恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

頼れる男を待つ女は幸せになれない!

2016.1.10 — Page 1/2
「マメでセンスのいい男っていないよね…」と、不満をたれる女子諸君。もう頼れる男を求めるのはやめにしませんか? ドンカンな男に期待を膨らませるよりも、実は女が引っ張る恋愛は幸...

anan_bana 仕事に美容に恋愛に、女の人生ってけっこー大変! 私はこのままでいいのかな? 幸せになれるかな? そんなモヤっとした悩みを浄化し、毎日がもっと楽しくなる痛快エッセイを、毎週土曜日お届けします。


「マメでセンスのいい男っていないよね…」と、不満をたれる女子諸君。もう頼れる男を求めるのはやめにしませんか? ドンカンな男に期待を膨らませるよりも、実は女が引っ張る恋愛は幸せがいっぱい。2016年版の幸せのカタチは、女次第かも!


【恋愛はしたいけれど1mmも傷つかずに生きたい】vol.22

好みの男について質問すると、きまって必ず「頼りがいのある男」という注文がついてくる。私もその場で「だよね〜」と相づちは打つものの、改めて考えると「ハテ、大人の女にとって“頼れる”とは、なんぞや?」と疑問が残る。

たとえば、自称頼れる男が好みという美人OLのS子に、リーダーシップバッチリの男性を紹介すれば、「イイ人だけどちょっと押しが強い…」と難色気味。それならタイプを変えて、しっかり者だけど控えめな男性をあてがえば、「なんだか盛り上がらない」とまた断りモードなのだ。

「紹介するこっちの気持ちを考えろ!」とまではいわないけど、頼れる人がいいと言うのに、頼りがいのある男を前にすると「なんか違うんだよね〜」とリアクションする女子は多いものだ。

ハードル高すぎ、女基準の頼れる男

この前もルノアールでお茶をしていたら、2人組の婚活中らしい女性が恋バナトークに花を咲かせていたのだが、その内容がまた凄かった。

「彼氏さ、本当頼りないんだよ!!!!」と、前のめりでショートカットの女性がまくしたてる。

「この前私誕生日だったんだけど、プレゼントは何だったと思う!? しょっぼいアクセサリーみたいな時計だったんだよ!!!」
(わかるわかる。男からのプレゼントでドンピシャな物が来ることって、まずないよね)
「別に数十万の時計が欲しいなんて思ってないよ! ル●アとかク●ッシーで十分なのに、よりによって雑貨屋で売ってるような時計でさ、本当この人との将来が心配になっちゃった」
(ん〜でも、男からしたらそもそもル●アを知らないと思うけど)
「私もう失望しちゃってさ、改めてネットでその時計の値段調べちゃったの。そしたらたったの5,000円!!! 私ってそんな安い女なのかな? もう本っ当信じらんなくて、結局自分で時計買い直しちゃった(笑)」

と、話はズレていくのだが、値段を調べるのはどうかと思うものの、失望した後に自分の欲しいものを自分で手に入れる姿は、なんと頼もしいではないか。ちなみに相手男性の職業は聞いていると公務員だとか。経済力は十二分に頼れそうだけど、そこじゃないんだな…。

そういえば昨年のクリスマスの翌日には、オークションサイトに大量のブランドのアクセサリーが出品されるという悲しい事件が発生したそうだ。そのプレゼントがどういう理由で出品されたか分からないが、女の好みではなかったのだろうと思うと、女が望む“頼れる男”という像は、やっぱりエベレスト級に難しい理想像なんじゃなかろうか。