恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

“自分に自信がない”が引き寄せる負のスパイラルって?

2016.3.26 — Page 1/3
自分が好きになれない。世の中にはそんなコンプレックスをバネにする人もいるけれど、ショーンKしかり……なかなかそうもいかないものだ。でもそんな自信のなさが、凹んだときはいっそう変なものを引き寄せる。自信がない時って、どうしてこうも全部がうまくいかないんだろう?

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。


自分が好きになれない。世の中にはそんなコンプレックスをバネにする人もいるけれど、ショーンKしかり……なかなかそうもいかないものだ。でもそんな自信のなさが、凹んだときはいっそう変なものを引き寄せる。自信がない時って、どうしてこうも全部がうまくいかないんだろう?


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.32

最近、世間は“ショーンショック”で熱い。

甘いマスクと低音美声が人気の経営コンサルタントでDJの、ショーンK氏。ハーフでハーバードMBA卒という超ピカピの経歴が、詐称であったことが明らかになり、世間が騒がしいのである。本人はこの騒動を受けて活動自粛に半泣き謝罪。表舞台から姿を消した。色々言われてはいるけれど、経歴詐称、整形疑惑、しかも7cmのシークレットブーツを着用していたらしく、もう本当ビックリ! ネイティブ並みの英語力とコメント力は間違いないのだから、彼の裏には、相当なコンプレックスと努力があったのだと思う。

それに彼を叩く人たちだって、結局自分の学歴や顔へのコンプレックスを払拭できないからこそ、ウマい事やっていたショーンが許せないようにみえる。自信がないから自分を着飾り、自信のなさから他人を叩く。なんだか暗くなってしまう話じゃないか。

an32

便利な女はこうして生まれる

そういえばどこかのデータで、日本人には3割しか、自分に自信を持っている人は存在しない。そんな話を読んだことがある。だからこういう空気が起きるのか…と、ショーンショックにも、妙に納得してしまったけれど、私も自信のない臆病な7割の一人。最近も弱いワタシと戦う日々が続いている。

実は少し前、仕事でヘマをした。それが思いのほか大きなトラブルになってしまい、ショックで落ち込み、連日ヤケ食いに走った。2キロも太ってしまった。えーん。

それをキッカケに、ガタガタと公私のバランスが崩れだしたのである。いつもは顔を見せない「自信のないワタシ」が、どんどん前に出始めて、これ以上傷つかないように勝手にバリアを張りだす。どんな“こじらせ状態”になるのかというと、まず、人の顔色がヤバいくらい気になりはじめる。

「この人は私のこと、どう思っているんだろう…」

って、別の仕事関係の人へも思うし、デート中にも、一人のお風呂タイムでも、考えてしまう。そうして不安になりだすと、今度は相手が不愉快にならぬように、気に入ってもらえるように、ヤバいくらい気を遣いだす。

昔の話だけど、彼氏に「今から来いよ」と夜中に呼び出されても、ホイホイ応じたこともあったっけ。高いシャツを突然買わされたこともあったっけ。このように、恋愛も仕事も、臆病な気持ちはワタシを、最大級便利な女へと変化させるのである。