好きなこと、話そ!

志村 昌美

北欧男子に学ぶ恋愛! アイスランド発の注目作『好きにならずにいられない』!

2016.6.16
インテリアやデザイン、ライフスタイルなど、女子から大人気の北欧。しかし、北欧とはどこの国をさしているかちゃんと答えられますか? 正確には、5カ国3地域で北欧諸国といわれていますが、国名としてはノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フィンランド・アイスランドを合わせた北ヨーロッパのこと。そのなかでも、オーロラが人気の観光地であるアイスランドから届いた2015年の北欧映画No.1の話題作といえば……。

インテリアやデザイン、ライフスタイルなど、女子から大人気の北欧。しかし、北欧とはどこの国をさしているかちゃんと答えられますか? 正確には、5カ国3地域で北欧諸国といわれていますが、国名としてはノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フィンランド・アイスランドを合わせた北ヨーロッパのこと。そのなかでも、オーロラが人気の観光地であるアイスランドから届いた2015年の北欧映画No.1の話題作といえば……。

40代独身男子の初恋を描いたラブストーリー『好きにならずにいられない』!

【映画、ときどき私】 vol. 38

アイスランドに暮らすフーシは、「童貞・デブ・オタク」の三拍子そろった43歳独身。誰よりも心が優しいのに、大きな体が原因で同僚からはからかわれ、近所の女の子の遊び相手になってあげていれば幼女誘拐と間違えられてしまう始末だった。

パッとしない生活のなかで、唯一の楽しみは、戦車や兵士の小さなフィギュアでジオラマを作って遊ぶこと。そんなフーシを見かねて、一緒に暮らす母親は、誕生日にあるものをプレゼントする。それは……。

出会いの機会を作るため、勝手にダンスレッスンを申し込むことだった!

仕方なく、ダンススクールへと向かうフーシだったが、そこで偶然1人の女性と出会うことに。小柄で明るいシェヴンと話をするうちに、惹かれていくフーシ。しかし、彼女は心に深い傷を抱えていた。そんなシェヴンを守りたい一心で、フーシは知らぬ間に新たな世界へと一歩ずつ進んでいくのだった。43歳、生まれて初めての恋の行方とは……?

恋する気持ちを止められないのは全世界共通!

お世辞にもステキとはいえない外見のフーシだけれど、気がついたときには彼の心のピュアさと不器用さの虜になってしまい、好きにならずにいられないはず。相手を想う気持ちを止められず、ときにはやりすぎてしまうところもあるけれど、人を純粋に好きになる気持ちは、いくつになっても、どこの国でも同じなのかもしれません。

とはいえ、「北欧の恋愛事情ってどんな感じ?」と気になっている人も多いかと思います。

そこで、デンマーク・フィンランド・アイスランドの北欧男子に聞いてきました!

本作の公開を記念して行われたアイスランド大使館でのトークイベントにお邪魔し、北欧男子3人の意見をもとに “北欧の恋愛事情” について調査。熱い視線を注ぐ女性参加者たちから集まった多くの質問をもとに、紐解いていきたいと思います。

北欧恋愛あるある①:男女が仲良くなるのに必要なものは、アルコール!

なんとアイスランド男子によると、「気心知れていない人と食事するのが嫌」ということもあり、基本的にアルコールが入っている状態で仲良くなるという。そのため、バーやクラブで知り合ったり、大勢で飲みに行ったりするのが定番のようです。

というのも、本作のフーシのように、「北欧の人は一般的にシャイで寡黙な人が多い」といわれています。だからこそ、男性も女性もそれを克服するために、アルコールが必要なんだそう。(笑) 北欧男子と仲良くなりたい方は、まずお酒を飲んで打ち解けることから始めるのが有効なようです。

北欧恋愛あるある②:北欧男子は女子に尽くす派が多数!

北欧では、尽くす男子が全体的に多いそうで、女子からすると何ともうらやましいお国柄。フーシも「そこまでするの?」と思わずツッコミたくなるほど好きな人にひたすら尽くす姿が描かれていますが、「好きな人のためにできるだけのことをしてあげたい」という考えが一般的のようです。でも、人を好きになるということは、結局そういうことなのかもしれませんね。

北欧恋愛あるある③:相手の見た目より中身を重視!

北欧男子からの意見は全員一致で、「何年も一緒にいると見た目はどんどん変わっていくものだけど、愛はより深いものであり、永遠のもの。愛とはそういうことに影響されるものではない」や「見た目や顔にも性格が表れるものだから、やっぱり中身が大事だと思う」というもの。

イケメンに弱い私としては、反論する余地もない意見が突き刺さりましたが、外見よりも大きく優しい心を持つフーシに思わず胸がキュンとなったように、「恋愛において本当に大切なこと」が身に染みました。

と、こんなステキな北欧男子に興味を持った人も増えてきたところで、やっぱり最後に聞きたいのはこちら!

どこにいけば北欧男子と出会えるの?

まずは、バーやビアフェスなどの飲む場所に行って、最後まで残っている人がいるとすれば、北欧男子である可能性は高いそう。(笑) あとは、北欧だけにデザイン関係のイベントや国際的な展示会にも多くいるということ。ただし、フーシと同じアイスランド人は日本にわずか73人しかいないので、探すのは難しそうですが、“世界の歌姫” ビョークを生み出した国だけあって、音楽関係のイベントで見かけることもあるという情報も聞かれました。「北欧男子と知り合ってみたい!」という方は参考にしてみてください。

今回学んだことは、まずは自分の気持ちに正直になることから始める!

大人になればなるほど、ただただ誰かを好きになるって簡単なようで、意外と難しいこと。でも、傷つくのを怖がったり、余計なことを考えたりせず、フーシのように自分のなかにある「好き」という気持ちに声を傾けてみることが大事。そして、その恋心こそいくつになっても人を成長させてくれるものなのです。あなたが “好きにならずにいられない人” は誰ですか?

作品情報

『好きにならずにいられない』
6月18日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
配給:マジックアワー
© Rasmus Videbæk

http://www.magichour.co.jp/fusi/

この記事を書いた人

志村 昌美
記事数:80 Posts

映画宣伝マンを経てライターに転向し、海外ニュースや映画紹介、インタビューなどを中心に執筆。この連載では、新作映画を紹介しつつ、自身の体験談と主観満載でお届けします。 また、イタリアとイギリスへの留学経験から、現在は日・英・伊・仏のマルチリンガル目指して猛勉強中! 日々試写で観る新作の感想など、随時つぶやいてます♪ https://twitter.com/masamino_19