恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

自分へのご褒美グセは婚期を逃す!?

2016.1.30 — Page 1/2
頑張ったご褒美に、やせたご褒美に…と、ついつい自分へのご褒美を繰り返す女子たち! 自分で自分を喜ばせて、その場はとってもハッピーだけど、ズバリ、そのあと幸せになれたっけ? ...

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。


頑張ったご褒美に、やせたご褒美に…と、ついつい自分へのご褒美を繰り返す女子たち! 自分で自分を喜ばせて、その場はとってもハッピーだけど、ズバリ、そのあと幸せになれたっけ?


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.25

「またやってしまった…」

なんのことはない、自分のご褒美癖が、ここへきて大爆発しているのだ。実は少し前、人生30年で一番のデブ期に突入してしまった。ヤバいと思って1食抜いてもサウナに入っても、膨れた体が戻らない。「ああ〜、このままだと女として死ぬ〜」と情けない叫び声をあげながら、ストイックかつ根気強くダイエットを始める気にもなれず…。まあ仕事も最近頑張っていたし、自分へのご褒美に「結果にコミット!」ということで、ダイエットジムに入会してしまった。お値段なんと13万円也。

そうして始めたプロ監視のもとのダイエットは、「食事は写真つきで報告せよ!」「あなたは寝るのが遅すぎる!」と毎日チクチクチクと指導が入り、さらに最低週2回はジムに通ってトレーニングせよと言われ、運動嫌いな私はトホホな日々を送っている。

なんとか13万円のプレッシャーにより、痩せはじめた私の体なのだが、ついつい、1キロ痩せたご褒美に、欲しかったアスリート御用達のシェイカーを購入! 2,000円! もう1キロ痩せたからさらにご褒美にアロママッサージ! 7,400円! と、ご褒美から始まったダイエットにご褒美の追加投入が止まらない。

先日はもうもう1キロ痩せたからパティスリー・サダハル・アオキ・パリのケーキを食べてしまい、さすがにそれは反省した(トレーナーさんには内緒にした)。こうして苦しいダイエット道を、ご褒美を与えることで励ましながら進んでいるのだけれど、「はて、これは本当に正しいご褒美につぐご褒美なの?」とある日突然不安が襲い始めた。

an25

13万円で幸せは手に入るの?

何が不安になったのかというと、この13万円ダイエットは本当に未来の幸せに繋がっているのか、不安になりはじめたのだ。当初、「ダイエットは仕事頑張ったご褒美だし、痩せたらモテるっしょ!」と自分に言い聞かせて始めたわけだけど、ここ最近私はダイエットの鍵となる食生活を整えるため、外食を極力減らす生活を続けている。

つまり、女子から男子から来るお誘いを「ダイエットが終わったら…」と、保留にしまくっているわけだ。

その中には合コンや夜遊びの誘いもあったりして…それらをことごとく断ってダイエットを続け、さらに苦しいと自分のテンションをガンガン上げるためにご褒美を1,000円、2,000円、3,000円と追加投入…本当にこれは幸せへと繋がっているのか? そんな話を友達のH美にしたら、

「そうだよ〜ホント必要ないって〜! だって痩せてるもん」

と女子特有の「自分以外ダイエット不要論」が始まった。H美よ、聞いているのはそこじゃなくて、このダイエットがただのご褒美という自己満足で、逆に自分を幸せから遠ざけているんじゃないかって話なのだけど…と説明しようとして「あっ!」となった。