好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

【夏バテ防止!】エダマメと豆乳のひんやりスープ、『エダマメの冷製ポタージュ』。

2016.8.7
連載第27回目は、 夏を代表するお野菜 ”エダマメ” を使ったスープです! 豆乳を合わせて優しい味に仕上げます♪ 暑いいまこそぜひ食べたい『エダマメの冷製ポタージュ』、どんな栄養が詰まっているのか、作り方とともにお伝えします!

連載第27回目は、 夏を代表するお野菜 ”エダマメ” を使ったスープです! 豆乳を合わせて優しい味に仕上げます♪ 暑いいまこそぜひ食べたい『エダマメの冷製ポタージュ』、どんな栄養が詰まっているのか、作り方とともにお伝えします!

『エダマメの冷製ポタージュ』

eda01_gobouchacom

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol. 27

旬食材は、エダマメ!

eda02_gobouchacom

5月〜9月が旬のエダマメ。未成熟な大豆を収穫したもので、枝付きのまま使われることが多かったことから「枝豆」と呼ばれるようになったと言われています。日本では古くから穀物用の大豆として栽培されてきました。全て国内で生産され、千葉県が最も生産されています。普通のエダマメ以外にも山形県特産の「だだちゃ豆」や丹波地方特産の「丹波黒大豆枝豆」なども有名ですね。

エダマメは ”豆と野菜両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜” で、非常に栄養価が高い野菜です! タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維、鉄分などなど、女性に嬉しい栄養素ばかり!

特に、大豆同様たんぱく質が豊富で、糖、脂質、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、β-カロテン(ビタミンA)などのビタミン類、カルシウム、マグネシウム、葉酸、鉄分、食物繊維など豊富な栄養素を含んでいます。大豆には含まれていないビタミンAとビタミンCを含み、野菜には少ないビタミンB1、B2の含有量が多いことが特徴的です。非常に多くの栄養があり、まさに大豆と野菜の良いとこどりですね!

注目したい栄養素のひとつ目は、野菜類の中ではトップクラスのビタミンB1!ビタミン B1は糖質をエネルギーに変換する際に必要とされる成分で、不足すると糖質の分解・代謝が停滞し疲労感を引き起こします。B1のほか、脂質の代謝を促進するビタミンB2やたんぱく質の代謝に不可欠なビタミンB6も豊富に含まれているので、糖質・脂質・タンパク質のエネルギー代謝を助けて疲労の回復を促進してくれると考えられます。

まだあります! 代謝を促進するビタミンB群のほか、カリウムが沢山含まれています。夏場に大量の汗をかくことでカリウムが失われて起こる「低カリウム血症」は夏バテを起こす主な原因とも言われているので、栄養価の高いエダマメは夏バテ予防に効果的なお野菜です!

加えて、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンE、サポニンなどの抗酸化作用を持つ成分を含み、美肌・若返りに効果的な成長ホルモンの分泌促進の役割を果たすオルニチンなどが含まれています。肌のハリや潤いを守るので、まさにアンチエイジング効果が期待出来ます!

さらにビタミンCはメラニン色素生成抑制効果がありますから、夏場の紫外線対策・シミ予防としても役立ちます。β-カロテンは体内でビタミンAに変換されることで皮膚や粘膜を正常に保ったり乾燥を予防する働きがあります。老化予防だけではなく、美肌をキープするには欠かせないお野菜ですね!

まだまだ! 女性に嬉しい栄養素で注目されているイソフラボンも含んでいます。これは女性ホルモンに似た働きをすることから注目を集めている比較的馴染みがある成分ですね。更年期障害による症状の改善や閉経後の骨粗しょう症緩和、乳がんなどの女性特有疾患の発症を抑制する働きがあると言われています。

そのほか、妊娠を考えている女性には必須の栄養素、葉酸を含んでいます! 葉酸はDNAの成分である「核酸」が作られるときに働き、細胞の再生を助けます。そのため細胞の再生が活発な粘膜や、お母さんのお腹にいる胎児には欠かすことのできない栄養素です。赤ちゃんの脳や神経を作る過程に関与するので、先天性異常のリスクを下げるためにも必須の栄養素と言われています。手軽に葉酸を摂取できるのが嬉しいですね!

女性に嬉しい栄養素が詰まったエダマメ! まさに豆と野菜の良いところを盛り込んだお野菜です。ぜひ旬のこの時期にたくさん食べて夏バテ知らずに!

材料はこちら!

eda03_gobouchacom

【材料(2人分)】
・エダマメ :250g
・玉ネギ :1/4個
・ジャガイモ :1/2個
・水 :150~200ml
・チキンコンソメ :1/2個
・無調整豆乳 :150ml
・塩 :小さじ1/8~
・コショウ :少々
・オリーブ油 :適量

(仕上げ用)
・エダマメ :適量
・オリーブ油 :適量

下準備を始めます~その1:エダマメを茹でます。

eda04_gobouchacom

●塩少々を加えた熱湯でエダマメを茹でる。
●茹で上がったらざるに上げる。

沸騰した状態で3分程度茹でます。パチパチっと皮がはじけた音が聞こえれば茹で上がりです!

下準備を始めます~その2:茹でたエダマメをさやから出します。

eda05_gobouchacom

●茹でたエダマメは粗熱を取り除き、ひとつひとつさやから出す。

エダマメは仕上げのトッピング用として少し分けておきましょう!

下準備を始めます~その3:野菜を切ります。

eda06_gobouchacom

●ジャガイモは皮をむき薄くスライスする。
●玉ネギはみじん切りにする。

では、作ります! ジャガイモ、玉ネギを炒めます。

eda07_gobouchacom

●鍋にオリーブ油を熱し、ジャガイモ、玉ネギを炒めます。

水を加え、蓋をして煮ます。

eda08_gobouchacom

●玉ネギがしんなりしてきたら水、コンソメを加え、中火で蓋をして野菜が柔らかくなるまで煮ます。

塩で味を調えます。

eda09_gobouchacom

●ジャガイモが柔らかくなったら、塩を加え、濃いめの味付けで味を調え、火を消します。

豆乳、エダマメを加え、ピューレ状にします。

eda10_gobouchacom

●豆乳の半量とエダマメを加え、ブレンダーまたはミキサーでなめらかになるまで撹拌します。

お好みの食感に仕上げましょう!今回は粗めに潰してエダマメの食感を残しました。

塩、コショウで味を調え、冷やします。

●残りの豆乳も加え、塩コショウ味を調え、冷やします。

器に盛り付け、エダマメを添えます。

eda11_gobouchacom

●器に盛り付け、エダマメを中央に添え、その周りにオリーブ油を散らします。

おいしさのアレンジポイント♪

今回は豆乳を使いましたが、牛乳でも美味しく仕上がります。

リッチに仕上げたい場合はオリーブ油をバターに変え、さらに生クリームを加えると濃い味わいに仕上がります!

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

この記事を書いた人

料理家 SHINO
記事数:43 Posts

大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリングなど食に関するあらゆる分野にて活動中。この連載では、旬の食材を使った美人レシピをご紹介します♡