好きなこと、話そ!

harako

【ダメ男を作るのはあなた!】カレを甘えん坊にさせてしまう2つの注意事項。過去のリアルから学ぶ恋愛 #5

2016.11.4
ライター&コラムニストharakoが、過去の恋愛失敗談をもとに、同じ経験を繰り返さないための教訓を考えます。5回目は、彼氏に甘えられたとき、どんなことに気をつけたら良いのか?をお話してみたいと思います。

ライター&コラムニストharakoが、過去の恋愛失敗談をもとに、同じ経験を繰り返さないための教訓を考えます。5回目は、彼氏に甘えられたとき、どんなことに気をつけたら良いのか?をお話してみたいと思います。

ついかまってあげたくなっちゃう♡

放っておけないの♡

【過去のリアルから学ぶ恋愛 】vol. 5

付き合う男性をダメにしてしまうというかた。「とっても気持ちがわかる!」と叫びたい、harakoです。女性はもともと母性本能が強いので、困っていることないかな?ちゃんとご飯を食べたかな?なんてアレコレ意識を張り巡らせてしまうもの。好きだからこそやってあげたいのに、なぜか赤ちゃん返りしてしまう引き金を引いていたりして。

そんな女性に捧げる注意事項をお送りしたいと思います!

注意①「しょうがないなー」と些細なことでもやってしまう

ダメな男になっちゃう!と思いながら……。

私が過去に付き合っていた人で、表は仕事デキる系のエリート男子がいました。好きになったきっかけも、仕事をテキパキこなす姿が素敵という気持ちが大きかったんですよね。一生懸命やっている姿をみていたので、オフのときくらいは私がフォローしたい!と思い、泊まりに来たときには洗濯をしてあげたり、ご飯を作って置いたりとこまめにお世話をしていました。

初めのうちは「え、ご飯用意してあるの?」と嬉しそうな様子の彼。しかし、徐々に彼は甘えん坊にスイッチが入り始めたのでした……。

ある冬の寒い日。私はお鍋を作ろう!と思い、コトコト煮込んで待っていたんですよね。そして、彼が帰って来て、テーブルに持っていくと、「熱くてお鍋のフタが取れな〜い」と甘えた声。「ついにここまで来てしまったか」と内心思う私ですが、そんな彼がなぜかかわいく思えていた私は、自分でタオルを持っていきフタを外してあげました。

今考えると、完全に彼は赤ちゃん化していたと思いますが、当時は私もそれが普通だったのであまり違和感を感じなかったんですよね。しかし、これを放っておくと、近くにあるティッシュでさえも「持って来て!」と言うようになったり、今までは「ご飯を作ってくれてありがとう」と言ってくれたのも、「今日のご飯、まだ?」と言う発言に変わっていきます。

相手もどこまで自分に尽くしてくれるのか探っているので、あまりに限度を超えたやりすぎは悪循環のもと。大事なのは、あれ?ちょっと違うよね?と気づくこと。ちょっとかわいい態度を取られても一度冷静になり、ぜひやりすぎをストップしてみましょう。

注意②「あれやっといて」を完璧にこなしてしまう

そして上記にも少し関連してきますが「一緒に洗濯してくれる?」などのお願い系に対して、バッチリこなしすぎてしまう!というあなたも要注意。完璧主義の女性に多く見られる傾向ですが、言われたことに対して、期待を超えるほどの120%の力でこなしてはいませんか?

私は性格的にもお願いされたり、任されたりするとつい時間がなくてもこなしてしまうタイプなんですが、遠距離恋愛をしていた頃、彼が長期の出張で泊まりに来たときには、それを発揮してしまいがちでした。

あるとき、一週間泊まっても良い?と言われて何気なく「いいよ」と言った私。当時は深く考えていませんでしたが、よく考えれば1週間分の洗濯物やお風呂に入ったときのタオルも2倍使います。いつもならタオルも1週間まとめて洗濯したら間に合うくらいの数を用意していたのに、彼がいるだけでタオルが2倍速でなくなるというわけです。

どんどん消費されるタオルと、彼のカッターシャツや下着の山。もちろん私も仕事をしているので、全てをこなせるわけではないですが、合間をぬって洗濯物と戦っていました。そんな様子を知ってか知らずか、「明日までにこれやっといて」と言い放つ彼。「タオルがないんだけど」と言い始めたり。

初めのうちは間に合っていましたが、だんだん追いつかなくなってくると、彼はいつもならあるのになぜないの?とワガママになってしまいます。はい、甘やかしすぎ、ダメ男のでき上がりです。人間誰しも完璧にはこなせません。やりすぎ彼女は、赤ちゃん男子を作る原因なのです。

母性が強い方は、ときには厳しく!

「たまには、自分でやりなさい」。勇気を出していいましょう。

普段仕事をバリバリこなしている姿を見ていると、私だけには甘えて欲しい……なんて思う気持ちもよくわかります。しかし、あなたの体や時間も彼と同様に大切なはず。

今回挙げた2つの注意点に心当たりがある方は、だんだん彼氏がワガママな甘えん坊になる可能性が大きいです。今までやっていた習慣をすぐにやめることは難しいかもしれませんが、「○○君も、これお願いできる?」と相手に仕事を与えるのもオススメな方法の一つ。または「今、仕事でこんなことを任されていて、来週までに終わらせないといけないから、あんまり料理を作れないかも!」とできない理由を先に伝えて置くのも◎。

自分が体調を崩したときや、ピンチなときに支えてくれない赤ちゃん男子では頼りにならないですよね。やってあげたい気持ちをぐっとこらえて、逆にちょっぴり突き放すくらいがちょうど良いのかもしれません♡

この記事を書いた人

harako
記事数:28 Posts

自身の肌荒れや母親のアトピーをきっかけに美容・健康資格を8個取得し、シェアする気持ちを込めて美容ライターから執筆業をスタート。 そして現在では女性向けコラムを他媒体で連載する傍ら、著名人の著書原稿を担当するなどボリュームの大きい仕事にも取り組んでいる。 持ち前の明るさとコミュニケーションを活かし、より良いライフスタイルを求めて日々奮闘中!ブログやSNSでもつぶやいています♪【LINE@友達登録】♡【Blog】♡【Twitter】♡【Instagram