恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【セミヌード、その後】元グラドルがたどる運命! 新たなる人生とは?

文・小阪有花 — 2017.6.7
一大決心をしてファスティングダイエットに取り組み、18kg痩せた筆者・小阪。その姿を見せたフライデー合併号の袋とじセミヌードは大変好評で、周囲からの後押しもあって、ある道へのドアが開かれることに。

【グラドルから保育園へ】vol. 59

フリーの美容家に転身!?

ダイエットの評価はとても高く、私の第2の人生は自然と美容家への道を進むことになった。「なにで痩せたか?」と聞かれ、酵素ドリンクとファスティングで痩せたことを伝えると「ぜひそれを伝授してくれ!」「その商品はどれなんだ?」など、とにかく質問と相談攻めで、対応しているうちに、これは仕事にできると判断した。しかし、美容家でやっていくなら、どこかに勤めるとかではなく、自分ひとりの力でいろいろしていかなければならない。 自分のある知識や経験だけで、職につけるかは全く違う話だからだ。

性格上、フリーで仕事をするのは苦手だ。なんでも無難にこなせるわけでもなく、だからといってコツコツと何かひとつのことに向かって努力できるタイプとも思っていない。一度決めたことは本気で取り組む。何ごとも本気で、というある意味不器用でバカ真面目なところはあるけれど、それも要領よくうまくやれるのかといわれれば、全くそんなことはない。しかし、今からどこかに就職して働くとかは全く考えられなかった。

とにかく人に受け入れられる自信がないのだ。ひとりでやっているほうが気楽だし、何でも自分の選択で決められるので、誰かのせいにできない生き方は、今の自分には合っているのかもしれない。そんなことを考えながら、第2の人生について考えていた。3年前の私は、ひとりで何かを決めることができず、ただ誰かのせいにすることでしか生きることができなかった。その結果、とんだ黒歴史を生んでしまう結果となったのだ。

もう、誰かに自分の人生の選択の権限を奪われるのは嫌だし託したくもない。私は、勇気を持って、第2の人生の職業を、フリーの美容家で働く決心をした。しかし、この決心は、後に自分の思考の甘さを思い知らされたものになってしまった。

Information

https://mobile.twitter.com/kosaka_revival


こさか ゆか/保育園プロデューサー
リバイバルミーティング代表。チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー、幼児食インストラクター、ベビーシッター資格習得。 2004年ミスマガジングランプリを獲得し芸能界デビュー。グラビアアイドルとして活躍後、2009年に引退。現在は子どもの心スペシャリストとして活動中。


【いままでのグラドルから保育園へ】

【元グラドル・小阪由佳の新連載!】芸能界の負け犬が起こす、敗者復活戦の話。#1
【元グラドル・小阪由佳の新連載!】渋谷でスカウトされました。#2
グラビアアイドルの登竜門。取柄がないとアイドルって難しい。#3
【ちょッ…惚れたわ!】男が思わず「ドキッとする」女友達からのLINE


(C) NiseriN/Gettyimages