恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

幸せをくらべて、自爆するのは女のサガ?

2016.4.2 — Page 1/2
私は私…なんて言えたらラクなんだけど、やっぱり隣のあの子とくらべちゃう。結婚してるかしてないか、仕事に男に年収も…そうして今よりももっといい‟幸せ”を探そうとするわけだけど、結局、幸せってどこに落ちてるの?

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。


私は私…なんて言えたらラクなんだけど、やっぱり隣のあの子とくらべちゃう。結婚してるかしてないか、仕事に男に年収も…そうして今よりももっといい‟幸せ”を探そうとするわけだけど、結局、幸せってどこに落ちてるの? 


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.33

女なんて、社会進出しなければよかったのに…。

なーんて言ったら、いろんな人から怒られそうだけど、ときどき思うの。本当に女は男と同等に学び、働き、社会に飛び出すことで、幸せになれたんだろうかって。だって私たちは、いろんなことを知って社会に出たことによって、「くらべる」という負のループにドハマりして、苦しんでいると思うのだ。顔という比較、年齢という比較。恋愛に仕事に年収に家庭環境に…いろいろ自分以外と世間体を知りすぎて、くらべすぎて、苦しい。結局これって、賢さと引き換えに手にした代償なんじゃないだろうか。賢くなって幸せを逃すなら、世間を知らないままのほうが、幸せだった可能性もあるのかなーって思う。

an33

ネットはくらべる行為を加速させる

ちなみに「くらべる」という負のループは、SNSという便利ツールができたことにより、さらに加速している。今まで仲良くならなければ、知り得なかった別ジャンルの女子の生態や恋愛模様が、SNSで繋がるだけで、ありありと分かるからだ。

たとえば、私が特に嫌いな人種に“キラキラ女子”ってのがいる。

キラキラ女子を知らない人にザックリ説明すると、ヤリマン。以上。

あーっと、すでに偏見が…。キラキラ女子とは、主に美容意識が高く、ハイスペック男性から大切に扱われること(つーか奢ってもらうこと)をステイタスと考えている女子のことである。年齢層はだいたいアラサーくらい。出没スポットは、六本木、銀座、表参道、恵比寿、中目黒など。いわゆる「東京カレンダー」が好みそうなグルメ&オシャレタウンが大好物だ。

そんな彼女たちが私は大キライなのだ。だっておごってもらう事=自分の価値なんて、美と時間とセックスを、ただ切り売りしているだけじゃないか。そんなもん、せいぜい数年で使い物にならなくなるのに浮かれてるなんでバカみたい! と、ここまでスパッと言い切れるなら、別次元の女子たちと思えばいいのだが、そこは小心者な私。めちゃくちゃ、くらべちゃうんだこれが。