好きなこと、話そ!

田代 わこ

【“女の子” に戻れる☆】『美少女戦士 セーラームーン展』であの頃の自分にタイムスリップ!

2016.5.16
90年代に大ヒットし、今でも愛され続けている人気作品『美少女戦士 セーラームーン』初の総合展が六本木で開かれています。雑誌連載やテレビアニメ、あるいは文具などのグッズでセーラー戦士たちに親しんできた女子も多いはず。あの頃の自分にタイムスリップできるスペシャルな展覧会をご紹介します。

90年代に大ヒットし、今でも愛され続けている人気作品『美少女戦士 セーラームーン』初の総合展が六本木で開かれています。雑誌連載やテレビアニメ、あるいは文具などのグッズでセーラー戦士たちに親しんできた女子も多いはず。あの頃の自分にタイムスリップできるスペシャルな展覧会をご紹介します。

描き下ろし原画も登場!『美少女戦士 セーラームーン展』

セーラーフィギュア

【女子的アートナビ】vol. 20

六本木ヒルズ展望台、東京シティビュー内のスカイギャラリーで開催中の『美少女戦士 セーラームーン』展を取材させていただきました! この展覧会では、美しいカラー原画やアニメ資料、懐かしの人気グッズが集結。原作者・武内直子先生による描き下ろし原画2点も見られる、ファン必見の展覧会です。

大人気! セーラームーン

セーラー展示室入口
原画展示室の入口。下の方に武内先生の直筆イラストとサインが描かれています!

90年代に人気少女マンガ雑誌『なかよし』で連載がスタートし、さらにテレビアニメ化されて大ヒットした『美少女戦士 セーラームーン』。少女だけでなく大人も夢中になり、一大旋風を巻き起こしました。決めゼリフ「月にかわっておしおきよ!」は誰もが知るほど。外国でも人気が高く、日本を代表するアニメのひとつです。

どんな展覧会?

セーラーエントランス

セーラームーンの世界にたっぷりひたれる本展では、大人女子がワクワクする楽しい仕掛けが満載。まずエントランスでは、セーラー戦士たちの全身イラストが勢ぞろいでお出迎え。夢のような空間が広がっています。

セーラー看板

ギャラリーの窓からは、作品舞台にもなっている麻布十番の街や東京タワーまで見えるんです。こんなステキな場所で撮影できるフォトスポットもあり、最初からテンションMAX!

セーラー年表

続いて、名場面のイラストが載ったセーラームーン公式年表や、原作の名シーンを凝縮して映像にしたミニムービー、さらには記念すべき第1話のカラー原稿も紹介されています。

セーラー付録2

また、雑誌『なかよし』の付録をはじめ、当時のゲーム機やフィギュアなど、懐かしいアイテムも展示。20年前の楽しい世界にどっぷりつかれます。

オススメはカラー原画!

セーラー原画1

本展で特にオススメしたいのが、美しいカラー原画の数々。雑誌の扉やコミックの表紙を飾った作品のほか、本展のために描かれた原画2点も展示されています。

セーラー原画描き下ろし
こちらが本展のために描き下ろされた原画です!

私は、2013年に出版されたコミック『美少女戦士 セーラームーン完全版』を持っているのですが、そこに収録されている扉絵は印刷の質もよく、かなりステキなのです。でも、原画の魅力は格別! 手描きの線からは武内先生の息づかいまで伝わってきそうで、近くで見ているとドキドキします。彩色にもさまざまな技法が使われているようで、人物はもちろん背景も細部まで描きこまれ、ホント美しい! 印刷物では味わえないホンモノの輝きに、すっかり心を奪われました☆

セーラーショップ

最後のスペシャルショップも楽しいですよ~♪ 展覧会限定のオリジナルグッズやブランドとのコラボ商品など、いろいろあって目移りしてしまいます。すでに品切れのものもあるので、欲しいものがあったら早めにゲットしておきましょう!(※商品は一例です。全商品ラインアップや販売状況は公式Webサイトをご覧ください)

“女の子” に戻れる☆

セーラーなかよし

子どものころ、『なかよし』や『りぼん』など少女マンガ雑誌にハマり、漫画家になりたいと思っていた私。いくつか短編マンガを自作したこともありました。結局、別の道に進みましたが、絵を描く人にずっと憧れがあったので、大人になった今でもアートが好きなのかもしれません。

昔見ていたマンガやアニメの展覧会に行くと、楽しいだけでなく甘酸っぱい記憶や思い出もよみがえってきます。夢見る女の子だった時代に戻れる展覧会、一度足を運んでみては?

Information

会期:~ 6月19日(日)※会期中無休
時間:10:00 ~ 22:00 ※入館は閉館の30分前まで
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内 スカイギャラリー
料金:一般 1,800円/大学生・高校生 1,200円/4歳~中学生 600円/65歳以上 1,500円

http://www.roppongihills.com/tcv/jp/sailormoon/index.html

この記事を書いた人

田代 わこ
記事数:77 Posts

ライター&エディター。出版社勤務を経て、フリーランスのライター・エディターに。主にエンタメ系コンテンツ記事を執筆。趣味は美術鑑賞と絵を描くこと。ananwebでは「カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク」も連載中です!