好きなこと、話そ!

田代 わこ

【インテリ系の彼を誘って♡】天才すぎるアーティスト、過去最大級の大回顧展!『ダリ展』

2016.10.20
六本木の国立新美術館で開催中の『ダリ展』が、いま注目を集めています! 作品だけでなく、その言動も個性的なダリは、20世紀に活躍したもっとも有名な芸術家のひとり。絵画だけでなく、映画や演劇、ジュエリーデザインも手がけ、科学にも関心があった異能のダリは、特にインテリ系男子に人気があるというウワサ……。意中の彼を誘って出かけてみては?

六本木の国立新美術館で開催中の『ダリ展』が、いま注目を集めています! 作品だけでなく、その言動も個性的なダリは、20世紀に活躍したもっとも有名な芸術家のひとり。絵画だけでなく、映画や演劇、ジュエリーデザインも手がけ、科学にも関心があった異能のダリは、特にインテリ系男子に人気があるというウワサ……。意中の彼を誘って出かけてみては?

『ダリ展』とは?

img_1559-640x480

【女子的アートナビ】vol. 40

本展では、スペイン出身の芸術家、サルバドール・ダリ(1904~1989)の作品約250点が展示されています。世界の主要なダリ・コレクションから来日した作品群は、絵画や彫刻だけでなく、ジュエリーや舞台衣装のデザイン、映像などさまざま。多彩なダリの世界をたっぷり体感できるゴージャスな回顧展です。

ざっくりダリ

スペインのフィゲラスで生まれたダリは、マドリードの美術学校に入学。しかし反抗的な学生だったため退学処分になり、その後フランスにわたります。ヨーロッパで戦争がはじまると、アメリカに移住し、人気アーティストとして成功。戦後、スペインに戻った後も世界中で活躍し、1989年に心臓発作で亡くなりました。

オススメがいっぱい!

この展覧会には、絵画や映像、宝飾品など、さまざまなジャンルの傑作が集まっているので、オススメ作品がいっぱい! ご紹介しきれないので、ぜひ会場で自分好みの作品を見つけてみてください。

ちなみに、私が惹かれたのは、《子ども、女への壮大な記念碑》。

img_1488-640x359
左:《子ども、女への壮大な記念碑》1929年、国立ソフィア王妃芸術センター蔵 Collection of the Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía, Madrid © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

「腐敗」をイメージした作品で、人の顔や体の一部などが溶けあい、シュールな世界が表現されています。当時、ダリはパリでシュルレアリスム(※)のメンバーと知り合い、彼らの影響を受けて神秘的な作品を多く描いていました。ミステリアスなこの絵を見ていると、異次元の世界に迷い込んだ気持ちになります。

※シュルレアリスムとは、フランスの詩人ブルトンの呼びかけで起こった芸術運動のこと。人が意識でとらえる現実ではなく、夢や無意識を探り、表現しようと試みられた。(本展ガイドブックより引用)

略奪愛!

ダリが生涯愛した女性、ガラと出会ったとき、彼女は詩人の妻でした。しかしふたりは強く惹かれあい、一緒に暮らし始めます。

img_1562-640x336
どちらも、ガラがモデルになった作品です。左から《ガラの測地学的肖像》1936年、横浜美術館蔵 © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016. 《ガラの測地学的肖像》のための習作 1936年、横浜美術館蔵 © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

教養も才能もある女性だったガラは、ダリにインスピレーションを与え、さらには彼の作品を販売するなど、あらゆる面で芸術家をサポート。ふたりは一心同体で、ガラが描かれている作品もたくさんあります。

最後の展示室が楽しすぎる~♪

最後に、出口のすぐ近くにある展示室にもぜひお立ち寄りください。「メイ・ウエストの部屋」と呼ばれるこの展示は、スペインにあるダリ劇場美術館の展示室を再現したもの。

img_1546-640x480

この部屋を、ある方向から見ると、往年のハリウッド女優、メイ・ウエストの顔が現れます! ここは写真撮影OK。私も自撮りしてみました~♪

img_1532-640x480

本展は、ミュージアムショップも充実。フィギュアやTシャツ、トートバッグなど、個性的なグッズがたくさんあります。

img_1521-640x480
インテリ系の彼に、ダリのネクタイ(税込15,000円)をプレゼントしてはいかが?

『ダリ展』は12月12日まで。

Information

会期:~ 12月12日(月) ※休館日は火曜日
時間:10:00 ~ 18:00(金曜日は 10:00~20:00)※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室1E
観覧料:一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生 800円/中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

http://salvador-dali.jp

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:75 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!