好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【栃木女子旅♪】都会からすぐのオアシス! 日本一の名水で浄化とエネルギーチャージ #1 【初秋の旅特集】

2016.9.1
東京からたった2時間で行ける栃木日帰りの旅。名水や古民家、大自然たっぷりの旅を満喫できる地元女子おすすめのパーフェクトな女子旅プランをご紹介します♪ 今回は全国第1位の名水スポットに注目! この水のおかげで私の指輪にサプライズが!

東京からたった2時間で行ける栃木日帰りの旅。名水や古民家、大自然たっぷりの旅を満喫できる地元女子おすすめのパーフェクトな女子旅プランをご紹介します♪ 今回は全国第1位の名水スポットに注目! この水のおかげで私の指輪にサプライズが!

わずか2時間で旅行気分を味わえる!

IMG_9515 2

【栃木女子旅】vol. 1

朝8時に浅草発の特急列車SPACIA(スペーシア)に飛び乗り、約2時間。9時50分に温泉でも有名な東武日光駅に到着です。普段でしたらここでお宿に行って温泉、もしくは日光東照宮へというプランでしょうが、今回はまた違った栃木を味わうべく、車で少し足をのばしてみましょう。

東京では味わえない大自然を満喫すべく、東武日光駅でレンタカーを借りました。

日本の名水百選にも選ばれた湧き水の森へ

尚仁沢_820

向かうは、全国名水百選にも選ばれた「尚仁沢(しょうじんざわ)」です。なんと! 全国37都道府県の美味しい水の中で、全国第1位になった名水です。

東武日光駅からは38km、約1時間のドライブ。友人と音楽にゆられながら、美しい緑の田園風景を楽しみながらの旅は格別です。

vsco-photo-2-2

駐車場に車を停めて尚仁沢に向かうと、少し軽めのトレッキング。山道を歩くのでスニーカーや歩きやすい靴でお越し下さいね。

霧がかかった森は神秘的な美しさを醸し出し、「すごくきれい!大自然を歩くのは気持ちがいい!」。景色を味わいながら進みます。

尚仁沢_2586

多少舗装された緑豊かな山道を進むと、そこには橋や名水の下流が見えてきます。水の美しさ、透明度に見とれてしまうほどです。水にグリーンのような少し青みがかかっているのがまた幻想的。

まるで芸術作品のような螺旋を描く木々に圧巻

尚仁沢_9850

歩き続けると、今にも木々が動き出し、妖精も棲んでいそうな森に出くわします。

Processed with VSCO with c1 preset

存在感たっぷりで佇む大きな木の幹や枝は自由に螺旋を描き、「どうやったらこんな風になるんだろう?」と不思議に思うほど。まるで芸術作品のようです。写真ではお伝えきれないのが惜しいくらいです。

vsco-photo-2

女子旅ならこんな大自然と共にみんなで記念に1枚! おすすめです♪

Processed with VSCO with c6 preset

登る途中に壮大な川や木々がお出迎え。尚仁沢は穏やかな流れのスポットから滝のような流れのスポットもあり、様々な表情を楽しめるところが魅力のひとつです。それはまるでジブリの世界で、歩けば「コダマ」が出てきそうでした。

IMG_9031

そして、最後に湧き水の原点に到着です。

IMG_9469

もちろん実際にお水を飲むことも可能。濁りのないお水のおいしいこと! たくさんの人がこの湧き水を持って帰るそうです。お持ち帰りしたい方はペットボトルを持参して下さいね。

天然石が再び光を放つ浄化の力とパワースポット

Processed with VSCO with n1 preset

実は、ネパールで購入したいつも身に着けているパワーストーンの指輪をこのお水につけたら、輝きに変化が!! みんなも「全然違う!」と驚くほど!

IMG_9597

少しくすんでいた石が、キラキラと輝きを取り戻しました。そこで、友達のパワーストーンも川で浄化。この大自然がもつパワーやお水は、浄化とエネルギーチャージにぴったりの場所のようです。

Processed with VSCO with c1 preset

滞在時間は約1時間半から2時間ほど。午前中にたくさん歩いて、大自然に癒された後は昼食に向かいましょう。ガイドブックにも載っていないため観光客もあまり知らない古民家レストランへ移動します。次回をお楽しみに♪

Information

■SPACIA(スペーシア)
浅草ー下今市(乗り換え)下今市ー東武日光
片道¥2800
所用1時間50分

■尚仁沢湧水
栃木県塩谷郡塩谷町上寺島1614
東武日光駅から38Km。車(レンタカー)で約1時間

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:52 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"