好きなこと、話そ!

雨宮 あゆみ

【フォロワーを増やすには?】プロトラベラー直伝! 魅せる旅写真の極意 #2

2016.7.29
前回は、プロトラベラーとして活躍するmanashikaさんとaiaiさんによるトークショーから、ステキな旅写真撮影の極意や、旅におけるiPhoneの便利な使い方をお伝えしました。今回は単独インタビューで伺ったコメントを中心に、インスタグラマーとしてフォロワーを増やすための極意やインスタ映えするオススメの国をお伝えします♪

前回は、プロトラベラーとして活躍するmanashikaさんとaiaiさんによるトークショーから、ステキな旅写真撮影の極意や、旅におけるiPhoneの便利な使い方をお伝えしました。今回は単独インタビューで伺ったコメントを中心に、インスタグラマーとしてフォロワーを増やすための極意やインスタ映えするオススメの国をお伝えします♪

IMG_7866

イベント後に単独インタビューを受けて下さったmanasikaさん(写真・右)、aiaiさん(左)。世界を旅するプロトラベラーであり、世界のインフルエンサーと言っても過言ではない人気インスタグラマーの顔を持つお二人に、旅とインスタグラムの極意について更に詳しくお聞きしました。

プロトラベラーとは??

IMG_7849

プロトラベラーと言われてもピンとこない人もいるかと思いますので、まずはプロトラベラーについてお二人の考えをご紹介します。

manashikaさん 私が旅をすることで、人に感動やインスピレーションを与えたいと思っているんです! 写真を通してその国や土地のことを知り、旅行したいなと思ってもらう。そのためには私にしかできない写真を撮ることや表現をすることが重要だと思っています。

aiaiさん 旅の達人がたくさんいる中で、いかにオリジナリティをだして非日常的な写真や作品になる写真を撮ってくることが大切ですね。「かわいい」「楽しい」という一瞬、一瞬を大切にするなど自分たちの感覚を大事にしながら撮影をするとそれがフォロワーに伝わるんです。

心にとめている格言

表現者であるお二人の話を聞いていると、揺るぎない熱い思いと信念、そして奇跡を信じる心を感じました。そんなお二人の格言を聞いてみました。

IMG_7852

manashikaさん 私の中では「夢を叶えること」が大切なんです! だから、ブログやインスタなどでよく書いているのは、英語で「Be let by dreams」という言葉です。これは直訳すると「夢に向かって突っ走る」みたいな意味なんですが、私にとっては旅だけじゃなくていろんな奇跡を引き寄せている言葉だと思っています。

IMG_7858

aiaiさん ひとつに絞るのは悩むんですが……「Belive in your magic」です。セドナに行った時にそこで出会ったおばちゃんが何回も言い聞かせてくれた言葉なんです。この「magic」という言葉には魔法のほかに、「魅力」という意味も含まれているので、自分自身の魅力がそういう魔法や奇跡を引き寄せているんだなと思ったら、とても深い!と気づいて大切にしています。だから自分の直感やキュンとする思い、心を大切にしているんです。

カメラは何を使っているの??

表現者のお二人が大切にしているカメラ。もちろんiPhoneもメインカメラとして活躍していますが、その他、どんなカメラを使用しているのか伺ってみました。

IMG_7850

manashikaさん iPhone以外にNikon、Canon、OLYMPUS、Panasonicのミラーレス一眼。そして水中や広範囲の撮影でも便利なGoPro、FUJIFILIMのチェキを持っていって撮りたいものによって使い分けてます。「カメラマンになりたい!」というほどカメラや写真にはこだわっていて、旅に出る時はこれらのカメラ以外に三脚を2台とチェキのプリンターも持って歩くほど。旅中、セッティングをはじめると周りから「業者はいりました〜」って冗談言われるんです(笑) 旅のよさを表現できるよう、すごく高いカメラは持てないんですが……自分でできる限りの準備は怠りませんよ。

aiaiさん iPhoneとNikonの一眼とOLYMPUSのコンパクトデジカメを使って写真を撮っていて、manashikaちゃんみたいにたくさんは持っていないんです! でも広告のような写真を撮ることはあきらめず、その瞬間、瞬間を切り取る努力は惜しまず、納得のいくまで何度もトライします!

IMG_7870

manashikaさんがインスタでアップしていた水中での最強Itemは、GoProを巨大なドームで覆い、広角レンズの範囲内を全て防水にすることで、水中と空中の両方を画面に収めることができる水中撮影用のアクセサリー「domeport」。そして、iPhone用防水ケース「watershot」。

これは欲しい! と思わずにはいられません。お役立ちなものがどんどん出てきます。

インスタグラムでフォロワーをふやすには?

manashikaさんに至ってはフォロワー合計22万人以上。aiaiさんも2万5000人のフォロワーをもつお二人に、フォロワーの増やし方を聞いてみました。

IMG_7853

manashikaさん 写真にこだわるのはもちろんですね。統一感も出したいので写真の加工も揃えています。「自分がどういう人をフォローしたいかな?」と思った時に、「こういう写真を載せている人はフォローしないかな……」ということを念頭に置いて、それこそみんなが見たいと思う写真やどう見えるかということを客観的にみて、なおかつ自分の世界観、オリジナリティーを壊さないようにしてます。

そうすることで自然とフォロワーが増えました。特に加工を揃えるというのは重要で、写真によって変えるものもありますが、ほとんどの写真を同じアプリの同じ加工を使うようにしてます。おすすめの写真加工アプリはVSCOです。あと、リアル感がなくなってしまうので加工はしすぎないようにしていますよ。(このカセドラルロックの写真は加工なしだそうです!)

IMG_7816

aiaiさん 商品と同じで、自分のアカウントのニーズを考えてアップするようにしています。なので、自分がすごく好きな写真でも、これは私のページでは少し違うなと思ったらあげないことも度々ありますよ。いいものを選ぶようにしていて、もしインスタに載せなくてもブログにアップするようにしています! ただ、あまりにも気にしすぎると自分本来の楽しさやHappy感が伝わらなくなるので、気にしない時もあるんですが。(笑) バランスが大切だと思っています。

ずばり ”いいね” が多かった写真とは?

常にインフレンサーとして大活躍のお二人ですが、実際にどんな写真が世界のインスタグラマーに人気があるのか、ずばり聞いてみました。

IMG_7731

manashikaさん 一番 ”いいね” 数が多かった写真はaiちゃんと旅したウユニ塩湖の星空でした。あんまり、色味が暗い写真は二人とも載せないんですが、この時の星空はすんごくキレイに撮れて、湖面に星空が映し出されて、宇宙のような空間の写真になったんです。これはaiちゃんと一緒に「絶対にみんなに見て欲しいね」ということになってアップしたら、たくさんの人に "いいね" をしてもらえました。

しかも嬉しいことに、世界の絶景を上げているトラベラーのアカウント(前回の記事で述べた "地球系アカウント")で何件もリポストされていたんです。いつも自分たちが見ているアカウントなので、とっても、とっても嬉しかったですね!!

IMG_7856

manashikaさん あと人気なのは「これどこ?」という景色が美しいものや、風景に溶け込みながら大爆笑している写真ですね。“美しい風景+自然体” というのがキーワードなんです。

というのも、私たちが心がけているのは「Dive into the scene」といって後景に溶け込むこと。決して自分たちがメインではないと思っているので、美しい風景だったらGoProカメラを使って背景を大きく自分たちを小さく撮影したりとアングルにもこだわります。

かっちりポーズや笑顔をきめるだけの写真だけじゃなく、景色に溶け込んだ自然体の写真を撮り続けたいんです。そういうのをフォロワーは求めているのかなと、”いいね” 数を見て感じますね。

そのために海外で撮影をしてもらう時は、事前にアングルを決めて、そのままの状態で通りがかりの観光客にお願いして撮ってもらいます。時々、ありがたいことに優しさでズームにしてくれることもあるのですが、「この状態で!」と念押しして撮影してもらうほど。(笑) こだわりの1枚は協力者ありきの中で、結構、時間もかけてます。

aiaiさん あとはキャプション(文)も大切ですね。写真に合わせて、自分の思いを伝えると自分の考えや内面を好きと言って共感してくれる人が "いいね" を押してくれたり、あと「元気になれました!」とコメントしてくれたりもするんです。写真と言葉が融合していい化学反応が生まれると、より自分の思いが伝わるので、表現として大切ですよね。

二人がおすすめするインスタ映えする国は?

これから旅に出たいと思っている方におすすめで、インスタ映えする国を聞いてみました。

IMG_7863

manashikaさん ボリビア、特にウユニ塩湖ですね。朝日も、夕日も、夜空も、乾期も何回行っても表情が違う世界を見られるというのは、みんなを魅了しますよね。インスタで写真をアップするとリアクションもたくさんありますし、行きづらい場所だから「行くのが夢」と思っている人も多いので「夢じゃなくて行けるよ」っていう思いも込めておすすめしたい場所ですね。絶景!という言葉がすっと入ってくる場所なんです。

IMG_7859
IMG_7860

aiaiさん モロッコです。北部の都市シャフシャウエンはどこを切り取っても絵になる青の世界ですし、サハラ砂漠の夕日や朝日、そしてらくだで移動する時間はアドベンチャーとラビリンスが入り交じった空間。インスタ映えするのは間違いないです!

IMG_7851

二人のおすすめのスポットは?

IMG_7857

二人とも行ったことがある場所でおすすめは、ギリシャのサントリーニ島とミコノス島。

IMG_7854

ただ、aiさんは1人で、manashikaさんはお母さんと一緒に行ったため、思いのほかたくさん写真を撮れずに不完全燃焼だったそう。こんな楽しそうなインスタ写真を撮るには写真好きな相方や仲間といくべし。なのかもしれません。

これから行きたい国は?

お二人が今、キュンとしている国を聞いてみました。

IMG_7855

manashikaさん モロッコも行きたいんですが、今、一番行きたいのはエジプトです!

aiaiさん アフリカに行きたくてしょうがないんです。Safariの中にコテージがあって、そうゆうところに泊まりたいんです! 今、manashikaちゃんと一緒に行こうと話しているところですね。

これからの夢はなんですか?

お二人とも、信念をもって自分の夢を発信することで引き寄せ、実現させるキラキラ女子ですが、今後の夢も伺ってみました。

IMG_7862

manashikaさん 具体的には今まで言ったことが、ありがたいことに叶っているんです。だから感謝してます。でも、もし挙げるのなら、将来的にいろんな国に自分のお家が欲しいなと思っています。気軽に「ちょっとセドナ行ってくるわ! いく? 一緒に?」みたいな感じで世界各地に住みたいですね。奇跡がいっぱい起こるから夢は楽しいですよね。

aiaiさん テレビなどの旅番組で一回、自分の旅を密着してもらいたいです! その中で自分の思いや旅の良さを伝えたいですね。

IMG_7868

Happyオーラ満載のお二人とお話していると、私もまた旅に出たくなりました。そして既に彼女たちのインスタグラムのフォロワーです♪ 

「自分の旅写真をアップしないのはもったいない!」と彼女たちにアドバイスをもらいました。多くの人は自分の写真や表現力などの資産を見逃しがちなのかもしれないなと客観的にも見れた貴重なお時間でした。皆様も自分では気づかない資産がたくさんあるかもしれませんよ!

manashikaさんとaiaiさんは、旅という自分の好きなことを通して心に残る風景や言葉に出会い、更に自分を信じる力に繋がってきたのでしょう。そんな魅力が表現者としてインスタグラムの写真や言葉から感じられ、多くの人を惹き付けているのだと思いました。

お二人の表現力や感性は「旅」という時間を通してさらにパワーアップして発揮されています。そんなおmanashikaさんとaiaiさん。これからも要チェックですよ!

Information

manashikaさん

職業 プロトラベラー。1986年神奈川県生まれ。
好きなものは「カメラ」「海」そして「アイスクリーム」。

●Instagram
@manashika (7/1現在フォロワー数:61.9K=6万1900人)
https://www.instagram.com/manashika/
@mananails (7/1現在フォロワー数:160K=16万人)
https://www.instagram.com/mananails/
●Decolog(Blog)
http://www.dclog.jp/Manashika/

2016年7月20日(水)にトラベルPHOTO BOOKを発売!

今インスタグラマーの中で最も人気の旅行先であるオーストラリアのバイロンベイを始め、ゴールドコースト、シドニー、ウルルを、manashikaさん本人が巡った旅の行程をそのままに、写真と詳細の日記で紹介している初のトラベルPHOTO BOOK『GENIC TRAVEL vol.01 AUSTRALIA - LOVE & ICECREAM -』が発売中!

aiaiさん

職業 プロトラベラー。1986年大阪府生まれ。
大事にしているものは「笑顔」「直感」「トキメキ」。

●Instagram:
@aiai0311 (7/1現在フォロワー数:25K=2万5000人)
https://www.instagram.com/aiai0311/
●Decolog(Blog)
http://www.dclog.jp/0311aiai/

この記事を書いた人

雨宮 あゆみ
記事数:44 Posts

旅・音・食・オシャレを愛するTraveler。 世界を40カ国、1人でバックパッカーするなど様々な旅スタイルの経験をもとにラグジュアリーな旅やローカルな旅、自分の旅のレポートなど"ヒト・モノ"も交えたWorld wideな情報をお届けします。 "Traveling is Living♪"