好きなこと、話そ!

田代 わこ

【公園デートに♪】楽しいアートがいっぱい!『ポンピドゥー・センター傑作展』

2016.6.16
今回ご紹介するのは『ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―』。フランスの20世紀美術を集めたこの展覧会、ちょっとハードルが高そうな感じですが、行ってみると楽しい作品がずらり。思わず感想を語りたくなってしまうアート展、デートに使ったら彼との会話がはずむかも!

今回ご紹介するのは『ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―』。フランスの20世紀美術を集めたこの展覧会、ちょっとハードルが高そうな感じですが、行ってみると楽しい作品がずらり。思わず感想を語りたくなってしまうアート展、デートに使ったら彼との会話がはずむかも!

どんな展覧会?

ポンピとびかん

【女子的アートナビ】vol.26

上野の東京都美術館ではじまった『ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―』では、フランスが誇る近代美術作品約70点が集結。ポンピドゥー・センターが所蔵する1906年~1977年のコレクションに焦点を当て、「1年1作家1作品」をセレクト。絵画はもちろん、彫刻や写真、デザインなどさまざまなアートを楽しめます。

ポンピドゥー・センターって?

photo (c) Photo Philippe Migeat - Centre Pompidou. Architectes Renzo Piano et Richard Rogers. (640x393)
©Photo Philippe Migeat - Centre Pompidou. Architectes Renzo Piano et Richard Rogers.

“ポンピドゥー・センター”って、美術館の名前にしてはユニークですよね。これは通称で、正式名称はジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センター。美術館や図書館、研究所などで構成されたフランスの総合文化施設です。メインとなっている国立近代美術館は、20世紀はじめから現代までの作品約11万点を所蔵。パリの中心部にあり、工場のように見える斬新な建物も魅力的で、人気の観光スポットになっています。

オススメはコチラ!

イチオシの作品は、ロベール・ドローネーの《エッフェル塔》。とにかくかわいい~♪ 配色も構図も女子好み。パッと見ただけで「好き♡」と思ってしまいました。この画家は、パリのシンボルであるエッフェル塔をモチーフにした作品をたくさん描いたとのこと。下から見上げた構図で、塔全体を描いていないところもおしゃれです。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%b5%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab
ショップには、《エッフェル塔》がデザインされたグッズもいっぱいあります!

また、アンリ・マティスの《大きな赤い室内》もビビッドな赤がとってもステキ。描かれているモチーフのかたちや配置にも注目してみると、いろいろな発見がありそうです。

%e3%83%9d%e3%83%b3%e3%83%94%e3%82%b5%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%9e%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9
マティスの作品は本展の看板にもなっています!

楽しい作品も♪

さらに面白いのは、梱包アート。クリストの《パッケージ》は、立体物を布で包んで紐をかけた作品。このアーティストは、小さなものから大きなものまで何でも梱包してアートにしてしまいます。1980~90年代には、妻ジャンヌ=クロードと共にフランスの橋ポン・ヌフやドイツの国会議事堂をすっぽりと包んだ作品を発表し、大きなニュースになりました。

ほかにも、写真やオブジェなどユニークな作品も多く、直感的に見て楽しめるアートがいっぱい。建築家、田根剛さんが手がけた展示空間もおしゃれで、見終わったあとは、きっと誰かと感想を話したくなるはずです。

上野公園でお散歩♪

ポンピ上野公園

作品鑑賞後は、緑豊かな上野公園を少し散策してみませんか? 今の時期ならアジサイも咲いていて、ちょっとした森林浴もできます。

ポンピパーク

ひと休みしたいときは、公園内にあるスタバやパークサイドカフェのテラス席でお茶するのもいいかも。楽しいアートを見たあとは、きっと会話もはずみます。ぜひデートに使ってみてくださいね。

Information

会期:~ 9月22日(木・祝)※休室日は月曜日(ただし7月18日、9月19日は開室)
時間:9:30 ~ 17:30(金曜日は20:00まで) ※入室は閉室の30分前まで
会場:東京都美術館
料金:一般 1,600円/大学生・専門学校生 1,300円/高校生 800円/65歳以上 1,000円/中学生以下無料

※会場写真は許可を得て内覧会で撮影しております。

http://www.pompi.jp/

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:75 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!