恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

30女に婚活以外の選択肢を。

2016.2.13 — Page 1/2
いつから婚活は必須科目なの? ちょっと新しいことを始めたいだけなのに、外を歩けば“婚活”市場が独り身をなんとかしてくれようと手ぐすね引いて待っている。新しい出会いは歓迎だけど、いかにも婚活中な感じって、いま一番避けたいところだったりして…。

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。


いつから婚活は必須科目なの? ちょっと新しいことを始めたいだけなのに、外を歩けば“婚活”市場が独り身をなんとかしてくれようと手ぐすね引いて待っている。新しい出会いは歓迎だけど、いかにも婚活中な感じって、いま一番避けたいところだったりして…。


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.27

an27

毎日がつまらなくて退屈…。ってほどではないけれど、最近会う人もやることもなんとなくこなれてきた日々が、居心地よくもちょっと刺激不足だ。おまけに特別な趣味を持っていない私ときたら、それじゃあ毎日が凝り固まるのもうなずける。ってことで、2016年も始まったばかりだし、趣味とよべる、習い事とか、遊びとか、何か新しいことを始めてみようじゃないの。

新しい出会いは欲しいけど…

だいぶゆるいノリから始まった思いつきだけど、せっかく新しいことを始めるのなら、同世代のお友達がついでにできればもうけもの。あくまでも婚活的なノリはもとめず、むしろ封印して、ひとまずネットの海に助けを求めてみる。

 

エントリーナンバー1
『お料理』
理由:とてつもなく苦手だけど、上手くなったら世界が広がりそううだから!

大手料理教室のHPを見ていくと、1回4,000〜5,000円と続けるのは意外とお高め。なにより気になったのが、「女子力を上げて婚活にプラス」的なことが書かれたキャッチコピーである。

料理上手は付き合った後、確かにプラスに働きそうだけど、そもそも女子力や婚活を考えてるわけじゃないしなぁ…とモヤっとする気持ちを抱えながら、もし私が料理を習い始めた場合を想像する。というか、友達に聞いてみる。

「アンタ、どうしたの? また何かのコラムのネタ?」

まず、友達にバカにされた。

「えー!? 花嫁修行でもはじめるの?」

もうひとりの友達にも、バカにされた。

「どうしたの? 彼氏に何か言われたの?」

あげく、母にも心配された。

ちょっとだけ刺激が欲しかっただけなのにー!! こんなにもキャラ違いと笑われ、しかも婚活臭ぷんぷんのリアクションをもらうとは…。まあ私も食べる専門歴30年だったし。ひとまず料理はあきらめた。

婚活臭に折れる純粋な好奇心

料理は確かにキャラ違いだったと思い返し、もう少し面白そうなものを探しはじめる。

 

エントリーナンバー2
『社交ダンス』
理由:ペアダンスって楽しそうだから〜ってのはウソ。最近ダンスマンガにハマっているから!

ダンスサークルを探していくと、30代までと年齢制限をもうけているところもあるみたい。男性と手を握りあい、リードされてステップを踏むなんて、非日常感満載でなんて楽しそう! だ・け・ど、どうだろう、やっぱりHPから漂う婚活のニオイ…。

「若い人中心で和気あいあいと楽しめます」→婚活臭がする
「イベントごとに親睦を深める飲み会も開催」→やっぱ婚活臭がする
「男女比率は3対7で女子多め」→男女比出すって…って、この比率、婚活だったらカオスじゃんっっっ!!!

画面から溢れる、ドヤ感満点のダンス写真を目にして、ダンス、断念ッ!!

 

エントリーナンバー3
『ワインの教室』
理由:飲むのが好きだから!

東京のワイン会や教室を探してみると、あるあるある! 試飲会とかワイン交流会を開いている場所が。

しかし、当然! やっぱり! 予想通り! 一番婚活クサい!

「男女比は半々くらいで馴染みやすい場所になっています」→やっぱ婚活目的の人が多いみたい。
「ワインの知識をつけて、自分磨き」→でもさ、酒の知識が豊富な女はモテないぞー。
「今回の会は独身限定で開催します!」→ガッツリ婚活だ(笑)。
「長年のサークル仲間の●さんと○さんが結婚しました」→成果出してる!ワイン会優秀!

予想通りすぎる婚活臭と、ハイソな雰囲気が相まって、ゾワゾワしてしまったので却下。

うーん、純粋に「新しい活動」をはじめるのって、結構ムズかしい。