好きなこと、話そ!

田代 わこ

【アモーレな彼とポンペイへ!】イタリア3都市アート&グルメガイド #3 【初秋の旅特集】

2016.9.23
イタリアのアートスポットをご紹介している「女子的アートナビ」番外編、ラストはポンペイです! 2000年以上前に栄えた古代都市ポンペイの遺跡では、いったいどんなアートに出会えるのでしょう? 南イタリアの明るく美しい写真満載で、ポンペイ遺跡のアート&おみやげ情報をご紹介~♪

イタリアのアートスポットをご紹介している「女子的アートナビ」番外編、ラストはポンペイです! 2000年以上前に栄えた古代都市ポンペイの遺跡では、いったいどんなアートに出会えるのでしょう? 南イタリアの明るく美しい写真満載で、ポンペイ遺跡のアート&おみやげ情報をご紹介~♪

古代都市、ポンペイへ

img_4635-640x427

【女子的アートナビ】番外編

これまで、何度か日本でポンペイ関連の展覧会を見に行きましたが、現地を訪れるのは今回がはじめて。ナポリから出ているちょっとマイナーな私鉄「ヴェスヴィオ周遊鉄道」に乗って、ポンペイに向かいました。

1y3a9207-640x427
こちらはポンペイ・スカーヴィ・ヴィッラ・ディ・ミステリ駅。「ポンペイ」という名前が付く駅はいくつかありますが、遺跡の入り口に近いのはこの駅です。

ポンペイ遺跡に到着!

駅から徒歩数分で、ポンペイ遺跡の入口に到着。さすがに有名な観光地だけあって、入場券を買うため約1時間並びました。

1y3a9197-640x427
遺跡の入り口付近です。

79年に発生したヴェスヴィオ山の噴火により、火山灰に埋もれてしまったポンペイ。当時はとても豊かな町だったようで、パン屋や居酒屋などほか、共同浴場や競技場、劇場も発掘されています。

1y3a9167-640x427
ここはフォロと呼ばれる公共広場。政治・宗教・経済の中心地だった場所で、広場の周囲には神殿や役所の遺跡などが残っています。

オススメは、秘儀荘!

広大なポンペイ遺跡のなかで、一番に訪れたかったのが「秘儀荘」。遺跡のはずれにある豪邸で、「ディオニュソスの秘儀」と呼ばれるフレスコ画が有名です。入口から離れた場所にあるため、目的地までひたすら歩きます。

1y3a9030-640x427
古代都市ポンペイの道路はきちんと整備され、歩道と車道にわかれていました。写真は車道の一部。真ん中に見える細い線は、馬車の轍(わだち)です。
1y3a9076-640x427

こちらが、秘儀荘の目玉、「ディオニュソスの秘儀」。宗教的な儀式を描いたもので、背景の「ポンペイ・レッド」がとても鮮やか。ツアーで行くと、秘儀荘が省略されてしまうこともあるようですが、ここは一見の価値あり。ぜひ見てほしいオススメスポットです。

遺跡と現代アートのコラボ!

秘儀荘を見たあとは、再び歩いて中心部に戻ります。

1y3a9110-640x427
車道に置かれている石は横断歩道です!

途中で豪邸や浴場跡にも立ち寄りました。

1y3a9125-640x427-3
こちらは「ファウヌス(牧神)の家」と呼ばれる貴族の豪邸跡。牧神のブロンズ像や、有名な「アレキサンダー大王の戦い」のモザイクが発掘された場所です。ちなみに、ポンペイにあるのはコピー。本物は、前回の連載でご紹介したナポリの考古学博物館にあります。
1y3a9130-640x427
「フォロの浴場」の内部。装飾がとてもきれい!

入り口近くまで戻ってきました。

1y3a9171-640x427

実は、ポンペイ遺跡のところどころに、巨大な現代アートが展示されています。

1y3a9188-640x427

世界遺産の遺跡と最新アートをコラボさせるなんて、さすがイタリア、アートの国ですね。

イタリアのバラマキみやげ♪

ポンペイではグルメ三昧できなかったので、今回はイタリアのバラマキみやげ情報をお届けします。
今回のおみやげで一番評判がよかったのは、ヌテラのスティック。みんな大好きなヌテラとパフがウエハースに包まれ、スティック状になっています。

img_4832-640x427

これが、とにかくおいしい! それに、軽くて安い(笑)。8本入りで、3,5ユーロ(約402円 ※1ユーロ=約115円で計算)。夏場はチョコレートのおみやげを買うと溶けてしまうのですが、このヌテラは大丈夫でした。大人から子どもまで、みんなに喜ばれました♪

img_4875-640x427
購入場所は、ローマ・テルミニ駅の駅ナカショップです。

また、ナポリの駅ナカにあったキャンディ専門店『ZUCCHERO』のお菓子もオススメです。特に、南イタリアでとれたレモンやオレンジをたっぷり使ったキャンディは、さわやかな甘さでとっても美味。こちらもお安くて、4ユーロ(約460円)で買えます。

img_4862-640x427
キャンディの横にあるクッキーも4ユーロ(約460円)。味は悪くないのですが、柔らかいクッキーのため、スーツケースで持ち運んでいるうちに形が壊れてしまいました。

南イタリアのアートを巡る旅、いかがでしたか? 美術館だけでなく、街ナカや遺跡の中までアートが飾られているイタリアは、まさに美の宝庫。イタリアに旅する機会があったら、ぜひいろいろな場所でアートを見つけて楽しんでみてくださいね!

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:129 Posts

出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!