好きなこと、話そ!

田代 わこ

【地味にうまい!】ブランド和牛や濃厚旬野菜を堪能♡『鳥取県レストランフェア』開催!

2016.11.2
11月15日(火)から東京で『鳥取県レストランフェア』がはじまります。関東圏の人にはあまりメジャーではないかもしれませんが、鳥取は知る人ぞ知る食材の宝庫! 地元が誇る和牛や海の幸を堪能できるこのフェアを、元県民のライター・田代がご紹介します! 先の地震で一部の地域が被害を受けた鳥取ですが、こんなときだからこそフェアに出かけて応援しませんか?

11月15日(火)から東京で『鳥取県レストランフェア』がはじまります。関東圏の人にはあまりメジャーではないかもしれませんが、鳥取は知る人ぞ知る食材の宝庫! 地元が誇る和牛や海の幸を堪能できるこのフェアを、元県民のライター・田代がご紹介します! 先の地震で一部の地域が被害を受けた鳥取ですが、こんなときだからこそフェアに出かけて応援しませんか?

『鳥取県レストランフェア』とは?

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3278-700x488

“食のみやこ鳥取県” をスローガンに、豊かな食材の魅力を発信している鳥取県。その県が誇る地元の食材を使ったオリジナルメニューを味わえるのが『鳥取県レストランフェア』です。東京を皮切りに、関西、名古屋へとリレー開催されるこのフェアでは、ブランドの鳥取和牛をはじめ、海の幸や旬の野菜、おいしいお米などを存分に楽しむことができます。

「鳥取和牛」に注目!

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3308-700x449

今回の食材で特に注目したいのが「鳥取和牛」です。ブランド牛の血統を継ぐ鳥取和牛は、口どけのよさと豊かな風味に定評があるお肉。東京で開かれるレストランフェアでは、人気上昇中のブランド和牛をたっぷり味わえます!

堀知佐子シェフ考案のランチ♪

このレストランフェア開催を記念して、先日イベントが開かれました。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3280-700x497

北参道にあるレストラン『ル・リール』で、オーナーシェフ堀知佐子さんによる鳥取プレスランチをいただきながら、食材について学んできました。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3286-700x524
テレビや雑誌でご活躍中の堀知佐子シェフが鳥取食材の魅力を教えてくださいました! 隣にいらっしゃるのは、鳥取県市場開拓局の羽田さん。

まずは、鶏肉やカニ、旬の野菜を使ったオードブルからスタート。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3328-700x482

こちらは、「輝太郎と鳥取地どりピヨ胸肉のサラダ仕立て」。「輝太郎」とは大玉の甘柿で、この名前は鳥取出身の漫画家、水木しげる先生の『ゲゲゲの鬼太郎』から命名されました。「鳥取地どりピヨ」という名前もかわいいですよね。ピヨは、山に囲まれた大自然の中でストレスなく育った鶏とのこと。歯ごたえがあるお肉は、かんでいると芳醇な味わいが口の中に広がり、とてもおいしかったです。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3324-700x483

続いて、「ベニズワイガニのビスク風スープ」。すっごく濃厚なカニの風味が楽しめて、満足感がありました。実は、鳥取県はベニズワイガニの水揚げ量が日本一! 東京に住んでいるとカニは高くてなかなか食べる機会がありませんが、鳥取ではスーパーの魚売り場で山積みになっていて、身近な存在なんですよ。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3325-700x489

そして、メインディッシュは「鳥取和牛のローストビーフ」です。名産のらっきょうと生姜を使ったソースでいただく和牛は、口どけがよくてとってもジューシー! あまりのおいしさに、取材を忘れてバクバク食べてしまいました。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3329-700x479

実は、鳥取はお米もおいしいのです! ランチでいただいたのは、「きぬむすめ」というブランドの白ご飯。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3309-700x498

うまみを感じるお米で、冷めてもおいしいのが特徴です。

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3326-700x486

デザートでいただいたのは、「新興のコンポート」。「新興」とは、10月下旬から食べごろとなる大玉の梨。すっきりとした甘みのある果汁がたっぷり含まれ、歯ごたえも抜群です。先日の地震で、一部の梨農家さんも被害を受けられたそうです。でも、落ちなかった梨もありますので、鳥取の梨をどんどん食べて応援したいですね。

アンテナショップでもイベントがあります!

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e5%a4%96%e8%a6%b3-700x467
アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」

『鳥取県レストランフェア』にあわせて、新橋にあるアンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』でも鳥取県産食材イベントが開かれます。ミシュランで星を獲得された日本料理店『分とく山』の総料理長、野崎洋光さんを講師に迎えた食材セミナーがあったり、野崎さん考案の期間限定ランチセットが食べられたりと、お楽しみがいっぱい☆

%e4%bc%af%e5%b7%9e%e7%be%8e%e4%ba%ba-700x481

こちらのアンテナショップでは、鳥取直送のおいしい食材がたくさん並んでいます。元県民の私は、ときどき鳥取の味が恋しくなると、ショップにお邪魔して食材を物色。鳥取の野菜や魚、加工品を買ったり、ソフトクリームを食べたりできますよ~。

鳥取に行くのもアリ!

東京で鳥取の食材を食べたあとは、本場でカニを食べてみませんか? 鳥取の冬を代表する「松葉ガニ」がこれから解禁となり、シーズンを迎えます。水揚げされたばかりの新鮮なカニのおいしさは、もう言葉にできません! 

%e3%81%a8%e3%82%8agyo_04_0-700x552

しかも! 現在、鳥取県では「蟹取県ウェルカニキャンペーン」を実施中です!

%e3%81%a8%e3%82%8aimg_3311-700x525
「蟹取県」や「ウェルカニ」など、ダジャレのオンパレード。パンフレットも強烈な味を出しています!

有名な三朝温泉や皆生温泉に泊まるもよし、美しい大山に登るのもよし、砂丘でポケモンGOするもよし。鳥取でたっぷり遊び、対象の旅館に泊まって応募すれば、カニが当たるかもしれません! 

img_2110-700x449
鳥取に住んでいたときに撮影した大山。伯耆富士とも呼ばれる美しい山です。

東京からは離れているため、ちょっと地味なイメージがある鳥取ですが、住んでいる人たちは元気でやさしく、食べ物もおいしく、自然も豊かで観光も楽しめる魅力的な場所です。まずは『鳥取県レストランフェア』に出かけて、ぜひ鳥取のおいしさに触れてみてくださいね。

Information

●2016年度『鳥取県産食材レストランフェア』参加一覧
【東京】11月15日(火)~29日(火)
・銀座イタリー亭(イタリアン・東京都中央区銀座)
・ヴィーナス(イタリアン・東京都中央区銀座)
・銀座朱雀(日本料理・東京都中央区銀座)
・懐石・しゃぶしゃぶ・吉野(日本料理・東京都中央区銀座)
・トラットリア コルポ デラ ストレーガ(イタリアン・東京都中央区銀座)
・銀座いしづか(日本料理・東京都中央区銀座)
・Up Town(イタリアン・東京都中央区銀座)
・ダオルモ(イタリアン・東京都港区虎ノ門)
・ビストロokei(フレンチ・東京都港区新橋)
・銀座吉澤(日本料理・東京都中央区銀座)

【関西】12月初旬~12月中旬(予定)
・イル・ギオットーネ本店(イタリアン・京都市東山区八坂上町)
・エル・ポニエンテ本店(大阪市中央区北浜)
・メゾン・ド・タカ芦屋(芦屋市平田町)

【名古屋】1月12日(水)~26日(水)
・賛否両論 名古屋店(日本料理・名古屋市千種区高見)
・四川飯店 名古屋(中華料理・名古屋市千種区高見)
・ラ・ベットラ・ダ・オチアイナゴヤ(イタリアン・名古屋市千種区高見)

●アンテナショップ『とっとり・おかやま新橋館』
所在地:東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス1F/2F
電話:03-6280-6474
営業時間:10:00-21:00 年中無休(年末年始を除く)

●「蟹取県ウェルカニキャンペーン」公式サイト
https://www.kanitoriken.jp/

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:76 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!