に重石を括られたみたいに、もう自分ではどうすることもできなかった。


Information

https://mobile.twitter.com/kosaka_revival


こさか ゆか/保育園プロデューサー
リバイバルミーティング代表。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター資格習得。 2004年ミスマガジングランプリを獲得し芸能界デビュー。グラビアアイドルとして活躍後、2009年に引退。現在は子どもの心スペシャリストとして活動中。