好きなこと、話そ!

料理家 SHINO

【疲れ&美肌に効く】野菜の甘みと旨みが口に広がる♪『アスパラガスのキッシュ』

2016.5.2
連載第14回目は、女子ならみんな大好き、キッシュです! 疲労回復効果や美肌効果もある旬の ”アスパラガス” を使ったひと品♪ トマトも合わせて、栄養バランスも見た目もバッチリです♪

連載第14回目は、女子ならみんな大好き、キッシュです! 疲労回復効果や美肌効果もある旬の ”アスパラガス” を使ったひと品♪ トマトも合わせて、栄養バランスも見た目もバッチリです♪

『アスパラガスのキッシュ』

quiche01_gobouchacom

【旬を味わう♡ 美人レシピ♪】vol.14

旬食材は、アスパラガス!

quiche02_gobouchacom

アスパラガスの旬は4月~6月。4月~5月は本州産が多く、6月になると北海道産も出回ります。ちなみに土をかけて日に当たらないように育てたのがホワイトアスパラガス。栄養価はグリーンの方が高く、疲労回復に効果があります!

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸はアミノ酸の一種で、疲労回復・スタミナ増強効果があります。タンパク質の合成や、体内のアンモニア排泄を促進するデトックス効果のほか、カルシウムやカリウムなどのミネラルを細胞に届ける役割も果たします!他にカリウムも豊富に含んでおり、筋肉の働きを調整したり、ナトリウムの吸収を抑制し血圧上昇を防ぐ役割もあります。ちなみにカリウムが不足すると、体がだるく感じるようになり、これが夏バテの一因だといわれています。

疲労回復効果で知られているアスパラガスですが、美肌にも良い、と注目されています。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸が新陳代謝を活発にし、たんぱく質の合成を助けるので、お肌の状態が整い、シミ・そばかすの予防にもつながります。他にもβ―カロテンやビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどが含まれているため、お肌の保湿効果やコラーゲンの生成を促してくれます。

疲労回復効果もあり、美肌効果もたっぷりのアスパラガス!暑くなるこれからの季節に嬉しいお野菜ですね♡

材料はこちら!

quiche03_gobouchacom

【材料(18㎝のタルト型1台分)】
(タルト生地)
・冷凍パイシート :1枚

(アパレイユ)※タルトに流し入れる生地
・卵 :1個
・卵黄 :1個分
・生クリーム : 65cc
・牛乳 : 65cc
・シュレッドチーズ :40g
・塩 :小さじ1/4
・コショウ :適量
・新玉ネギ :1/2個
・グリーンアスパラガス  :4本
・ベーコン :40g
・シメジ :1/3パック
・ミニトマト :6個
・パセリ :適量

・オリーブ油 : 適量

まず、下準備を始めます。~その1:冷凍パイシートをタルト型に敷きます。

quiche04_gobouchacom

●タルト型にパイシートを伸ばして敷き詰める。その際、側面の生地は焼き縮みを防ぐため型より1㎝高くする。
●フォークで生地の底面全体に小さな穴を開け(ピケ)、ラップをして冷蔵庫で休ませる。(30分~)

下準備を始めます。~その2:オーブンを温めます。

●タルト生地を最初に焼き上げるので、オーブンを180度に温めておく。

下準備を始めます。~その3:タルト型を焼きます。

quiche05_gobouchacom

●180度に予熱しておいたオーブンでタルト生地を焼く。その際、タルト生地の上にオーブンペーパーを敷き、さらにその上に重石(おもし)を乗せて10分空焼きをする。
●10分焼いたら重石(おもし)を取り出し、さらに10分焼く。合計20分焼く。
●焼き上がったら、冷ましておく。
●オーブンは再度、180度に予熱しておく。

重石を乗せないで焼くとパイ生地が膨れ上がるので、重石(パイ石や大豆、小豆など・・・)をしましょう!

下準備を始めます。~その4:具材を切ります。

quiche06_gobouchacom

●アスパラガスは根元の固い部分をピーラー等で除き、3cm幅に斜めに切る。
●玉ネギは薄切りに、ベーコンは1cm幅に切り、シメジは石づきを除きほぐす。
●ミニトマトはヘタを除く。
●パセリはみじん切りに。

では作ります! まずは玉ネギなどを炒めます。

quiche07_gobouchacom

●玉ネギ、ベーコン、シメジを一緒に炒めます。
●炒めたらバット等に移し冷まします。

“アパレイユ” を作ります。

quiche08_gobouchacom

●ボウルに、卵、生クリーム、牛乳、塩、コショウを入れ混ぜ合わせます。

“アパレイユ” とは、フランス語で流動性の生地を指す言葉で、卵など数種類の材料を混ぜ合わせたもののことです。コショウはお好みで増減してください。しっかり入れると味がしまって美味しいですよ!

タルト生地にアスパラガス等を敷き詰めます。

quiche09_gobouchacom

●粗熱の取れたパイ生地に、炒めた玉ネギ等の具、半量のシュレッドチーズ、アスパラガスを敷き詰めます。

アパレイユを流します。

quiche10_gobouchacom

●アパレイユが底まで均一に行き渡るようにパイ生地に流し入れます。
●ミニトマトを均等に並べ、残りにチーズを全体に散らします。

180度のオーブンで30分焼きます。

quiche11_gobouchacom

●再度温めておいたオーブンに入れ、180度で30分~40分焼きます。

焼き上がったら中央に竹串等を刺して火が中まで通ってるかチェックしましょう! 竹串に生地がつかなければOKです。

焼き上がったら仕上げにパセリを散らします。

quiche12_gobouchacom

●仕上げにイタリアンパセリを散らし、粗熱が取れたら切り分けます。

おいしさのアレンジポイント♪

お野菜は水分が多いので予め炒めて水気を飛ばした方が、失敗なく仕上がります!
お好みのお野菜等でアレンジして作ってみてください♪

Information

料理教室『ごぼう茶.com』♪
http://goboucha.com/

この記事を書いた人

料理家 SHINO
記事数:42 Posts

大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリングなど食に関するあらゆる分野にて活動中。この連載では、旬の食材を使った美人レシピをご紹介します♡